天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

ふわ〜


気づけば3月も今日で終わり。
早いなぁ〜と、卓上カレンダーに目をやったら、カレンダーは未だ2月のままでした(;汗)。
これ、teneteneあるあるの「忙しい時あるあるVer.」なのですが、思い返すと今年の冬は「忙しい+寒すぎ」だったから辛かった〜。
心も身体も叫びたいくらい「辛かった〜〜〜!」のです。
ともあれ無事に納品が終わったわけなので、今はホッとしているのですが、同時に季節は「春」…というか「初夏」?! 。
このギャップに緊張が緩みっぱなしというか、調子が狂っています。

桜も朝3分咲きだったのに、帰りには7分咲き。
そんなに急がなくてもと思うのですが、梅も桃も桜も同時に咲くなんて、まるで北国の春なのです。

さて、3月の出来事を忘れないうちにメモメモ。

--
2階のリノベで天井を落とした時に出た廃材が、1階の土間に運ばれていました。
綺麗にまとめられて‘お頭’の性格がよく出ているなぁ〜と思います。
b0299869_21313159.jpg
使える材料は再利用しますが、天井を吊っていた材などは釘を抜いて、市の焼却施設へ持ち込みます。
昔の家を壊しながら思うのは、舞台のセットと、昭和初期の内装って、そんなに大きく変わらないなぁ…ということ。
意外とハリボテだったんですね。
それに比べて、最近の住宅は進化しました。

ちなみに、今週の‘お頭’は1日1時間の息抜きは無く、土日もお仕事。
終わったら好きなだけリノベをやってもらいましょう。

--
そうそう、まだ寒かった3月の中旬ごろ、家の配管を取り替えました。
b0299869_21322305.jpg
この家の配管は塩ビ管でも、かなり安い、フニャフニャな素材を使っていて「そろそろマズイ」状態だったのです。
でも、配管工事なんてこれまでやったことがなく、見て見ぬ振りをしてきたのですが、ジジババになって交換するのはもっと大変!
ということで、まだ身体が動くうちに思い切って交換することにしました。
b0299869_21320256.jpg
石積みの花崗岩を取り除き、石や土を取り除き、古い塩ビ管を新しい塩ビ管に差し替えます。
説明は簡単ですが、一つ間違えば土台が崩れて大工事だし、接続がまずければ土台に水が漏るわけで慎重に。
b0299869_21301370.jpg
二人で上と下に別れてどうにか交換完了!

モルタルを練ったついでに、1月に作業した石塀の目地↓も入れました。
b0299869_21303011.jpg
外構工事はこれでほぼ完了!

そういえば、何故か外構工事は真冬に鼻水を流しながらやっている印象の我が家、なんでなんでしょうね(笑)。
まぁ、これもいい思い出なのです。

--
さて、今週。
b0299869_21324569.jpg
いよいよ、ミモザも終わりかけなので、剪定作業なのです。

剪定本を購入したので、今年は迷わず切る枝を選べます。
やはりきちんとした知識というのは必要だと思います。

毎年のことですが、作業をしていると通りがかりの人が声をかけてくれます。
皆さんミモザ(ギンヨウアカシア)が珍しいようで、大抵の人は名前を聞いてくるのですが、野生のフサアカシアという種類がこの辺りには結構あるので、興味があるかないかの違いなんだろうけど、いずれにせよ「きれいね〜」とか「可愛いねぇ〜」といった和ませる言葉をいただけ、喜んでもらえることが一番だと思うのでした。

一気に暖かくなり調子が狂いますが、ほっとする気温に、1月から緊張しっぱなしだった気持ちも少しずつほぐれてきているのを感じます。
寒いのも、仕事(納品)もやっと終わった〜〜!

さっ、春を堪能しよう!!




[PR]
by tene-tene | 2018-03-31 22:44 | 家づくり
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite