天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

腕を上げています


こんにちは。
先日、自販機で紅茶を買ったつもりが、思わずつぶコーンスープを押してしまったteneteneです。
b0299869_16173221.jpg
隣で見ていた‘お頭’が言うには「本当は飲みたいと思っている心理が働いて押した」のだそうなんですが、確かに否定できないような気も。
しかし、やっぱり人工的な風味は苦手で、「う〜ん。」と、口にするたび考え込んでしまいました。
ジャンク系の怖いところです。

さてさて、そろそろ家のリノベ記録でもアップしようかしら?と考えていたのですが、気づけば2回転分の「粉もの手作り記録」が溜まっていて、まずはそちらからメモすることにします。

バゲット作りも回を追うごとに完成度を上げている‘お頭’なのです。
b0299869_16134863.jpg
朝食分を週に1回焼くことは、課題の克服でもあり、楽しみでもあり…。
美味しい朝食を食べることのできるteneteneはとても幸せ。
b0299869_16133843.jpg
新たに粉も追加投入。
リスドォルを2kgとVIRONを1kg。

写真↓は2回分の記録をまとめたものですが、だいぶ腕を上げた様子です。
b0299869_16135722.jpg
極力、練らない生地を今回は試しています。
キッチンエイドはありませんが、イメージはキッチンエイド風(笑)なんだそうな。
b0299869_16142429.jpg
発酵もトロトロふわふわ。
b0299869_16143844.jpg
生地はフルンフルン。
いいなぁ〜、teneteneも触りたいなぁ〜。と思うのですが、触らせてもらえず。
b0299869_16144625.jpg
クープも、専用カッターで綺麗に入るようになりました。
b0299869_16145564.jpg
250度がMAXですが、きつね色に色づくまでに。
b0299869_16150479.jpg
中も綺麗な気泡とのび。
ドライイーストですが、‘お頭’のバゲットはイースト臭くなくて美味しいのです。

ところでteneteneは、毎回パウンドケーキを焼いていましたが、薄力粉がそろそろなくなってきて、お役目御免か新ジャンルか考えていました。
が、「じゃぁ、パンをもう焼かなくていいの?」と‘お頭’に言われてしまい、良くも悪くもとりあえず、薄力粉750gを追加することにしました。
パンが食べられなくなったらそれこそ大変ですから(笑)。

しかし、パウンドケーキも飽きるんじゃないかと心配するわけですが「中身を変えてくれたら大丈夫」とのこと。
言うは易しですが、それって結構ハードルが高いわけなのです。

teneteneルールは極力家にあるもので工夫して作る。

でも、家にあるものにも限界がありますよね。
先日は、お正月スペシャルでF家からの贈答品、ラ・フランスを贅沢にも。
正直、そのまま食べて十分美味しいものをケーキにするのは意に反するところ。
ただ、洋ナシのケーキが大好きなので本当に特別でした。
b0299869_16140859.jpg
b0299869_16141586.jpg
そして今週は、黒糖とシナモン生地で「おいもパン」。
b0299869_16161394.jpg
なかなか好評でした♪

地味ですが、少しずつ評価を上げて、贅沢にもバニラエキストラクトの購入許可もいただきました!
b0299869_16160430.jpg
憧れのバニラエキストラクト!
早く使ってみたいのです。

そんな我が家の?‘お頭’の?新たなお題。
それはズバリ「パスタ」。
b0299869_16151673.jpg
前のブログで、うどんになっちゃいましたからね(;汗)。
再度、リベンジなのです。

ちなみに、パスタも2回転分アップです。

こちらはリベンジ1回目。
b0299869_16131587.jpg
かなり薄めに見えるのですが…。
b0299869_16132734.jpg
実際、食べるにはまだ厚め。
(ブルーチーズとシメジのソースにしました。)

リベンジ2回目。
b0299869_16152582.jpg
今回は広い作業テーブルで思う存分。
b0299869_16153418.jpg
力を入れられるのでコシも出るのではと思います。
b0299869_16154343.jpg
前回よりもさらに薄く。
b0299869_16155628.jpg
粉もつけすぎないように。
b0299869_16162079.jpg
しか〜し、やっぱり厚いんですよね…。
(ソースはミートソースで)
というか、今回は少し麺に水分が足りなかった模様。

これ以上ないくらい薄くしたように見えたのに〜〜〜!

「もう、パスタはいいか…。」と、弱気な発言も。

たかがパスタ、されどパスタ。
簡単そうに見えるけど、そうでもないんですね。

弱気な発言はあったものの、‘お頭’は本気で言っているわけではないので、金曜の夜にパンを仕込み、土曜のお昼にパンを焼き、土曜の夜にパスタを打つ生活はまだまだ続きそうです。

teneteneは合間でパウンドケーキを焼き、パスタのソースを毎回何にするか…。
これもまた楽しいような、大変なような?
コツコツ腕を上げるのも努力ですが、アレンジをどうするかもまたこれはこれで大変。

ひとつひとつを楽しみつつ、考えるのも手づくりならではですね(苦笑)。





[PR]
# by tene-tene | 2019-01-14 17:06 | 食べる

年またぎ粉捏ねまつり


お正月休みも、もう8日を経過中。
そんなに経った感じがしないのに、楽しい時間が過ぎるのは早いのです。
残すところ2日、いや、まだ2日もあると考えましょう。

今年のお正月休みはひたすら卓上では粉をこねまくり、リノベ部屋ではモルタル粉をこねていました。
リノベ部屋は‘お頭’だけで、teneteneは温い部屋で椅子の張地替えのため、型紙を取っていました。
(リノベ系のお話しは、後日改めることにしましょう。)

年末は焼き菓子の集大成なるか!という勢いで盛り上がっていました。
さてさて、そんな年末〜年始の粉捏ねまつりの様子をアップします。
b0299869_14134898.jpg
一年の締めくくりですから、この日‘お頭’が作るバゲットのお粉は高級な粉「VIRON」。
本人は「(良い粉を使うには)まだ、早いよなぁ〜」って言っているけど、パン作りは安定してきたし、粉でどれだけ違うのか気になるし、年に一度ぐらい!って事で、奮発しました。
b0299869_14142004.jpg
惜しげも無く、使い切ります。
今回も8本分です。
失敗したらおおごとなのです。
b0299869_14140928.jpg
一方、teneteneは横で、いつものパウンドケーキ。
シュトレンのオレンジピールが余っていたので、シンプルに。
少しスパイスを効かせてみました。味のバランスもよく、ある意味締めくくりにふさわしい集大成。

でも作りながら、‘お頭’の様子を見て、なんとなく物足りなさを感じたりして…。
シュトレンの生地を作りながら、感じることもあったし、バゲットの発酵に入ったキッチンは誰もいないし、少し何か作ろうかな?なんて。

ついつい手を出しちゃったんですよね。
作ったことのないイングリッシュマフィン。
b0299869_14143273.jpg
でも、何か変。
「おへそパン」の時のように、生地が硬いのです。

‘お頭’の作る生地はこんなに↓しっとりもっちりなのに。
b0299869_14152216.jpg
teneteneのはぶつかったら痛そう。
う〜ん、怖いなぁ…と言ってもレシピ通りだし、信じるしかないのです。

サークル型がないので、アルミホイルで適当だしなぁ、年の締めくくりにしてはちょっと粗いかな。
b0299869_14144419.jpg
粉の分量は9個分。
本当に9個になるのかはやってみなくちゃわからない。

年の瀬に、失敗で締めくくるのかなぁって感じ。
シュトレンでいい気になり過ぎたかもと反省。

そこへ‘お頭’がやって来て、ボウルの底を見て「発酵してるよ」と言ってくれたので、思い切って成形することにしました。
b0299869_14145468.jpg
確かに、裏返すとふわふわ。
b0299869_14150425.jpg
ここで9等分の仕方がわからないので取り急ぎ8等分。
この適当さは反省その1。
b0299869_14151377.jpg
そして反省その2.
丸めながら、三角形を丸くするのって、とてもよろしくない事に気づくのです。
三角形の先端からみるみる乾燥し始めて、成形しずらくなるというか…バターが練り込んであるわけではないので、乾燥が早い早い。
ネットで検索するときに丸く型を抜く理由がよ〜くわかりました。
とにかく、乾かさないように、手早く丸めるのみ!
b0299869_14153252.jpg
8個分でもとても小さいぞ!
コーングリッツをつけて、発酵させれば膨らむのかな?と、反省3.かなり行き当たりバッタリ。
b0299869_14154436.jpg
結局↑膨らまなかった(;汗)。

しかも、天板を上に乗せて焼かなければいけないのに該当するものがなく、ひっくり返す方式しか残されておらず。
ひっくり返し作戦も、もはや各種動画のようにならず、出来上がったのがこちら↓。
b0299869_15050286.jpg
「クロケット?」
いやっ、クロケットに失礼よね。

‘お頭’は、表情こそ抑えてはいるけれど、かなりウケている様子。
「お焼きだな」って、凹む〜〜〜。
(えっ!お焼きに失礼?)
b0299869_14160424.jpg
上手くできたら朝食にと思っていましたが、どうも無理っぽいので、熱いうちに味見をしてみる事にしました。
‘お頭’のバゲット(リスドォル)を保険にしています。
b0299869_14161503.jpg
正直、思ったほど酷くはありませんでしたが、ややパサパサといったところ。
b0299869_14190448.jpg
でも後日、一度凍らせて焼き直してみたら、意外としっとりして、少しホッとしました。

マフィンを焼いた翌日、いよいよVIRONの粉で作るバゲットの成形。
b0299869_14170231.jpg
前日「お焼き」と言われたteneteneは、若干悪意をもって観察(笑)とは言っても美味しいものが食べたいけどね。
b0299869_14162596.jpg
お~っ、かなりトロッと、いい感じ。
と、思ったら‘お頭’が言うのには、発酵が足りないらしい。
b0299869_14163537.jpg
どうやら、いつもと生地の様子が違うみたいです。

そうは言っても、慣れてきてテキパキやっていますけどね。
b0299869_14164449.jpg
ベンチタイム。
b0299869_14165314.jpg
成形、2次発酵。
b0299869_14171249.jpg
お手製の段ボール板に乗せたバゲットをオーブンへ。

‘お頭’は最初から最後まで発酵がうまく行かなかったと表情が冴えず。
b0299869_14174816.jpg
綺麗な焼き上がりになっても、心配な様子で、いつもなら焼きたてを食べたいと言うteneteneに対し、とっととカットして冷凍庫へ入れるのに、この日は逆で「食べてみる?」とやや弱気。
VIRONのパンは元旦の朝に食べると決めていたので、味見はせず冷凍庫へ。

で、年明けて味見したらこれがしっとりしていてとても良い出来だったのです。
気泡はいつもより細かくて見た目は「失敗」したかに見えるのですが、全くもって、失敗の「し」の字もない正に集大成だったとい訳なのです。
(パチパチ!)
これが、粉のおかげで美味しかったのか、どうなのかまではわかりませんが、イースト臭くなく、麦の香りが高かい無言になるパンだったのです。

このハラハラドキドキが素人ならではで楽しいのです。

さて間髪入れず、‘お頭’の新年最初の粉捏ね。
b0299869_15514785.jpg
なんと!それはパスタだったのです(爆)。
b0299869_14182545.jpg
パスタマシンは我が家にはあるわけなく(笑)、ほっそ〜い麺棒でひたすら薄く。
さすが‘お頭’だなぁと眺めていたのですが、いざカットしたら…。
b0299869_14183402.jpg
うどん級に厚かった〜。
パスタマシンってやはり凄いんだなぁと、思い知りました。
b0299869_14184517.jpg
でも、麺が太い以外はモチモチと美味しかったのです。
2019年の捏ね始め、これはこれで楽しくっていいかなって感じです。

パスタも次がありそうです。
いや、あるといいなぁ。

年末年始と粉だらけの我が家。
お家づくりが最近ご無沙汰なので、今年はどちらも良いバランスで続けられたら良いなと思います。

はぁ〜それにしても食べた〜。








[PR]
# by tene-tene | 2019-01-04 16:14 | 食べる

2019年初詣


あけましておめでとうございます。
b0299869_20552833.jpg
今年も元旦はいつもの神社へ初詣に行きました。
嬉しいことに晴天!お隣の兵庫県まで見えちゃいます。
やはり瀬戸内海には青空が似合います。
b0299869_21294537.jpg
天気がいいから?新年だから?笑い声とかはしゃぎ声とか、穏やかです。
b0299869_20554338.jpg
毎年初詣は午後になる事が多い我が家ですが、今年は午前中に!
‘お頭’に午前中は混むんじゃない?と心配されましたが、階段コース↑はさほど混んではいませんでした。

よかった。

それにしてもなんていい天気。
b0299869_20555576.jpg
昨年は天災やら、世界的にも不穏な空気が漂って滅入ることも多かったので、新年早々、お天気がいいだけで幸先よく感じられ救われた気持ちになります。
今年が穏やかな年になる事を願わずにいられない。
b0299869_20560548.jpg
お参りをして、甘酒とお蜜柑をいただいて…。
これも毎年のことだけど、このなんとなくお正月に漂う平和な空気が好きです。

実は、大晦日の日に、お向かいのお爺さんの訃報が届いて、3月まで地区の役員をしているteneteneはバタバタでした。
でも、そんなことより何よりも、お爺さんの存在が大きくて、あの姿がもう見られないんだと思うとすごく残念。
94とご高齢でしたが、自立して生き、自然と向き合って暮らしている大柄なお爺さんの佇まいはかっこよかった。
樹齢300年とかの大樹から感じる無言の力強さに似て、そこに居るだけで何かをもらえていたように感じます。
あんな風にはなかなかなれないだろうな。

でも、あんな風に歳を重ねられたらいいな。
b0299869_20550556.jpg
それにしても、暖かいです。

昨日の今日が、こんな日でよかった。

----
そうそう、鏡開き(には早いけど)ならぬシュトレン開き(には遅いけど)をしました♪
b0299869_20543215.jpg
滅多に、自分の作ったものが美味しいとは言いませんが、苦労した甲斐あって、美味しかった〜。
b0299869_20544342.jpg
お正月休みの朝の楽しみ。

もちろん、‘お頭’のパンも♪
b0299869_20545405.jpg
この年末に仕込んだパンのお話は次回のブログにまとめる予定です。
こちらもとても美味しかったのです。

今年も健康で、色々なものを作って、楽しめたらいいなって思います。
お家づくりも進むかな?

そんな我が家ですが、今年もよろしくお願いします。




[PR]
# by tene-tene | 2019-01-01 21:48 | 出かける

マイペースな冬休み


今年の冬休み(正月休み)は何と10連休!
1ヶ月の1/3もお休みなんて久しぶりなのです。
おそらく、休日後半になると気分も重くなってくるだろうから、前半に好きなことをがっつりのんびりやっておこうということで…。

心の余裕のある休日二日目に「今頃?」なシュトレン作りなのです(笑)。
お正月に食べる的な?
b0299869_20232708.jpg
本当は、クリスマスまで逆算して作るべきところですが、心に余裕がなくて…。
それと我が家には「赤サフ」と呼ばれるイースト菌しかなく、甘いパンに使える「金サフ」を買うのを躊躇していたのです。
買っても、作る目処が立たないのに、買うとタスクになるのが怖かったのです。
でも、心に余裕ができた途端「やっぱり買う!」と、初日はお買いもの♪
つくづく気分屋です。

ところで、ここ数年シュトレンがブームなんですね。
知らなかった〜。

teneteneにとっては30年越しの作ってみたいお菓子、そして一生作ることのない夢見るだけのお菓子だったのです。
しかし突如降って湧いた我が家のお菓子ブームでチャレンジしようというのだから、わからないものです。
しかも、流行っているとは。

30年も経つと「シュトレーン」が「シュトレン」になるのは時代なのでしょうか?
最近は呼び名がどんどん発音に近くなるので、「発音で年齢がバレる件」とでもいうのでしょうか?
「ボジョレーヌーボー」が「ボージョレヌーボー」「ボジョレ」とか、「フォッカッチャ」が「フォカッチャ」とか「チャバタ」「チャパタ」が、「チャバッタ」とか…。
う〜ん、混乱。

まっ、呼び名問題はとりあえず置いておき、作りましょう。
初っ端からできる気がしないんですけどね。
b0299869_20231058.jpg
レシピは色々リサーチしていいとこ取りをしました。
ネットのお陰なのです。
動画で細かいところも見ればわかるし、こんな時代だから焼き菓子も作れるというものです。

でも正直、この水ぽい生地↑を捏ねるときは泣きました。
間違っているのでは?と気が遠くなるほど捏ねまくり、ようやくひと塊りになった時は、ロッキーのテーマが脳裏に流れました。
b0299869_20223488.jpg
本当にまとまって↑良かった〜〜〜(;泣)。
同時に、毎回パンを焼く‘お頭’って、すごいと思いましたよ。
b0299869_20225272.jpg
前日に漬けておいたラムレーズンと、ナッツを入れて…。
b0299869_20222198.jpg
アーモンドパウダーを入れるともうパンパン!
b0299869_20220562.jpg
どうにかひとまとめにして、発酵。
b0299869_20215237.jpg
そして成形!
グルテンがきちんと出来ていたので、何だか作りやすい。

そうそう、この↑段ボールは‘お頭’がパンをオーブンに入れる時に使っているものを拝借したのですが、使ってみて感動!とても滑りが良く、するっとオーブンに入れられてとてもラク♪優れものだったのです。
‘お頭’のお陰で大助かり!
(*この日‘お頭’は2階のリノベ工事でキッチンには居ません)

さて焼成。
b0299869_20214256.jpg
予定よりも1分早く取り出しました。
何だかそれっぽい!
b0299869_20212209.jpg
ラムレーズンで使ったラム酒の付け汁?を塗って、バターを塗って、お砂糖は控えめに和三盆とシナモンでさらっと!白くはしませんでした。
お正月に食べるしね。

何となくですが、オーブンから漂う匂いで上手に出来た!と手応えを感じています。
お正月が楽しみなのです。

しかし…。

夕飯時、余ったクルミをサラダのトッピングにしようと、手に取った時、痛恨のミスに気づきました。
なんと!塩味が…(爆)。
無添加だと思っていたら、塩味が若干ついていました〜〜〜。
‘お頭’はそんなに塩分を感じないから大丈夫じゃない?って言っていますが、お正月まで気が気じゃない。

まっ、それはそれでいい思い出かな?


----番外篇

前回のブログに出てきた「銀杏」ですが、おこわを作ることにしました。
b0299869_20241680.jpg
b0299869_20235233.jpg
岩手でお世話になったF家よりいただいた新米のもち米。
これがもちもちで美味しいのです。

今回はターメリックを入れて、薬膳的に身体に良いおこわに仕立てました。
b0299869_20233910.jpg
プリップリというか、プッチプチというか、上手に炊けました〜。
色もターメリックの黄色に銀杏の微かなグリーンで綺麗なのです。

お隣の‘大お頭’にも今度報告しようと思います!


さっ、明日はいよいよ大晦日。
予定では大掃除をすることになっているのですが、どうなることやら〜。









[PR]
# by tene-tene | 2018-12-30 21:35 | 食べる

品種が多くて覚えきれない!

b0299869_14250306.jpg
クリスマスの3連休後半は‘お頭’は仕事部屋リノベ工事なのです。
(写真は先月のもの)

3連休やったー!と思ったものの、地区の清掃だったり(←‘お頭’出席)地区の集金にグルグルまわったり(←tenetene担当)なかなかまとまった時間が取れず、やりたかった事があまりできていないのが実情。
空いている時間に出来ることを進めるような3連休という感じ。

とまぁ愚痴っても仕方がない、この土地ではみんないつかは通る道、地区の役員もあと3ヶ月、もう少しの辛抱なのです。

そんな沈んだ気分を忘れさせてくれるのが↓この方。
金曜日の夜にバゲットの生地を仕込むのがすっかり定着してきた‘お頭’なのです。

例のごとく、2回転分を仕込みました。

が…。
b0299869_14264619.jpg
朝になっても発酵が進まず、イメージ通りに膨らんだのはなんと陽も傾き出した夕方↑。
テーブルを移動して、オーブンを移動して。
b0299869_14263622.jpg
この日は、16時になろう頃にパンの成形に入りました。
そうそう、何故オーブンを移動するのかと言うと、いつもの場所だと熱逃口に棚が微妙に掛かっていて、木製棚が熱を持つので危険だからです。
毎回移動するのも大変なのですが、今のところ良い方法が浮かばず。
しばらくはこのままです。
b0299869_14262601.jpg
さて、なかなか膨らまないかったときはモチベーションが下がりまくりだった‘お頭’ですが、2倍ほどに膨らみ出すと、みるみるやる気がみなぎってきて、毎朝‘お頭’のパンが食べたいteneteneもひと安心(笑)。
b0299869_14260682.jpg
エアコンの風で乾燥するので、濡らしたタオルをかぶせて2次発酵。
今回はひとつひとつが丁寧です。
ちなみに、子守唄付きです(爆)。
ヒール役のteneteneは、マイナーコードで子守唄に被せてあえて不協和音にしてハモります。
転調も不協和音です(苦笑)。
でも、本心は美味しくなってくれるように祈っていますけどね。

さぁ、順調。
1回転目は成形も終わり、焼成を待つのみ。
b0299869_14255740.jpg
毎回焼く本数が増えていて、今回は4本を2回転!
1回あたり4本がトレーの限界かな。
b0299869_14254886.jpg
「じゃ〜ん!」パンが焼ける頃にはすっかり辺りは暗くなっていました。

どうでしょう?

今回はクープも残ったし、キツネ色に焼けているし、いい感じですよ♪
これは試食も盛り上がります。
b0299869_14253819.jpg
丸テーブルにまだ熱いオーブンが乗っているので、久しぶりにカウンターで試食です。
おかずはキッチンがパンの成形作業で使用中ということもあり、簡単にできるタジンしか無いのですが(言い訳)、チーズとパンがあればいいじゃない?ってことで、いただきます!
b0299869_14252489.jpg
気泡もいい感じだし、お味も、歯ごたえもこれまでの中では一番の出来。
すごーい!元気が出る〜。
日が暮れるまで待った甲斐があったというものです。

そういえば、今年もあと3日会社へ行けば冬休みに突入♪
冬休みはのんびり過ごせそうなので、teneteneはいつもと違ったものを作ろうかな?
そんなteneteneは金曜の夜に、またもパウンドケーキを。
b0299869_14272042.jpg
今回の中身はこちら!
b0299869_14272916.jpg
お隣の‘大お頭’差し入れセレクションより、金時人参です。
金時人参なので、大きな塊もあえて残してみました。
b0299869_14271249.jpg
レシピは相変わらず適当です。
前回の抹茶とお芋のケーキよりも小麦粉を減らし、油分を増やしました。
かなりしっとりです。
b0299869_14265632.jpg
すが入って見えるけど気にしない!
これを6日に渡って食べます(笑)ヘルシー志向?です。

そうでした、前のブログで金時芋と書きましたが、お芋の正式品種名は、新種のシルクスイートという舌触り滑らかなものだそうです。
確かに、思い当たるところがあります。
最近はどんどん交配が進んで、品種も増えて名前が覚えられません。
脳トレのつもりで興味を持って覚えるだけですね。

さて、毎回‘大お頭’差し入れセレクションから勝手にお題をいただくteneteneですが、次回はちと難しい。
何故なら「じゃ〜〜〜ん」
b0299869_14251594.jpg
銀杏が届いたからです。

銀杏、美味しいですよね。

でも、ケーキ?パン?
う〜ん、かなりハードルが高いです。

少し、考えることにします。

あっ!そうこう言っているうちに15時、お茶の時間です。
金時人参のケーキを‘お頭’が狙っているので、休憩にしたいと思います。


皆さん、素敵なクリスマスを!




[PR]
# by tene-tene | 2018-12-24 15:15 | 食べる
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite