天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

何年越し?


「ただいま〜」と、キッチンに入ると…。
b0299869_21193824.jpg
ふふっ、、、、

念願のビルトインコンロが♪
b0299869_21202158.jpg
やっとこさ設置されましたっ。

うっ、、、、うれしい。

購入したのが増税前だから、えっ?もう何年箱に入っていたのだろう。

昨夜はいよいよ取り付け前夜ということで、箱から出してウッキウキ!
b0299869_21222462.jpg
ピカピカです。

余りにもテンションが高くて、お弁当の前日仕込み分の卵焼きを作るとき、思わず卵が生卵の入ったカップに落ちてしまったのですが、いつもは悲鳴ものですが、笑える笑える(苦笑)。
b0299869_21252736.jpg
teneteneが嬉しいと‘お頭’も嬉しいようで、異様なテンションなのでした。

これまでキッチンカウンターの上にガステーブルを乗せて使用していたので調理するのが大変だったのです。

何故早く交換しなかったのかというと、色々ありますが、リフォームをした時に、たまたま我が家を担当したガス屋の職人が「テキトーな人」だった為、もうこの人には頼みたくない!というのがありました。

元請けの工務店さんはとても良い方だったし、水道工事の職人さんは最高にいい仕事をしてくれたし人柄も温和で真面目で良かった。
システムバスを組み上げたメーカーさんもかなりきっちりしていて、しびれるほどプロフェッショナルな仕事人。
でも何故かガス屋さんだけが「ヤバいくらいテキトー」だったのです。

たとえば、お風呂のリモコンを設置する時に、信じられない事に家の外に配線し、いきなり壁に穴を開ける。とか、その配線のつなぎ目が、雨ざらしの屋外にあり、カバーもされていなかった。しかもつなぎ目はキャップではなくて今どきビニールテープだったとか、ペンキで白く塗り立ての室内を屋外で土のついた手で触る。などなど。

思い出しただけでがっかりする数々のテキトーさ。

なかでも‘お頭’を一番憤慨させたのはガスの配線。
b0299869_21415680.jpg
壁から出してくれと依頼したのに、「普通は床の配線ですよ」と言って床から出してしまうという…。
我が家のキッチンカウンターの下はオープン。ゆえに床の配線は見苦しいことこの上ない。

今回、管を長くして上まであげてもらい、配管が目立たないように工夫してもらいましたが、これまでは元栓が床にあったのです!

壁を剥がしていたので、壁に埋込む事は大したことではなかったのにまったく!!(苦笑)

建築士さんの‘匠’に頼んで別の会社を紹介して貰おうとしたのですが、色々つながりがあるので難しいらしく、お世話になった‘匠’に悪くて他ルートで探すのを躊躇していたのです。
ガンとして‘お頭’は「あの職人だけは駄目だ」というし、そうこうしているうちに数年経過してしまったのです。

でもね、当時は最新版のコンロも、もはや型落ちするほど時間が経っているし、悲しいよね…。

そんなわけで、別のガス会社の職人さんにお願いし、配線しなおしてもらいました。
(これで少し安全面でもほっとできます)
もはや壁の内側に配管を通すことは出来ませんが、以前よりはしっかりしていると思います。

これでよかったのです。

ところで、コンロは付きましたが、キッチンカウンターの幕板はまだ付いていません(笑)。
b0299869_21571928.jpg
綺麗な木目パネルが見つかるまでは、しばらくこのままになりそうです。

ちょっと斬新かな…。

何はともあれ、数年越しのコンロ問題も一件落着なのでした。
[PR]
by tene-tene | 2016-02-26 22:05 | 家づくり
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite