天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

寒冷紗パテしごき


写真を整理していて、PB壁からいきなり塗装壁に記録が飛んでいる事にびっくり!!
その間の膨大な作業写真が1枚もないのです〜。
こういう時に限って残しておきたいくらい、いい仕事したりして…。
b0299869_1251819.jpg
しかも、床の本貼パテ作業まで進んでいる?!
(写真はさらに天井の配線ダクト取り付け作業中のものです)

‘お頭’撮影分にも、この間の記録は全く残っておらず(汗)お互い、記憶もほとんど曖昧なのです。
憶えているのは「身体が悲鳴を上げていた」という事くらい。

考えて見れば無理もない、目標としていた日を目前にしても、まだ部屋の塗装すら済んでいなかったのだから…。そりゃ、写真撮影どころではないのです。

お風呂にとりあえず入れて、トイレもあって、寝床(2F)をとりあえずこさえれば、台所はなくとも土間に新設のガーデンシンクがあるのだからどうにか生活できるだろう…と、ウィークリーマンションより荷物を運び入れ、新居での生活を見切り発車するほど、また、キッチン器具の取り付け(ガス・水道工事)を一週間先延ばしにしてもらわないといけないほど、時間に追い立てられていました。
我々が、だいぶ前からそうなるだろうと、予感していたように、工務店の‘匠’もまた、心得ていたようで(笑)柔軟に対応して下さいました。
‘匠’は約束の期日を守ってくれたのに、こちらが間に合わなくて、申し訳ない…。

もう何週間休んでいないのかなぁ?などと、思うものなら罰があたる。
何故なら、この時点で毎日が休日なのですから(爆)

やるしかないのです!

そんなわけで‘お頭’→2階の仮寝室の床貼、シンク天板の加工/取り付け、ダイニングキッチンの床材の加工、電気工事。tenetene→PBに寒冷紗パテ2種しごき、シーラー〜EP塗装2度塗りと、なったのです。

それぞれの記憶が薄いように、この頃の‘お頭’の作業の細かい記憶がありません。
しいて言えば、‘お頭’がしゃがんだり、立ったりする度に、膝が“ミシミシ”鳴るのがつらそうでした。
teneteneもまた、初めの勢いもどこへやら、長い脚立作業で、腕が“ミシミシ”膝も‘お頭’ほどではなかったものの“ミシミシ”鳴って、二人でロボコップのようになっていました。
(サンダーは重かった…背筋が鍛えられました)
b0299869_12363055.jpg
この照明が点った時、ホッとしたものです。
写真が撮れる余裕が出来たんですから…。

ちょうどその頃のめずらしい風景写真。
b0299869_12415861.jpg
久しぶりに眺めた夕陽でした。

この景色は記憶があります。
湿度はあるけれど、すこし風が涼しい日でした。
会話はなかったように思いますが、二人ともホッとしていたように思います。

※ここで、終わりじゃないのですが…とりあえずホッと…。

まだまだ続きます。
[PR]
by tene-tene | 2013-10-03 13:07 | 家づくり
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite