天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

久しぶりのお出かけ


春分の日の三連休は、久しぶりにお出かけだったのです。
b0299869_21320517.jpg
ず〜っと忙しかった‘お頭’に、ようやく人並み?!の生活が戻ってきました。

朝から曇り空で、写真はイマイチですが、福山にある、禅と庭のミュージアムに行ってきました。
b0299869_21322724.jpg
この場所は、teneteneと‘お頭’が、それぞれ違うアプローチで気になっていた施設で、お互い口に出さずにいたのですが、ある日、同じモノに興味を持っていることが判明し、今回、訪問が実現したのです。

この建物は、建築家藤森氏の作品。
この壁面↑の仕上げは、最近、寝室で毎日見ている吹き抜けの手すりを彷彿させます。
二人でびっくり!なんか、とっても既視感なのです。

ここは、禅寺と、お食事と、温泉と、水墨画と、素敵なお庭がいっぺんに堪能できる広大な施設なのです。
b0299869_21333530.jpg
とても敷地が広く、全てを堪能したら一日かかると思われるのですが、この日は、渋滞に巻き込まれて、到着が午後の2時近くと、かなり遅れて、いろいろ端折ってしまいました。

兎に角、お腹が空いたので、ラストオーダーが2時のお食事どころへ一目散!
b0299869_21334362.jpg
お庭の眺められる素敵な席がちょうど空いていました。


禅寺のお坊さんが食すのと同じ作法でいただくお饂飩のみの取り扱い。
いきなり大きな箸が出てきてびっくり!
b0299869_21341695.jpg
もちろん、色々考えられていて、こうやって↑、箸先がテーブルを汚さないように、箸先をテーブルから出して置くのが作法なんだそう。
その時に、落ちないように、このバランスなんですって。
箸置きを使わないらしく、なるほど〜な、倹約というか、ミニマルぶりなのです。
b0299869_21335847.jpg
‘お頭’は、この角度から見る、異様なパースのつき方↑に感動していました(笑)。
b0299869_21340502.jpg
この重ねられた三つのお椀も、置く順番、入れる料理が決められてます。
b0299869_21342349.jpg
左から、大、中、小。

大には、お饂飩、中にはおかず、小にはお漬物が入ります。
b0299869_21341282.jpg
お饂飩の薬味も綺麗に整然と。

そうそう、teneteneは、お椀を並べる時に、「左から」と、言われていたのにもかかわらず、「右から」大中小と並べて、お店の方に、「左です」と、指摘されました。
昔から、右左逆病を持病として持っていまして(苦笑)この時も、発症してしまいました。
b0299869_21343406.jpg
お饂飩は、とても太くて、コシがありました。

作法としての留意点は「音を立てて食べる」のだそう(笑)。
‘お頭’も、teneteneも豪快に行きました。
b0299869_21350886.jpg
このお椀は、作法としては、最後に沢庵とお茶で、左から右へと綺麗にこそぎ落とし、右の小さいお椀に流し入れ、最後に飲み干すのだそうです。
お腹もいっぱいだし、完璧!と、満足に浸っていたら、お店のお姉さんが「では、ご飯をお持ちしますね」と…。
b0299869_21344404.jpg
そうでした、お饂飩を食べた汁の残ったお椀に、ご飯を入れ、そこにお茶を注ぐのでした!
二人とも、段取りを聞いていたのに、お椀を綺麗にすることに気を取られ、ご飯のことをすっかり忘れていたのでした。
b0299869_21351696.jpg
お店のお姉さんに笑われながらも、仕切り直して、お饂飩のつゆとお茶でご飯を漬けます。

これ、お腹いっぱいでしたが、美味しくて食べられました。
こういう経験って、なかなかできないので、ちょっとワクワクしました。

さて、食事を終えるともう3時!
b0299869_21354034.jpg
各施設、4時までの入場が多くて、一気に飛ばします。
b0299869_21355380.jpg
b0299869_21354999.jpg
水墨画を堪能して…。
b0299869_21360207.jpg
私たちが一番見たかった洸庭。

芸術家「名和氏」の作品。
b0299869_21362746.jpg
中で、インスタレーションが見られます。
これは、ネタバレしないように、内緒なのです。

この形、フィナンシェみたい!って、思っていたら、ミュージアムショップに、エルメのコラボ商品で、本物のフィナンシェが売っていました(苦笑)。
そういうところ、潔いですね。

曇り空ではありましたが、お庭も四季によって楽しめそうだし、また何かの機会に訪ねたいと思える施設なのでした。
b0299869_21363276.jpg
そうそう、せっかくの温泉は、今回時間の関係で入れずじまい。

まっ、桜も咲いていたことだし、良しとしましょう。

行きの渋滞はあったものの、なかなか楽しい休日のお出かけだったのです。





[PR]
# by tene-tene | 2017-03-23 22:28 | 食べる

春間近


3連休です。

‘お頭’は少し仕事が落ち着いて、のびのびと大工作業を再開しています。

teneteneはと言えば、‘お頭’と比例して、頭がオーバーヒートし、何だかとても気疲れ状態。
そんな時は「何かに没頭すれば気が紛れる」と思い、(大好きなブログの影響だと思うけれど)数年ぶりに餃子を作ってみたり(笑)。

でも、いざ作るぞ!って時に、悲しいかなお隣の‘大お頭’から、土付きの九条ネギが大量に届き、ひとまず餃子は置いておいて、ネギを冷凍保存するための作業に取りかからなくてはならなくなりました。

この作業は、作りたくて作る餃子と違って、「やらなければならない」義務系の作業なので、休日感がなぁ…という気分に。

b0299869_21152778.jpg
テンションの低いまま、枯れた皮をむいて、土をとって、根を切って、洗って、拭いて、色々なサイズに切って…。
だいたい1時間半ほど、黙々と。

贅沢な悩みですが、疲れました(苦笑)。

餃子を作る時には、もはや疲れ果てて…、やめようかと思いましたが、どうにか。

数年ぶりの餃子のお味はまぁまぁ。
いわゆる「羽」を作りたかったけれど、今回はそんな余裕がなく、普通に家庭の餃子と相成りました。


さてさて、一方、パワフルな‘お頭’は、あれこれと進んでいます。

まず、先週削っていたアキニレの木を完成させ、手すりに固定しました。
b0299869_21180019.jpg
この独特の歪みが、なんとも‘お頭’らしいのです。
手前に渡そうと思っていた手すりは、気に入らないらしく、少し保留になりました。

ところでこの手すり、どうやって固定するのかな?と、思っていたら…。
b0299869_21173659.jpg
木の水平を出し、切り欠いたところへ金具を入れて…固定して。
b0299869_21172024.jpg
何事もなかったかのように、木の破片を戻して取り付け完了!(笑)。

こういう細かいところほど、楽しそうにやっている‘お頭’は、見ていて飽きることがありません。

さあ!晴れて、teneteneのバーレッスン用の手すりが完成です♪
b0299869_21165092.jpg
(完成と言っても、子供が落ちるから完成ではないのですが…)ひとまず、オリジナルな感じで。

続いては…。
b0299869_21162282.jpg
何やら夜更かしして、パーツを組み立てています。
b0299869_21161166.jpg
なんと!念願の天井扇。
b0299869_21160119.jpg
当分、高所作業がなくなるね!と思っていたら、「換気扇の枠と、小窓の窓枠はやっぱり黄色に塗ろう!」と、いうことで、まだ高所作業は続く模様。
あと少しなので、気を抜かずに、安全に進行することを、もはやteneteneは祈るしかないのです。

さて、そんな我が家。

黄色い部屋の残工事はまだアレコレとありますが、いよいよ、黄色い部屋を脱し、通路と事務所へ進出なのです。
b0299869_21163647.jpg
身長の高い‘お頭’は、これまで、低い鴨居によく頭をぶつけていましたが、低い扉を解体して、天高サイズの扉に一新します。
もう頭を下げて部屋に入ることはないのです!

そんなわけで、扉の上部の壁が、1枚、また1枚と、剥がされているこの頃、昭和な雰囲気ともお別れですね。

ここに来るまで、3年近くかかってしまいましたが、いよいよ次に進むんだなぁ…と、思うと、ちょっと嬉しくなるteneteneなのでした。






[PR]
# by tene-tene | 2017-03-18 22:30 | 家づくり

黒歴史


teneteneが、まだピッチピチだった頃の友人夫妻が、偶然にも「桃の国」に縁あって移住し、今日、数十年ぶりの再会を果たしたのです♪

素敵なギャラリーでの企画展のDMをもらい、飛んで行きました!
b0299869_21120118.jpg
出会った頃は、二人はまだ恋人同士で、なんとなく結婚するような気はしていたけれど、あれから20数年。
久しぶりに会ったら全然変わっていなくてびっくり!

いやっ、父と母になり、いい雰囲気になっていました。

tenetene自身の若い頃といえば、黒歴史的なものばかりで、恥ずかしいことこの上ないのですが、「素」を知られている分、ふわっとした時間が過ごせるんですよね。
邪魔をしないようにさっと帰ろうと思っていた筈が、ついつい長居し、ギャラリーの方にお茶まで出していただいて恐縮なのです。

同県に知っている人、それも親しい人がいるというのは、頻繁に会えなくても、どこか心強いです。

長く続くご縁に感謝〜な、1日でした。


<余談
ギャラリーに向かう途中、20代中頃ほどの男の子が、teneteneの後ろをまとわりつくように歩いていて、追い抜いたかと思えば、180度、全身で後ろを振り向いてteneteneを見て「えっ?!」って顔をし、何事もなかったように、また前をスタスタ歩き出しました(爆〜〜〜)。

以前、キョンキョンも同じように背後から若い男子に声をかけられて顔を見て「え?!」ってされたことがあったと、ネットの記事で読みましたが、その時は、「またまたぁ〜、小泉さんって気づいたからでしょ?ネタでしょ?」って思いつつ、読んでいましたが、結構マジネタかもって、思いました(笑)。

ちょっと、傷つきますね(苦笑)。

でも、後ろ姿はまだ範疇なんだ…?と、だから何?的な、とらえようもないことに、ホッとしている自分もいて、それがより恥ずかしく感じられるのでした。

長く生きていれば、そういうこともあります(苦笑)。


[PR]
# by tene-tene | 2017-03-11 22:08 | できごと

久しぶりの休暇


今年に入って、2回目か…3回目のお休みが取れた‘お頭’。
b0299869_16462599.jpg
さすがにお疲れの様子で、無口に黙々と木を削っています。

無心になれるのがいいらしいです。

この木は、我が家の裏に生えているアキニレの枝で、我が家の方へ伸びてきているものを伐採したものなのです。
b0299869_16522626.jpg
確か、伐採したのはお正月?だったか?
b0299869_16532763.jpg
虫食いの穴に、殺虫剤を流して、しばらく土間で乾燥というか、様子を見ていたのです。
b0299869_16550682.jpg
そのアキニレの枝の皮を?いて、ノミでコツコツと表情をつけているのが本日の‘お頭’の作業なのです。

この枝は、どうするかというと、2階の吹き抜け周りの手すりになります。
b0299869_16580111.jpg
木の有機的な曲がりは、そのまま生かす予定です。

teneteneから、バレエのバーレッスンができるような丸みと太さと高さにして欲しいとリクエストを出しています(笑)。
そうしたら、今回のような、手すりになったというわけです。

ちょっとかじったことがあって、バーレッスンができる部屋が夢なのです。
吹き抜けから落ちないようにしないといけませんね(苦笑)。

そうそう、押入れの扉も、つけてもらったのです。
b0299869_17023423.jpg
なんか、不思議な形ですよね。

実は、ベッドの背もたれ(ソファーにもなるベッド)の高さが、押入れの扉にかかってしまったので、ラッチ式と、蝶番の扉に分けることになったのです↓。
b0299869_17055991.jpg
こんな感じです。

ツギハギ感が出ていますが、ここは想定外だったので、やむなし!ということで…。
正方形の扉部分には、色を入れて、額をかける予定です。

飾る小物が沢山の我が家ですが、依然としてダンボールの中に待機している状態。
まだ何も置いていなくて、さみしくもありますが、(偽)ミニマリスト気分を味わっています(苦笑)。


そうこうしている今も1階の土間からは‘お頭’のノミの音が…。

年末からず〜っと忙しかったですからね。
好きなことを好きなだけやって、少しのんびりしてほしいのです。

それに反し、来週から月末までガンガンに忙しくなるtenetene(泣)。

体調を崩さないように頑張るのです!



[PR]
# by tene-tene | 2017-03-05 17:27 | 家づくり

ポコポコ


今年の冬は寒いなぁ〜。とか思っていたけれど、我が家のミモザは昨年よりも早く開花していました♪
b0299869_21234101.jpg
2本のうちの1本、そのごくごく一部ですが、黄色いポコポコが…。

う〜、嬉しい。

本当は、‘お頭’の誕生日まで咲くのを待って欲しい気持ちもあったけれど、満開で迎えるのも悪くないのです♪
誕生日の花がミモザって、ちょっと羨ましい。


そろそろ春ですね。


ところで、写真を整理していたら、クリスマスのトルコ料理写真が出てきました。
b0299869_21275127.jpg
トルコ料理はヘルシーで好きなんですよね…。
の国にも、あるんだ〜と、予約して訪ねたのでした。
b0299869_21293262.jpg
普段は、土日は営業していないお店のせいか、この日(土曜日)の客は、なんと!我が家夫婦だけ(爆)。

あれっ?予約までしてたのに。
くっ、クリスマスなのに?
b0299869_21311518.jpg
なんとなく、二人だけだったので、こそこそと喋っていたのを覚えていますが、お店って、少しくらい賑やかな方がいいな…と、思ったのでした。

お店に流れていたトルコの音楽はなかなか良い感じで、何て曲かしら?と、帰りに聞こうと思ったら、ノートパソコンが置いてあって、youtubeにつないで垂れ流しているだけでした(笑)。
そうか、もはやCDも有線も、必要のない時代になったのね〜。などと、トルコ人のシェフと、たわいもない話をしてお店を後にしたのでした。


さてさて、‘お頭’の誕生日は、どうしよう?

美味しいものを食べたいけれど、‘お頭’に聞いたら、カレーとかって言いそうで、なかなか聞けないのです(爆)。
もちろん、カレーは美味しい。

でもな…たまには違うものもいいよな…。

ってなわけで、まだ少しあるので、じっくり考えたいと思います。





[PR]
# by tene-tene | 2017-03-03 21:49 | 食べる