天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

五十肩と神経痛


土日は雨風ともに荒れる予報なので、金曜日は帰宅後に無理してミモザ2本のうち剪定が終わっていない残り1本を一気に落としました。
b0299869_20161631.jpg
さっぱり〜。

今年は剪定本の助けもあって、かなりバッサリいきました。
b0299869_20165139.jpg
家用の切り花ミモザはもういいかなって思っていたのですが、ちょっと変わり種のコを見つけて、窓に↓立てています。
b0299869_20164052.jpg
ふふっ、なんか可愛い。
このコたちはこのままドライにしようかと思っています。

ミモザの剪定をしていると、毎度のこと近所の知っているおじちゃんから、知らないおじちゃんまでが声をかけてきます。
この辺のおじちゃんは、ホント、人がいいいというか、のんびりしているというか、世のしがらみから解放されたような?独特のおおらかさが特徴的で、teneteneには心地よいのです。

そうそう、おじちゃんと会話をしていると、ツバメたちが人の気配を感じて近くに寄ってくるので、我が家のまだ空き状態であるツバメの巣に入居するのではないかと嬉しくて、気が気じゃない。

嬉しいことに、その後、我が家の中古物件にツバメ新婚夫婦が入居を決めたようで、早々に巣の下に糞用のバケツをセットしました(‘お頭’が;笑)。

そんな‘お頭’は仕事で大忙し。
1日1時間の息抜きも最近はあるのかないのか…。
b0299869_20170922.jpg
↑廃材をまとめたり、にわかに進行中な様子ではあるのですが、なかなか一気にはいかないようです。
「家づくりレポ」はもう少し時間がかかりそうかな。

ところで、タイトルにもありますが、まさかまさかの‘お頭’五十肩デビュー(お医者様公認)なのです(笑)。
しかも右です。
もうかれこれ1ヶ月になります。

五十肩って、イメージでは「腕が上がらない」とか、「ちょっと痛い」程度かと思っていたのですが、‘お頭’の場合はとにかく痛くて、寝てるときも痛みを感じるくらいらしいです。
ネットで調べると、拘縮によって可動域が狭まるとか書いてあるし、家のリノベ作業が実は負担になっているのではないかと考え込んでしまいます。

ちなみに、日曜大工は何事もなくできているかに見える‘お頭’。
なぜ、痛いはずの右肩も使って作業ができるのか不思議なのですが、‘お頭’によると、痛くならない木材の持ち方など、五十肩との付き合い方をマスターしたのだそう。
本当に大丈夫なのか心配ではあるのですが、無理しないようにお願いしたいのです。

一方、「腰痛」には無縁だったteneteneですが、車生活の悪影響や、会社の椅子が体に合わないこともあり、坐骨神経痛らしきもので足全体が痛むようになってしまいました(;汗)。
冷えによる神経痛とは違って坐骨神経痛はこれまで経験したことのない痛みの感覚。

‘お頭’の五十肩をケタケタと笑っていた報いなのでしょうか(爆)。
腰からくる痛みって、辛いんですね。

ネットで探した病院へ行ったら「学会出席で木〜土休診」との貼り紙が!

え〜〜〜っ。

どうりで、何度電話をしても出ないはず。車で1時間もかけて行ったのに、なんだかなぁ〜。
田舎暮らしだとこういう時大変だなって思います。

田舎で生きていくには、健康は必須条件なんだとつくづく感じました。
とりあえず、病院へは再チャレンジして早めに治療したいと思います!

当分は、動いた方が痛みが薄れる気がするので、あれこれ動き回ろうかな?






[PR]
by tene-tene | 2018-04-14 22:05 | できごと
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite