天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

五十肩と神経痛


土日は雨風ともに荒れる予報なので、金曜日は帰宅後に無理してミモザ2本のうち剪定が終わっていない残り1本を一気に落としました。
b0299869_20161631.jpg
さっぱり〜。

今年は剪定本の助けもあって、かなりバッサリいきました。
b0299869_20165139.jpg
家用の切り花ミモザはもういいかなって思っていたのですが、ちょっと変わり種のコを見つけて、窓に↓立てています。
b0299869_20164052.jpg
ふふっ、なんか可愛い。
このコたちはこのままドライにしようかと思っています。

ミモザの剪定をしていると、毎度のこと近所の知っているおじちゃんから、知らないおじちゃんまでが声をかけてきます。
この辺のおじちゃんは、ホント、人がいいいというか、のんびりしているというか、世のしがらみから解放されたような?独特のおおらかさが特徴的で、teneteneには心地よいのです。

そうそう、おじちゃんと会話をしていると、ツバメたちが人の気配を感じて近くに寄ってくるので、我が家のまだ空き状態であるツバメの巣に入居するのではないかと嬉しくて、気が気じゃない。

嬉しいことに、その後、我が家の中古物件にツバメ新婚夫婦が入居を決めたようで、早々に巣の下に糞用のバケツをセットしました(‘お頭’が;笑)。

そんな‘お頭’は仕事で大忙し。
1日1時間の息抜きも最近はあるのかないのか…。
b0299869_20170922.jpg
↑廃材をまとめたり、にわかに進行中な様子ではあるのですが、なかなか一気にはいかないようです。
「家づくりレポ」はもう少し時間がかかりそうかな。

ところで、タイトルにもありますが、まさかまさかの‘お頭’五十肩デビュー(お医者様公認)なのです(笑)。
しかも右です。
もうかれこれ1ヶ月になります。

五十肩って、イメージでは「腕が上がらない」とか、「ちょっと痛い」程度かと思っていたのですが、‘お頭’の場合はとにかく痛くて、寝てるときも痛みを感じるくらいらしいです。
ネットで調べると、拘縮によって可動域が狭まるとか書いてあるし、家のリノベ作業が実は負担になっているのではないかと考え込んでしまいます。

ちなみに、日曜大工は何事もなくできているかに見える‘お頭’。
なぜ、痛いはずの右肩も使って作業ができるのか不思議なのですが、‘お頭’によると、痛くならない木材の持ち方など、五十肩との付き合い方をマスターしたのだそう。
本当に大丈夫なのか心配ではあるのですが、無理しないようにお願いしたいのです。

一方、「腰痛」には無縁だったteneteneですが、車生活の悪影響や、会社の椅子が体に合わないこともあり、坐骨神経痛らしきもので足全体が痛むようになってしまいました(;汗)。
冷えによる神経痛とは違って坐骨神経痛はこれまで経験したことのない痛みの感覚。

‘お頭’の五十肩をケタケタと笑っていた報いなのでしょうか(爆)。
腰からくる痛みって、辛いんですね。

ネットで探した病院へ行ったら「学会出席で木〜土休診」との貼り紙が!

え〜〜〜っ。

どうりで、何度電話をしても出ないはず。車で1時間もかけて行ったのに、なんだかなぁ〜。
田舎暮らしだとこういう時大変だなって思います。

田舎で生きていくには、健康は必須条件なんだとつくづく感じました。
とりあえず、病院へは再チャレンジして早めに治療したいと思います!

当分は、動いた方が痛みが薄れる気がするので、あれこれ動き回ろうかな?






[PR]
# by tene-tene | 2018-04-14 22:05 | できごと

春の味


あれ?4月も1/3過ぎての初ブログなのです。
b0299869_21354257.jpg
そういえば、里山のヤマザクラも散ってしまいました。
今はツツジが満開。
b0299869_21355667.jpg
今年はヒノキの花粉が多いようで、数年ぶりにマスクをしています。
teneteneはスギ花粉は卒業し(?!ホントかな)、3月は割と平気なのですが、ヒノキが飛び始めるあたりから、皮膚が痒くなったり、鼻がムズムズしたり…。
皮膚のブツブツは紫外線が落ち着くお盆ごろまで続くので憂鬱になってしまうのですが、いつかそれも卒業できる日がくると信じています(苦笑)。

さて、春は産直に行くのがウキウキな季節。
b0299869_21360681.jpg
田舎暮らしの楽しみのひとつは、なんといっても新鮮なお野菜!が、安価で手に入ること。
自分で育てられれば一番良いのでしょうが、サラリーマン主婦にはなかなか難しいのです。

先日は、ズッキーニの花を見つけました♪
残念ながら、美味しいチーズを見つけることが出来なかったため、国産モッツァレラ+鶏肉でそれらしくしてみました。
イタリアで食べた「それ」とはちょっと違ったけれど、1年で花を食べられるのはそうないことなので、これはこれでよしとしました(笑)。

そして菜の花!
b0299869_21363410.jpg
今年もいっぱい食べました。

茹でて、塩胡椒にオリーブオイルが一番シンプルで好きですが、そろそろ今年も菜の花は最後なので、鯛と蒸し焼きに。
b0299869_21364962.jpg
菜の花は、「その日に収穫されたものをその日のうちに」が鉄則。
b0299869_21370417.jpg
お塩が控えめな分、菜の花のほろ苦さと甘さが絶妙なのでした。
美味しかった〜♪来年までお預けです。

そして、会社で大量にいただいた甘夏。
b0299869_21361878.jpg
見た目は不細工ですが、中身はジュージー。
甘いみかん好きが多い西日本で、酸っぱい甘夏は人気が無い模様(teneteneは酸っぱいみかんが大好き)。
この甘夏も、「酸っぱいからあげる〜」と、沢山いただいてしまいました。

同僚に「どうやって食べるん?」と、聞かれて「そのまま」と答えそうになったけれど、せっかくだからひと手間くわえて見ることに。
b0299869_21373860.jpg
タイ料理「ソムオーのソムタム」をヒントに「甘夏のソムタムもどき」を。

パパイヤが無いから、大根とセロリで代用し、スウィートチリも無いので、それもナンプラーと家にあるものでそれらしくアレンジ。
酸味は入れずとも甘夏が効いていて、さいわい、冷蔵庫にパクチーがあってラッキーだったのと、中華用の干し海老があったので、かなり現地に近い味に(嬉)。

贅沢を言えば、ピーナッツがなくて、向日葵の種になっていたので、山盛りの砕いたピーナッツがあればいうことなし。
これはなかなかイケます。
もう一回くらい作っちゃおうかな(笑)。

それにしても、作るのは手間がかかるのに、食べるのは瞬殺。
まぁ、それはそれで嬉しいのです。

春は、次から次へと多彩な野菜が産直に並ぶので、夕飯のメニューに悩むことがまずありません。
初夏にかけて、まだまだ楽しめそうです。

<おまけ>
我が家では最近、大谷くんブームなのです。
b0299869_21374825.jpg
大好きな故郷、岩手県の出身というのもありますが、プレッシャーに強いメンタルは惚れ惚れするのです。
そんなわけで、‘お頭’とteneteneはyoutubeで色々チェックしまくっています(笑)。

↑‘お頭’の描画。
投球時の胸の出かたがすごいんだよ〜と、解説してくれた時のものです。

家の中でも「オ〜タニサン!」とか、オータニコールで盛り上がっています。
誰かに見られたらかなりヤバイ夫婦ですが、これも「春」ということで…。

?笑?




[PR]
# by tene-tene | 2018-04-10 22:25 | 食べる

ふわ〜


気づけば3月も今日で終わり。
早いなぁ〜と、卓上カレンダーに目をやったら、カレンダーは未だ2月のままでした(;汗)。
これ、teneteneあるあるの「忙しい時あるあるVer.」なのですが、思い返すと今年の冬は「忙しい+寒すぎ」だったから辛かった〜。
心も身体も叫びたいくらい「辛かった〜〜〜!」のです。
ともあれ無事に納品が終わったわけなので、今はホッとしているのですが、同時に季節は「春」…というか「初夏」?! 。
このギャップに緊張が緩みっぱなしというか、調子が狂っています。

桜も朝3分咲きだったのに、帰りには7分咲き。
そんなに急がなくてもと思うのですが、梅も桃も桜も同時に咲くなんて、まるで北国の春なのです。

さて、3月の出来事を忘れないうちにメモメモ。

--
2階のリノベで天井を落とした時に出た廃材が、1階の土間に運ばれていました。
綺麗にまとめられて‘お頭’の性格がよく出ているなぁ〜と思います。
b0299869_21313159.jpg
使える材料は再利用しますが、天井を吊っていた材などは釘を抜いて、市の焼却施設へ持ち込みます。
昔の家を壊しながら思うのは、舞台のセットと、昭和初期の内装って、そんなに大きく変わらないなぁ…ということ。
意外とハリボテだったんですね。
それに比べて、最近の住宅は進化しました。

ちなみに、今週の‘お頭’は1日1時間の息抜きは無く、土日もお仕事。
終わったら好きなだけリノベをやってもらいましょう。

--
そうそう、まだ寒かった3月の中旬ごろ、家の配管を取り替えました。
b0299869_21322305.jpg
この家の配管は塩ビ管でも、かなり安い、フニャフニャな素材を使っていて「そろそろマズイ」状態だったのです。
でも、配管工事なんてこれまでやったことがなく、見て見ぬ振りをしてきたのですが、ジジババになって交換するのはもっと大変!
ということで、まだ身体が動くうちに思い切って交換することにしました。
b0299869_21320256.jpg
石積みの花崗岩を取り除き、石や土を取り除き、古い塩ビ管を新しい塩ビ管に差し替えます。
説明は簡単ですが、一つ間違えば土台が崩れて大工事だし、接続がまずければ土台に水が漏るわけで慎重に。
b0299869_21301370.jpg
二人で上と下に別れてどうにか交換完了!

モルタルを練ったついでに、1月に作業した石塀の目地↓も入れました。
b0299869_21303011.jpg
外構工事はこれでほぼ完了!

そういえば、何故か外構工事は真冬に鼻水を流しながらやっている印象の我が家、なんでなんでしょうね(笑)。
まぁ、これもいい思い出なのです。

--
さて、今週。
b0299869_21324569.jpg
いよいよ、ミモザも終わりかけなので、剪定作業なのです。

剪定本を購入したので、今年は迷わず切る枝を選べます。
やはりきちんとした知識というのは必要だと思います。

毎年のことですが、作業をしていると通りがかりの人が声をかけてくれます。
皆さんミモザ(ギンヨウアカシア)が珍しいようで、大抵の人は名前を聞いてくるのですが、野生のフサアカシアという種類がこの辺りには結構あるので、興味があるかないかの違いなんだろうけど、いずれにせよ「きれいね〜」とか「可愛いねぇ〜」といった和ませる言葉をいただけ、喜んでもらえることが一番だと思うのでした。

一気に暖かくなり調子が狂いますが、ほっとする気温に、1月から緊張しっぱなしだった気持ちも少しずつほぐれてきているのを感じます。
寒いのも、仕事(納品)もやっと終わった〜〜!

さっ、春を堪能しよう!!




[PR]
# by tene-tene | 2018-03-31 22:44 | 家づくり

笑顔にしてくれるひと


土曜日は仕事という‘お頭’を家に残し、teneteneはC嬢とデート。
b0299869_20370010.jpg
C嬢に会うのは今年に入って初!
暖かくなってきたし、気持ちの良さそうなカフェへ。
b0299869_20363825.jpg
こどもはポニーに乗れます。いいなぁ〜。
b0299869_20361732.jpg
我が家の周辺には家族連れて楽しめるところが少ないから、週末は大盛況♪
こどものはしゃぐ声は健康的で良いのです。
b0299869_20360065.jpg

b0299869_20354662.jpg
離れには、古民家や乗馬クラブもあります。

木々のあるゆったりした空間というのは気持ちが解放されて落ち着きます。
こちらのカフェは居心地が良いので、ついつい笑い話で長居してしまいました。

teneteneの好きな人は「ふわっ」として寛大なところが共通点かもしれません。
今日も沢山「ふわっと感」に甘えさせていただきました。
ランチも美味しかったな♪

さて、喋りすぎて若干疲れつつ家に帰ると、お隣の‘大お頭’が我が家の前にあるビニールハウスから出てきて立ち話に。
牛乳4本とオリーブオイル1本を腕にぶら下げているteneteneにとっては、右腕の耐久レースではあったのですが(笑)‘大お頭’に会うのが久しぶりで話したいことがいっぱい!
ついつい此処でも長ばなし。

すると、家の中からドリルの工事音が聞こえてきて、あれっ?我が家の‘お頭’は仕事じゃなかったのかしら?と思い「今日仕事って言ってたのになっ」と笑いながら呟くと、‘大お頭’も笑いながら「えぇんじゃ、これも仕事じゃ」と、日に焼けた顔に、真っ白な歯を出して柔らかい笑顔。
う〜ん、やっぱり「ふわっ」として寛大。
こういう柔らかさって、teneteneには絶対欠かせない、ほっとさせてくれる要素だなぁってつくづく思うのでした。
(右腕はしんどかったけどね)

ところで、家の中では「忙しい忙しい」と‘お頭’が大工仕事(笑)。
突っ込まれないようにイソイソと、せわしなく動き回っていました(苦笑)。

まっ、いいのです。
‘大お頭’も「これも仕事じゃっ」って言ってるしね。
b0299869_20345078.jpg
‘お頭’はロフトの下地を作っていた模様。
この話は後日まとめてアップするとして、ゴロンと横になると、なかなか居心地がいいらしいですよ。
b0299869_20343090.jpg
これは‘お頭’の趣味である日曜大工ではあるけれど、teneteneの楽しみでもあり、ふたりの夢でもあるのです。

今日は、気温も心もポカポカな1日。
我が家のミモザも長雨に耐えて、満開だし言うことなし!
b0299869_20352620.jpg
家の中もミモザ祭りなのです。
b0299869_20351171.jpg
フレッシュなミモザの香りが部屋に広がって、爽やか〜。

最近、よく眠れない日が続いたのですが、今日はよく眠れそうな気がします。
癒されてばかりですが、そういう日があってもいいですよね〜♪




[PR]
# by tene-tene | 2018-03-24 21:31 | 出かける

ミモザの開花とリノベの進捗


例年よりも1週間ほど遅れてミモザが開花しました♪
b0299869_21474319.jpg
今年は寒かったから、‘お頭’の誕生日には間に合いませんでした。

ミモザは咲き始めの爽やかな黄色が好きです。
ピークは春分の日(水曜日)になりそうなのですが、生憎、月・火・水と雨の予報。
せっかく咲いてくれたのに、昨年同様、雨で痛みが早くなりそうな予感なのです。
b0299869_21464081.jpg
一方、お部屋の中でぬくぬくと成長している芍薬。
ひょろひょろながら、双葉が出てきました。

真冬にいただいて植え替えたのでヒヤヒヤでしたが、ひとまず安心!
春のお日様の威力はすごい!

ところである日、帰宅すると、1台の掃除機が届いていました。
b0299869_21480984.jpg
ハンディー掃除機。

実はこれ、ず〜っと前から欲しかったのです♪
軽くて持ち運びやすく静か。コードが無いから気軽にお掃除できる。
工具メーカーのmakitaっていうのもくすぐられるのです。

イカツイのはあまり好きじゃ無いのでこれはど真ん中。
と、喜んでいますが、お部屋の掃除用というよりも、購入目的は、現在のリノベ作業での使用(涙)。

でも、何でハンディー掃除機がいるかというと、その前に、リノベの進捗からご紹介しましょう。
b0299869_21512244.jpg
こちらが今回リノベするお部屋で、まずは天井を落とす作業から始めます。
はじめて(他の部屋で)天井を落とした時、大量の砂埃というか、土埃というかがドサ〜っと降ってきてびっくり!
部屋中が灰色になったのを今でも覚えています。
そんな経験を踏まえて、埃が入って欲しくないスペースにはキッチリと養生を。
(さすが‘お頭’ぴっちり隙がありません)
b0299869_21510755.jpg
こちらは材料を出し入れするので、扉式にして開閉可能に。
使用した建具は、何と、これまでの解体で出た建具で、捨てずにとっておいたドア達なのです。

まさか、またこんな形で使用することになるとは‘お頭’も予想していなかった模様
※‘お頭’によると、最初から予定していたのだそう。
b0299869_21505186.jpg
ドアの上の部分もきちんと塞いで、こんな感じ。
気密性があります。

これらの作業は‘お頭’が1日1時間と決めて、仕事の息抜きに少しづつ進めており、毎日家に帰ると、teneteneは猫の見廻りのように、この部屋を覗いては「今日はここが変わった!」と見つける楽しみにもなっています。

で上の状態からの翌日、まさかまさかのいきなり天井がない状態に。
b0299869_21503497.jpg
「えっ?本当に1時間?」と思いましたが、この日はちょっと仕事が乗らなくてやや脱線気味だった模様(爆)。
b0299869_21502050.jpg
しかし、これだけ一気に天井を落としたのに、全く埃っぽくないのがすごい!
(あっ、まだ掃除機の出番ではありません)
b0299869_21495879.jpg
翌日は↑つり天井用の梁を1本抜いた模様。
違いはなかなか分からないかもしれませんが、屋根側がスッキリ見えます。
b0299869_21493231.jpg
解体した材料は極力綺麗に、釘を抜いて保管します。
b0299869_21491341.jpg
配線関係もスッキリ撤去して、空間がポッカリ。

ここで、‘お頭’が「屋根裏のスペースがもったいないんだよね〜」と。

うわっ!キタ。と、teneteneは予想通りの展開にゾワゾワしていました。
何となくそうなるんじゃないかと思っていたのですが、空いた屋根裏の空間にロフトを作りたいのだそう。

正直、我が家は二人暮らしで、これ以上部屋は必要ないような気もするのです。
でも、あったらあったで自分たち専用に使ってしまい、客人用の空間がこんなに広いのにも関わらず無かったりもします。
考えようによっては、このロフトは、来客用に持ってこい!

どう使うかは、出来てみないとわかりませんが、とりあえず作って見ることにしました。
そんな訳で、例の掃除機は、このロフトの工事をする前に、梁などの埃を吸うためのモノだったのです。

ところで、上ってどうなっているんでしょうね?
b0299869_21472193.jpg
そう思って、上がってみました。
b0299869_21465954.jpg
写真だとあまり広く見えませんが、6畳ほどの広さを確保する予定。
なかなか広くて良い感じかも。

既に黄色い部屋でロフトは体験済みだから、空間に高低差があるのは楽しくていいのかもしれません。
ただ、家計簿を付けるteneteneとしては、空間が広くなればなるほど、真夏や真冬の冷暖房費が気になりますけどね(苦笑)。
(そこは‘お頭’に秘策があるらしいので、楽しみすることにしましょう)

あれこれ心配して気持ちが盛り下がるよりも、こういうことは楽しまなきゃ♪

と、いうことで、早くもロフトの床下地。
b0299869_21462186.jpg
勿論、廃材を再利用します。

これを梁に乗せます↓。
b0299869_21460813.jpg
何だか、やけに仕事が早くてびっくり!
b0299869_21455650.jpg
毎日忙しくても、こうやって息抜きできることがあるっていいですね。

ただ、安全第一!これは本当に忘れてはいけません。
楽しみにしつつ、高所作業にドキドキしつつ、最後まで気を引き締めて行きましょう。




[PR]
# by tene-tene | 2018-03-17 22:59 | 家づくり
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite