天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

床の下地


‘お頭’が繁忙期に入り、完成してからアップしようかと考えていた現在進行中のフローリング作業を、小出しにアップすることにしました。
b0299869_20515866.jpg
先週、土曜日に買い忘れたヤスリを、日曜日の午前中に買いにゆき、がっつり枚数分サンダーがけを済ませたtenetene。
teneteneができる作業はここまでで、あとの作業は‘お頭’でないとできません。

そこに、‘お頭’がやってきて、丸ノコを手に。

本当は仕事の予定だったのですが、息抜きのようです(嬉)。

で、取り出した変な板切れ。
b0299869_20521070.jpg
これは何かと言うと、床板を丸ノコで割く時に使用する添え木というか、スケールになります。
b0299869_20514685.jpg
丸鋸が直線に歪まずかけられる‘お頭’特製のスグレモノ。

これがあればチュインチュイン!あっという間にカットできてしまうのです。
b0299869_20513598.jpg
あっ!‘お頭’の中指がはしたないっ!と、思った方。
b0299869_20512130.jpg
丸鋸のストッパーに指をかけていたのです。
b0299869_20510935.jpg
スグレモノを発明したことで、作業は的確にスイスイ!
反っている板は仕方ありませんが、あっという間にカットが終了。
b0299869_20505671.jpg
ランチ休憩後、そのままの勢いで仮床を剥がします。
剥がした仮床は、レベルを調整した後、下地として再度使用します。
b0299869_20504660.jpg
2階の床は、バリヤフリー、フルフラットにする予定なので、もともと畳の部屋だったところと、フローリングの床、カーペットの床でそれぞれバラバラだった床レベルを統一する調整作業が必要になります。
昔の家だし、高さを合わせるのは結構大変です。そういえば、1階も高さを合わせるのが大変でした〜。

現在工事中の部屋は、パンチカーペット敷きの部屋だったので、微妙に床が高めで、いつも使う根太だと高さが合いません。

そんなわけで、ちょうど良い高さにするためにベニヤを割いて、根太がわりすることにしました↑(写真)。
b0299869_20503568.jpg
パンチカーペットを固定していた粘度の高い両面テープはもう剥がれないのでそのまま。
(既に劣化してベタベタもありませんしね)

そこへ根太がわりの材を配置して今回は終了♪

あっという間の出来事だったのです。

休日返上でお仕事をしている‘お頭’ですが、こうやってちょこっとずつでも息抜きできるのは良いことだと思います。
teneteneにとっても、ありがたいことなのです。

※そうそう。teneteneの大好きなゼオライトは今回は厚みが足りないので仕込むことができないのです。
 まっ、こういう部屋もあります。



[PR]
by tene-tene | 2017-06-16 21:30 | 家づくり
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite