天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

災難


写真は青空ですが、実は現在、台風の暴風域の最中に書いています。
b0299869_20323174.jpg
最近、我が家の裏の桐の木に、鷺のペアがやって来るようになりました。
カイカイするときのシンクロ具合とかがぴったりで、見ていて微笑ましいのです。

ところで先日、思わぬアクシデントに見舞われました。
今後、気をつけるという意味でメモします。

それは、お風呂での出来事。

我が家では液状のポンプ式ボディーソープを使用しているのですが、その日、いつも通りにポンプを押したら、右目の目尻寄りに灼けるような痛みが走ったのです。
どうやら、ポンプの出口付近に詰まっていた固形分が圧力で四方に飛び散ったようなのですが、その一部、岩塩程度のものが白眼に貼りついたようでして…(涙)。

はじめは、「あっ、入った。」程度が、みるみる灼ける痛みに変わって、カチカチ山のタヌキさんって、こんなだったのかしら?と、大慌てで涙を流しながらシャワーで洗い流すのですが、いっこうに治らずパニクりました。
それにしても、固形成分が水分に触れて、目の中に溶け出る痛みは、シャンプーの比ではなく、さらに、水道水のゴロゴロ感に耐えるのも限度があってもう大変!
さらに、まつ毛まで抜けて、目の中に入る始末で擦った揉んだ。
よく見て取ろうと鏡に映すのですが、老眼デビューしたばかりで、近くが見えないときた!(爆;)
お風呂上がりにアイボンをしても浮いてこないし…。

なす術もなく、その晩は、石鹸成分だけ洗い流し、まつ毛は寝ている間に自然と目から取れることを期待して床に着いたのです。

幸い、朝にはまつ毛のチクチク感がなくなっていたのですが、夜中に右目の灼熱感を感じて目が覚めた時は、まつ毛のチクチクもまだあって、細かい傷が出来てしまったかな〜と、不安でしばらく眠れませんでした。

眼科へ行こう!と、思いつつ、仕事が忙しくて結局行かぬまま1週間が過ぎ、いつしか白眼の赤みも取れていました。


そんなわけで、今は全く問題はありませんが、稀に見る痛さだったので、ボディーソープのノズル詰まりは、早めに対処することにしました。
こんなに長く生きてて、初めてなので、そうそうあることではないと思いますが、液体のソープをお使いの方は、是非ともお気をつけください。







[PR]
by tene-tene | 2017-10-22 21:19 | できごと
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite