天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

ミモザの開花とリノベの進捗


例年よりも1週間ほど遅れてミモザが開花しました♪
b0299869_21474319.jpg
今年は寒かったから、‘お頭’の誕生日には間に合いませんでした。

ミモザは咲き始めの爽やかな黄色が好きです。
ピークは春分の日(水曜日)になりそうなのですが、生憎、月・火・水と雨の予報。
せっかく咲いてくれたのに、昨年同様、雨で痛みが早くなりそうな予感なのです。
b0299869_21464081.jpg
一方、お部屋の中でぬくぬくと成長している芍薬。
ひょろひょろながら、双葉が出てきました。

真冬にいただいて植え替えたのでヒヤヒヤでしたが、ひとまず安心!
春のお日様の威力はすごい!

ところである日、帰宅すると、1台の掃除機が届いていました。
b0299869_21480984.jpg
ハンディー掃除機。

実はこれ、ず〜っと前から欲しかったのです♪
軽くて持ち運びやすく静か。コードが無いから気軽にお掃除できる。
工具メーカーのmakitaっていうのもくすぐられるのです。

イカツイのはあまり好きじゃ無いのでこれはど真ん中。
と、喜んでいますが、お部屋の掃除用というよりも、購入目的は、現在のリノベ作業での使用(涙)。

でも、何でハンディー掃除機がいるかというと、その前に、リノベの進捗からご紹介しましょう。
b0299869_21512244.jpg
こちらが今回リノベするお部屋で、まずは天井を落とす作業から始めます。
はじめて(他の部屋で)天井を落とした時、大量の砂埃というか、土埃というかがドサ〜っと降ってきてびっくり!
部屋中が灰色になったのを今でも覚えています。
そんな経験を踏まえて、埃が入って欲しくないスペースにはキッチリと養生を。
(さすが‘お頭’ぴっちり隙がありません)
b0299869_21510755.jpg
こちらは材料を出し入れするので、扉式にして開閉可能に。
使用した建具は、何と、これまでの解体で出た建具で、捨てずにとっておいたドア達なのです。

まさか、またこんな形で使用することになるとは‘お頭’も予想していなかった模様
※‘お頭’によると、最初から予定していたのだそう。
b0299869_21505186.jpg
ドアの上の部分もきちんと塞いで、こんな感じ。
気密性があります。

これらの作業は‘お頭’が1日1時間と決めて、仕事の息抜きに少しづつ進めており、毎日家に帰ると、teneteneは猫の見廻りのように、この部屋を覗いては「今日はここが変わった!」と見つける楽しみにもなっています。

で上の状態からの翌日、まさかまさかのいきなり天井がない状態に。
b0299869_21503497.jpg
「えっ?本当に1時間?」と思いましたが、この日はちょっと仕事が乗らなくてやや脱線気味だった模様(爆)。
b0299869_21502050.jpg
しかし、これだけ一気に天井を落としたのに、全く埃っぽくないのがすごい!
(あっ、まだ掃除機の出番ではありません)
b0299869_21495879.jpg
翌日は↑つり天井用の梁を1本抜いた模様。
違いはなかなか分からないかもしれませんが、屋根側がスッキリ見えます。
b0299869_21493231.jpg
解体した材料は極力綺麗に、釘を抜いて保管します。
b0299869_21491341.jpg
配線関係もスッキリ撤去して、空間がポッカリ。

ここで、‘お頭’が「屋根裏のスペースがもったいないんだよね〜」と。

うわっ!キタ。と、teneteneは予想通りの展開にゾワゾワしていました。
何となくそうなるんじゃないかと思っていたのですが、空いた屋根裏の空間にロフトを作りたいのだそう。

正直、我が家は二人暮らしで、これ以上部屋は必要ないような気もするのです。
でも、あったらあったで自分たち専用に使ってしまい、客人用の空間がこんなに広いのにも関わらず無かったりもします。
考えようによっては、このロフトは、来客用に持ってこい!

どう使うかは、出来てみないとわかりませんが、とりあえず作って見ることにしました。
そんな訳で、例の掃除機は、このロフトの工事をする前に、梁などの埃を吸うためのモノだったのです。

ところで、上ってどうなっているんでしょうね?
b0299869_21472193.jpg
そう思って、上がってみました。
b0299869_21465954.jpg
写真だとあまり広く見えませんが、6畳ほどの広さを確保する予定。
なかなか広くて良い感じかも。

既に黄色い部屋でロフトは体験済みだから、空間に高低差があるのは楽しくていいのかもしれません。
ただ、家計簿を付けるteneteneとしては、空間が広くなればなるほど、真夏や真冬の冷暖房費が気になりますけどね(苦笑)。
(そこは‘お頭’に秘策があるらしいので、楽しみすることにしましょう)

あれこれ心配して気持ちが盛り下がるよりも、こういうことは楽しまなきゃ♪

と、いうことで、早くもロフトの床下地。
b0299869_21462186.jpg
勿論、廃材を再利用します。

これを梁に乗せます↓。
b0299869_21460813.jpg
何だか、やけに仕事が早くてびっくり!
b0299869_21455650.jpg
毎日忙しくても、こうやって息抜きできることがあるっていいですね。

ただ、安全第一!これは本当に忘れてはいけません。
楽しみにしつつ、高所作業にドキドキしつつ、最後まで気を引き締めて行きましょう。




[PR]
by tene-tene | 2018-03-17 22:59 | 家づくり
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite