天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

春の味


あれ?4月も1/3過ぎての初ブログなのです。
b0299869_21354257.jpg
そういえば、里山のヤマザクラも散ってしまいました。
今はツツジが満開。
b0299869_21355667.jpg
今年はヒノキの花粉が多いようで、数年ぶりにマスクをしています。
teneteneはスギ花粉は卒業し(?!ホントかな)、3月は割と平気なのですが、ヒノキが飛び始めるあたりから、皮膚が痒くなったり、鼻がムズムズしたり…。
皮膚のブツブツは紫外線が落ち着くお盆ごろまで続くので憂鬱になってしまうのですが、いつかそれも卒業できる日がくると信じています(苦笑)。

さて、春は産直に行くのがウキウキな季節。
b0299869_21360681.jpg
田舎暮らしの楽しみのひとつは、なんといっても新鮮なお野菜!が、安価で手に入ること。
自分で育てられれば一番良いのでしょうが、サラリーマン主婦にはなかなか難しいのです。

先日は、ズッキーニの花を見つけました♪
残念ながら、美味しいチーズを見つけることが出来なかったため、国産モッツァレラ+鶏肉でそれらしくしてみました。
イタリアで食べた「それ」とはちょっと違ったけれど、1年で花を食べられるのはそうないことなので、これはこれでよしとしました(笑)。

そして菜の花!
b0299869_21363410.jpg
今年もいっぱい食べました。

茹でて、塩胡椒にオリーブオイルが一番シンプルで好きですが、そろそろ今年も菜の花は最後なので、鯛と蒸し焼きに。
b0299869_21364962.jpg
菜の花は、「その日に収穫されたものをその日のうちに」が鉄則。
b0299869_21370417.jpg
お塩が控えめな分、菜の花のほろ苦さと甘さが絶妙なのでした。
美味しかった〜♪来年までお預けです。

そして、会社で大量にいただいた甘夏。
b0299869_21361878.jpg
見た目は不細工ですが、中身はジュージー。
甘いみかん好きが多い西日本で、酸っぱい甘夏は人気が無い模様(teneteneは酸っぱいみかんが大好き)。
この甘夏も、「酸っぱいからあげる〜」と、沢山いただいてしまいました。

同僚に「どうやって食べるん?」と、聞かれて「そのまま」と答えそうになったけれど、せっかくだからひと手間くわえて見ることに。
b0299869_21373860.jpg
タイ料理「ソムオーのソムタム」をヒントに「甘夏のソムタムもどき」を。

パパイヤが無いから、大根とセロリで代用し、スウィートチリも無いので、それもナンプラーと家にあるものでそれらしくアレンジ。
酸味は入れずとも甘夏が効いていて、さいわい、冷蔵庫にパクチーがあってラッキーだったのと、中華用の干し海老があったので、かなり現地に近い味に(嬉)。

贅沢を言えば、ピーナッツがなくて、向日葵の種になっていたので、山盛りの砕いたピーナッツがあればいうことなし。
これはなかなかイケます。
もう一回くらい作っちゃおうかな(笑)。

それにしても、作るのは手間がかかるのに、食べるのは瞬殺。
まぁ、それはそれで嬉しいのです。

春は、次から次へと多彩な野菜が産直に並ぶので、夕飯のメニューに悩むことがまずありません。
初夏にかけて、まだまだ楽しめそうです。

<おまけ>
我が家では最近、大谷くんブームなのです。
b0299869_21374825.jpg
大好きな故郷、岩手県の出身というのもありますが、プレッシャーに強いメンタルは惚れ惚れするのです。
そんなわけで、‘お頭’とteneteneはyoutubeで色々チェックしまくっています(笑)。

↑‘お頭’の描画。
投球時の胸の出かたがすごいんだよ〜と、解説してくれた時のものです。

家の中でも「オ〜タニサン!」とか、オータニコールで盛り上がっています。
誰かに見られたらかなりヤバイ夫婦ですが、これも「春」ということで…。

?笑?




[PR]
by tene-tene | 2018-04-10 22:25 | 食べる
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite