天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

思い切りよく、行くときは行きます。


G.W.に1階のメンテナンスをしていたら、未工事の部分が気になり出しました(苦笑)。
b0299869_21083016.jpg
↑例えば、キッチンの吊り戸の上の空間。
b0299869_21095609.jpg
↑例えば、洗面所正面の本来タイルが貼られるべき壁面。
もう引っ越して5年ですからね(笑)思い切って、1階居住空間だけでも仕上げてもいいのかな?ってことで。

動くことにしました。
b0299869_21093695.jpg
キッチン吊り戸棚の上の壁に色を入れて、何か置きたくなる空間に。
(クラフトフェアで物色しましたが、出会いがありませんでした)

‘お頭’が以前から黒いファンが気になっていて、これも…。
b0299869_21111240.jpg
↑白く(笑)。
※黒い換気扇は、屋根裏の熱換気に使うことにしました。

進む時は進むのです。

そして…。
b0299869_21102754.jpg
到着!
b0299869_21114994.jpg
洗面所の突き当たり壁面タイルなのです。

‘お頭’が唯一気に入っていたタイルなのですが、お高くて悩んでいたのです。
ところが、数年経過しているうちに廃番決定となり、なんと!アウトレットに!!これってご縁ですよね。

そんな流れで、めでたく購入。
b0299869_21113164.jpg
洗面台に仮設の脚を着けて、3センチ程前に出しての工事なのです。
やり難いでしょうが、そこは少しずつ。
b0299869_21120726.jpg
毎日、仕事の息抜きに隅出ししたり、カットしたり。
b0299869_21123826.jpg
すでに給水栓などが壁にあるので、そこを避けて切り欠かなくてはいけないので大変です。
水道屋さんを呼ぶという選択肢は初めからなく、面倒でも綺麗に切り欠きます。
細かくて集中力が要りそうな作業の時は、あまり話しかけないようにしています(笑)。

さっ、どうかな?
b0299869_21125643.jpg
ふっ…。

渋い。いい感じ。なのです。
昭和中期のモダン建築で使われてそうな?レトロなような?民藝ぽさも色のせいでしょうか?感じます。
‘お頭’らしいセレクトです。
b0299869_21130929.jpg
引いてみるとこんな感じ。

フンドシみたいなタオルが邪魔ですね。
タオルも、無地のシックなものに変えたほうがいいみたいです。
位置も、ここじゃない気もしますね。

実は、タオルを避けると、安価な排水トラップが丸見えになるので、隠して撮影しています。
近いうちに金属製のSトラップに変更する予定なのですが、洗面器が日本製ではないので、規格が合うのか少し心配なのです。
(あ〜っ、こうなるのなら、床排水ではなく、壁面排水にすれば良かった。今更ですけどね)

おっと、今はタイルの話ですね。
目地入れはこれからですが、ほぼ雰囲気は出来上がりました。

目地が入って、金属のSトラップに変えて、仮の脚を外して、洗面小物の収納を作って、窓ガラスを変えたらここは完成!
その際は改めてアップしますね。
1階居住空間の面積は全体の1/8程ですが、5年がかりで完成の兆し。

自分たちで作るって時間が掛かるし大変ですが、それでもなお、好きな空間が作れる喜びには代えられないものがあると、ちょっとしみじみしちゃいました。






[PR]
by tene-tene | 2018-05-13 22:02 | 家づくり
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite