天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

2回目の孵化


我が家のツバメの巣では、5月に生まれたヒナが飛ぶ練習を始めて間も無く、別のツバメが留守中の巣を乗っ取り、卵を抱き始めるというハプニングがあり、完全に巣立つところを見届けられないまま、乗っ取った新しい家族を見守ることになってしまいました。

これまでのツバメ一家は、お父さんもお母さんも仲が良く、夜は巣を夫婦で蓋をするようにして寝ていたり、人との距離も近く、猫などが近づいて来たら、勢い警戒し知らせてくれるので、‘お頭’は何度も追い払いに駆り出され、なんだかんだコミュニケーションをとり、仲間意識も芽生えたりしていました。

ところが、ツバメにも個性があって、今度のツバメは人間に対する警戒心が強く、あまり懐かなかったこともあり、1代目に比べ、愛情も生まれることなく、間借り人と化していきました。

そんな2代目ツバメ一家ですが、先週、巣の下に殻↓が落ちておりまして。
b0299869_15450854.jpg
こうなると、ちょっとウキウキにもなるもので、いつ顔を出してくれるのかと、毎朝、毎夕チェックするのが楽しくなって来たりして…。

しかし、なかなかその姿を確認することはできず、本当に生まれたのか心配になっていたところ…。

なんと!
b0299869_15451994.jpg
1週間経った今朝、ようやく、小さい小さい、ヒナを見ることができたのです(苦笑)。

これまでに見たことのないヨボヨボ感で、毛もなく、なんとも頼りないのですが、あと2週間程度は成長の過程を楽しむことができそうです。

今度はちゃんと巣立つまで見届けたいところなのです。


ところで、抱卵といえば…。
(クモが嫌いな方はこれ以上は見ないでね!)
b0299869_21175926.jpg
先日、初めてアシダカグモが卵を抱いているところを見かけました。
b0299869_21175081.jpg
なんと、この卵を抱いて移動するというユニークさ。

一度見て見たかっただけに、感動だったのです。

この中から、数匹は我が家にやってくるんでしょうね。
最強ですからね、歓迎しちゃいます。



そうそう、話しはいきなり変わって、進行中のteneteneのPCルームですが、
b0299869_21180983.jpg
白い扉がつき、ただいま取っ手を製作中です。

‘お頭’が猛烈に忙しく、サマータイムで朝5時から仕事をしている状態で、家づくりはスローペースです。
それでも息抜き程度に進行できていることは健康的かと思っています。

ライフワークですから(笑)。

それにしても、ここ2週間は湿度が強烈!

あの「夏」が、いよいよやって来た!って感じですね。

皆さんも、熱中症などには気をつけてお過ごしくださいね♪







[PR]
by tene-tene | 2017-07-08 16:50 | 生きもの
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite