天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:出かける( 67 )

2018秋の豊島旅


毎年秋になるとどこかへ行きたくなるのですが、今年は休暇を取って、豊島(てしま)へお出かけ。
b0299869_21423700.jpg
月曜日はあまり人がいないだろうということで。

本当は、日曜日と月曜日で、姫路経由の正倉院展(奈良)を企画していたのですが、土日に急ぎの仕事が‘お頭’に入り、Bプランへの切り替えになりました。
b0299869_21415773.jpg
天気によって旅の印象は変わりますが、あいにくの曇り空。
しかも寒〜い。
写真的にはちょっと残念。

でも、日光過敏症なので、メリットとしては日差しを気にせず歩けること♪と、思えばへっちゃら。
曇りの海も実は好きだしね。

それにしても、外国からのお客様の多いこと。
b0299869_21421381.jpg
この前にいるカップルは、行きも帰りも同じ船でした(笑)。
島自体が狭いし、まぁ、普通そうなるか。

さぁ!レンタサイクルで島めぐり!
b0299869_21413691.jpg
起伏の多い地形ですから、当然、レンタサイクルは電動アシスト付きなのです。
b0299869_21411426.jpg
はじめての電動アシスト付き自転車ですが、こんなに楽なのか!ってくらい楽々。
とても楽しい。

ここで、寄り道。
b0299869_21403559.jpg
豊島美術館なのです。
チケットセンターでチケットを購入していると、‘お頭’が「ここで働いている人は、いつもこんなにいい眺めなんだな」って、言っていたのでその目線で写真をパシャリ。
確かに、海が見えて気持ちいい眺め。
ここは晴れていたら抜け感が心地よいだろうな。
b0299869_21401640.jpg
西沢立衛氏設計の豊島美術館。
b0299869_21395648.jpg
実はず〜〜〜っと前から来たかったのです。
なかなか良かったですよ。
1日居られるって、思いました。

写真撮影はできない分、空間を堪能することに集中。
思った以上に館内は広く、スケール感が写真とは違っていて、なんというか…自分が小さく感じられるような?
湧き出る水も、見ていて飽きなかったのです。

観覧者の9割は海外からのお客様。
日本じゃないみたい。
「初めてですか?」と、入場説明などで何度か聞かれ、リピートのお客様が多いことが伺えました。
英語で慣れた説明をするスタッフはこの島に住んでいるのか?気になりました。

音が響くとのことで、荷物をビニールバックに入れて入る徹底ぶり。
そんな中で、観覧者のどなたかのお腹が鳴ってしまって…(笑)
結構響いていました。
と、同時に、ちょっと笑い声も。
‘お頭’の膝が美術館の中央あたりで「ピキッ」と鳴った時、骨が小さく砕けるような音が垂直にどこまでも広がりながら鳴り響いて、宇宙まで届くような錯覚を覚えました。

「曇りでよかったんじゃない?」と‘お頭’も言っていたけど、曇りの感じ、悪くなかったのです。
難を言えば、靴を脱ぐので底冷えがして、長居できなかったことでしょうか。
気温が高ければ本でも持って、1日居てもいいかも知れません。(迷惑がられるだろうけど)
平日で大正解!
b0299869_21393472.jpg
b0299869_21391656.jpg
冷えたので、ミュージアムショップのコーヒーで温まります。
b0299869_21384615.jpg
こちらは撮影OK!
こじんまりしていますが、居心地良かった。

さぁ、散策再開!
b0299869_21382572.jpg
黄色い服を来ているので‘お頭’を↑見つけやすい。
b0299869_21380908.jpg
美術館もいいですが、島を自転車で回るのもとっても楽しいです。
b0299869_21375300.jpg
teneteneはロケーションで、‘お頭’は設計面で、ランチは海のレストランを選択。
b0299869_21373868.jpg
寒くてデッキはやめました。
晴れたらもちろん最高でしょうが、曇りの日の海もさみしげで好きです。
b0299869_21372671.jpg
b0299869_21371597.jpg
ここでもコーヒー。
丁度雨が降ってきたので、タイミング良かったのです。

さぁ、再び。

オリーブ畑有りーの、みかん畑有りーの、のどかな風景♪
最高。

再び、パラパラ雨が降ってきたので写真は無し。
パラパラで良かった。
セーフな感じ。
豊島美術館でカッパを購入してたもの功を奏したみたいです。
b0299869_21365868.jpg
本当は、入らないつもりだった、豊島横尾館。
このエントランスにノックアウト!
b0299869_21364785.jpg
ガラスに赤いフィルムを貼るだけで、こんなに横尾ワールドになるなんて凄い。
こちらもエントランス以降は撮影禁止。

横尾忠則、まだまだ現役だなぁ。
面白かったのです。
b0299869_21363409.jpg
再び散策。
島は暮らしの丁寧さを感じる街並みで居心地が良いです。
自転車の島歩きは正解。
b0299869_21362082.jpg
ふと時計を見たら、もう最終船便まで1時間を切っていました。
b0299869_21360881.jpg
え〜〜っ!まだまだ散策したい。
と、後ろ髪を引かれつつ、帰途に着いたのです。
b0299869_21405411.jpg
これまで、瀬戸内海の島々を回りましたが、こうやって自転車で回ったのははじめて。
ただ回るだけでも楽しいし、作品を見て回るともっと楽しい。
写真は曇り空ですが、印象は明るかったと思います。
たった1日ですが、いい気分転換になりました。

もっと自転車で回りたかったな。(←くどい?)
多分、そう思えるくらいが一番良いのだと思います。

さっ、明日からまた頑張ろう♪




[PR]
by tene-tene | 2018-11-12 22:36 | 出かける

笑顔にしてくれるひと


土曜日は仕事という‘お頭’を家に残し、teneteneはC嬢とデート。
b0299869_20370010.jpg
C嬢に会うのは今年に入って初!
暖かくなってきたし、気持ちの良さそうなカフェへ。
b0299869_20363825.jpg
こどもはポニーに乗れます。いいなぁ〜。
b0299869_20361732.jpg
我が家の周辺には家族連れて楽しめるところが少ないから、週末は大盛況♪
こどものはしゃぐ声は健康的で良いのです。
b0299869_20360065.jpg

b0299869_20354662.jpg
離れには、古民家や乗馬クラブもあります。

木々のあるゆったりした空間というのは気持ちが解放されて落ち着きます。
こちらのカフェは居心地が良いので、ついつい笑い話で長居してしまいました。

teneteneの好きな人は「ふわっ」として寛大なところが共通点かもしれません。
今日も沢山「ふわっと感」に甘えさせていただきました。
ランチも美味しかったな♪

さて、喋りすぎて若干疲れつつ家に帰ると、お隣の‘大お頭’が我が家の前にあるビニールハウスから出てきて立ち話に。
牛乳4本とオリーブオイル1本を腕にぶら下げているteneteneにとっては、右腕の耐久レースではあったのですが(笑)‘大お頭’に会うのが久しぶりで話したいことがいっぱい!
ついつい此処でも長ばなし。

すると、家の中からドリルの工事音が聞こえてきて、あれっ?我が家の‘お頭’は仕事じゃなかったのかしら?と思い「今日仕事って言ってたのになっ」と笑いながら呟くと、‘大お頭’も笑いながら「えぇんじゃ、これも仕事じゃ」と、日に焼けた顔に、真っ白な歯を出して柔らかい笑顔。
う〜ん、やっぱり「ふわっ」として寛大。
こういう柔らかさって、teneteneには絶対欠かせない、ほっとさせてくれる要素だなぁってつくづく思うのでした。
(右腕はしんどかったけどね)

ところで、家の中では「忙しい忙しい」と‘お頭’が大工仕事(笑)。
突っ込まれないようにイソイソと、せわしなく動き回っていました(苦笑)。

まっ、いいのです。
‘大お頭’も「これも仕事じゃっ」って言ってるしね。
b0299869_20345078.jpg
‘お頭’はロフトの下地を作っていた模様。
この話は後日まとめてアップするとして、ゴロンと横になると、なかなか居心地がいいらしいですよ。
b0299869_20343090.jpg
これは‘お頭’の趣味である日曜大工ではあるけれど、teneteneの楽しみでもあり、ふたりの夢でもあるのです。

今日は、気温も心もポカポカな1日。
我が家のミモザも長雨に耐えて、満開だし言うことなし!
b0299869_20352620.jpg
家の中もミモザ祭りなのです。
b0299869_20351171.jpg
フレッシュなミモザの香りが部屋に広がって、爽やか〜。

最近、よく眠れない日が続いたのですが、今日はよく眠れそうな気がします。
癒されてばかりですが、そういう日があってもいいですよね〜♪




[PR]
by tene-tene | 2018-03-24 21:31 | 出かける

早春のお出かけ2018


三月は、‘お頭’のお誕生日月なのです。
b0299869_21333442.jpg
誕生日が平日だったので、記念イベントは週末にするとして、早く帰ることができた日に、苺を買ってお祝いしました。
「お誕生日だから苺を買って来たよ♪」と伝えると、「何で、ヒト(お頭)の誕生日に自分(tenetene)の好きな食べ物を買って来るんだい?」と笑われました。
スルーしましたけどね(笑)。

さて週末は、ちょっと1泊2日のバースデー旅。
b0299869_21334734.jpg
最近車旅より、電車旅な我が家。
以前住んでいた北日本に比べて、こちらの運転マナーはお世辞にも良いとは言えないのです。
神経をすり減らす移動はあんまりしたくないので、ここはラクさを優先。

今回は昼間っからアルコールも飲みたいしね♪

って、ことで新幹線に乗ること35分で広島〜。
b0299869_21335820.jpg
なんだ、隣じゃない?とは言わないでね。

いいのです。
teneteneは好きなんだなぁ〜、広島。
b0299869_21340805.jpg
コンパクトでわかりやすい街並みと、徒歩で主要な観光地を巡れるところが良いのです。
なにより国際都市って、好きなんだなぁ。
b0299869_21341999.jpg
それと、ちょっと仙台に似ていたり、盛岡に似ていたり、と、いった具合に、なんとなくだけど育った環境に近い雰囲気がそこかしこに感じられるんですよね。
「あっ!盛岡っぽい!」みたいな(笑)。

まっ、街の話はそのくらいにして、今回は、これを食べに来たのです!
b0299869_21343284.jpg
ヘヘっ。

トルコ料理なのです。
b0299869_21344464.jpg
初めて広島に来た時に、たまたま入ったら美味しくて、その後も地元でトルコ料理のお店を探して食べたけど、やっぱりここが美味い!ってことで。
b0299869_21350062.jpg
今回も、変わらず美味しかった〜。

トルコ料理って、材料がシンプルで身体に優しいですよね。
レンズ豆のスープは特に胃に優しくて、ホワ〜っとしみる感じ。

久しぶりに美味しいものを食べて、幸せいっぱいだったのです。
b0299869_21351342.jpg
さぁ、食後は散歩。
前日が雨だったこともあり、スッキリと青空で気持ちいいのです!

旅はお天気で左右されますよね。
ラッキーでした。
b0299869_21354524.jpg
気温は低めですが、歩くにはちょうど良い感じなのです。
梅も満開♪
b0299869_21352764.jpg
原爆ドームは、心の中で手を合わせてしまう場所。

大変なことが起こったのに、この街はよくここまで復興したなって、思います。
故郷の福島が復興を遂げる頃には、teneteneはこの世にはいないだろうから、今の広島みたいになってくれるといいなって、少し重ねてイメージしてみたりしました。

ちなみに、今回原爆資料館に入ろうと思っていたら工事中。
b0299869_21360738.jpg
なにやら、耐震補強工事らしい。
b0299869_21355758.jpg
と、いうか、これって大工事よね?
凄いな〜日本の技術。

ひとまず隣で資料館はやっていましたが、今回は中止し、改めて見に来ることにしました。
b0299869_21362209.jpg
そうそう、広島でよく見かけるのが、このシダ系の寄生植物。
あらゆる樹木に寄生しているのだけれど、この生命力がなんだかたくましくって、気持ち悪いけど、凄いなって思ってしまいます。

さっ、昼からアルコールですよ!
b0299869_21363851.jpg
こちらは、初めて広島に訪れた時から入りたかったお店なのです。
でもいつも満席で…。

今回は、ちょうど席が空いたところだったので運がよかった〜。
b0299869_21365079.jpg
広島居住者は逆に入らない観光地なのかも知れないけれど、もし近所にあったらteneteneはしょっちゅう入ってしまうだろうなぁ〜と、思うほど気持ちのよいお店なのです。
東京にはいっぱいあるけど、地方にはなかなかないのです。

日光過敏症ですが、今回は日差しを浴びちゃいます!

いやぁ〜いいですね。広島。

などと、上機嫌でいられたのは、実はここまで。ここから「しでかしてしまった」残念な思い出(苦笑)。

この日の仕上げは、広島に来る度に入るお好み焼き屋さんだったのです。
で、広島赴任中のS氏(‘お頭の友人’)とそのお店に行こう!と、なっていたのですが、いつも何となくお店にたどり着く我が家は、そのお店の場所がよく思い出せないのです。

「お店何て名前だっけ?」
「みっちゃん?」
「そうそう!みっちゃん!」

そんなうっすらした記憶を頼りに、スマホで検索したお店にS氏と3人で向かうのですが、店の前まで来ると「違う!」…。

で、別のお店を入力して向かうとやっぱり「違う」。
b0299869_21370555.jpg
途中、懐かしい「くわっち」には会えたのに、お店にたどり着けないのです(;涙)。

広島の繁華街は凝縮されているから、歩いているうちにたどり着けるはずなのに、何故?

S氏も出張帰りで疲れているだろうに付き合わせてしまい、だんだん焦り始めて、訳がわからないまま、結局、1時間も繁華街をグルグル「みっちゃん(総本店)(福屋店)(新天地)」「ふみちゃん」…など数店鋪回って疲れ果て、ついには諦めて「みっちゃん(いせや店)」に入ることにしました。

本当に申し訳ない〜〜〜っ。
b0299869_21373723.jpg
あのお店は一体何処だったのか??
常に、スマホを片手に歩いていたので、街の景色を見る余裕もなく勘が働かず。
b0299869_21375479.jpg
モヤモヤした気持ちで、ただひたすらS氏に申し訳ないと思いながらも、これもある意味思い出かな〜と。
勝手にそう思うことにし、楽しくお好み焼きをいただきました。

で、翌朝。

チェックアウト前に、‘お頭’と散歩に繰り出し、いま一度、記憶を頼りに繁華街をお好み焼き屋さんを目指して歩いていると!
b0299869_21381155.jpg
あった!

…って、いうか、「何処がみっちゃんなん?」「ちゃうやん!」というオチがあったのです(爆)。
名前が違ったら100%たどり着ける訳ないやん!というオチ。

ここの生ビール、最高に美味いんですよね。
あ〜っ、飲みたかったな。
ブログを書きながら思い出せば出すほど、すっごく飲みたい!

と、いうことで、リベンジ旅のリストに入りました(苦笑)。
もう秋にでも伺いますよ!今度こそ!
b0299869_21384617.jpg
そんなこんなで、色々楽しんだ広島。

失敗も含めて楽しかったなぁ〜。

新幹線の時刻までのんびりお散歩していると、‘お頭’が朽ちてもなお咲くサルスベリを見つけました。
よく見ると、クロモチらしき芽が生えている。
b0299869_21383240.jpg
逞しい。
シダ植物といい、クロモチといい、他にも広島には被曝樹木がたくさんあり、大木となって街路樹を構成していますが、圧倒される生命力に溢れています。
まるで天空の城のラピュタみたいね。

逞しく、また1年、頑張りましょうかね。

今回も元気をもらった楽しい旅だったのです。
Sさんにも感謝なのです。


[PR]
by tene-tene | 2018-03-15 22:45 | 出かける

なんとなく安心?!


「土日は仕事しなくちゃいけなくなった」という‘お頭’に無理を言って、初詣で訪れた神社に再度行ってきました。
b0299869_20464901.jpg
ここのところ、‘お頭’もteneteneも仕事が忙しく、息抜きの名目もあるのですが、実のところ、teneteneの初夢があまりよくなかったので御守りを買いに。
b0299869_20461751.jpg
初夢といっても、明け方に見た3番目くらいの夢で、初夢とは言わないのではないかと思うのですが、「車」に関わる夢で気になっていたのです。

‘お頭’はその手の話しは大っ嫌い!信じないタイプなのです。
イメージを抱くことで、引っ張られるような繊細なところもあり、そのせいか?全く関係ないのか?は判りませんが、年始から2度ほどちっちゃな「あれっ?」な事がありました。

teneteneもまた、通勤道で先週1回、今週1回と続けて、生々しい交通事故現場に出くわし、滅多にない事ですが、‘お頭’の言うように、夢に翻弄されるのも怖く、気持ちを切り替えたかったのです。
b0299869_20455703.jpg
そんな時は「神頼み!」と、忙しい‘お頭’を伴って、神社へ…という流れになったのです。
b0299869_20453422.jpg
初詣の時は表参道の石段を登って行きますが、今回は忙しいので石段のない神社の裏参道から。
「社務所はやっていないんじゃない?」と、あまり乗り気ではない‘お頭’ですが、‘tenetene’たってのお願いなので渋々。
(珍しく下を向いて歩いています;苦笑)
b0299869_20445675.jpg
でもね、やってるんだなぁ〜これが♪

と言うわけで、交通安全御守りを2つ購入。
b0299869_20442776.jpg
なんだろう、ちょっとほっとしました〜。
気持ちって大事だと思います。
‘お頭’には申し訳ないけれど、teneteneには大切なことなので、許して欲しいのです。


ところで自宅に帰り、仕事部屋に篭ったかのように思えた‘お頭’ですが、ほどなくして1階の土間から丸ノコ音がしてきました(爆)。

のぞいて見ると、何やら製作中↓の様子。
b0299869_20440249.jpg
「あれ〜、仕事中じゃないの?」と、心の声が聞こえたのか、ちょっとビクッとしているような気がしなくもない。
b0299869_20434785.jpg
あっ、でもそれは誤解で、休日なのだから、少しくらい脱線しても良いのです。
休みなく2週間も3週間もお仕事をするのはよくありませんからね、こうやって気分転換をするのは大歓迎!

でも、何を作っているのか気になりますよね?へへ。
b0299869_20432732.jpg
「じゃじゃ〜ん!」

正味、1時間ほどで(お仕事用)A3サイズの資料を置く棚を作っていたのだそうです。
リノベで余った端材を使っています。

ペンキは塗っていませんが、ひとまず忙しいので、この状態で使うんですって。
(背も改めて入れる予定)
b0299869_20430947.jpg
散らかっていて、空間全体を写せないのですが、早速使用していました。

この写真の部屋は、teneteneが未来に仕事部屋として使う部屋なので、‘お頭’は気を使って床に傷をつけないように合板を布いて保護してくれています(笑)。
そういうところ、とても優しいというか、気遣いな人です。

もしかすると、単にteneteneが怖いだけなのかも知れませんが(爆)、ありがたいのです。

ちょっと気分転換をして、またお仕事に戻る‘お頭’。
その加減がいかにもらしく、忙しいのに誘い出した罪悪感もちょっと軽減。

御守りも買ったし、今日は良く眠れそうなのです。






[PR]
by tene-tene | 2018-01-20 21:44 | 出かける

69106


あけましておめでとうございます。

さて、タイトルの69106ですが、こちら、12月30日から1月4日現在まで4.5日間の合算した歩数なのです(笑)。
最近あまり歩いていないので、ちょっと歩くと嬉しくなって、年末から張り切りすぎてしまいました。

年末年始は籠るイメージだったのに、
そういう行き当たりばったりなところ、我が家らしいのです。

そんなわけで、歩数の内訳を振り返ってみます。
b0299869_15345345.jpg
いきなりですが、30日は、大阪に出かけることにしました。
b0299869_15350603.jpg
ラッキーなことに、新幹線が取れたのです。
ちなみに、「みずほ」に乗ったのですが、座席がゆったりしていて、なかなか快適♪

折角なので、西宮にいる‘お頭’の友人S氏と西宮でランチ。
b0299869_15351456.jpg
都会の匂いがプンプンするのです。
ゴミひとつ落ちていないのが、西宮らしい。
(田舎は意外と意識が低くて、山道にゴミが捨ててあったりするのです)

ここで、住吉様に行くとの情報を受けて便乗!
b0299869_15352383.jpg
年始の神社は行ったことがありますが、年末の神社は初めて。

屋台が準備でひしめき合っているあたり、流石は、住吉様なのです。
b0299869_15353033.jpg
で、こちらが「太鼓橋」。
ここを渡ると悪いものが取れるのだとか!
b0299869_15354152.jpg
もちろん、渡ります。

上りも急で大変すが、下りはもっと視覚的に怖い。
ちなみに、現在スカートが気分のteneteneはハイヒールなのです。
慣れているとは言っても、流石に怖かった。
b0299869_15355177.jpg
年末でも、参拝客がちらほら。

年始ともなれば、ごった返すのでしょうね〜。
ちょっと、得した気分なのです。
b0299869_15360770.jpg
さっ、ここでホテルにチェックインして、どこに出かけるか作戦会議(爆)。

えっ?今からですか!

そう思われた方、多いと思います。
でも、これが我が家なのです。

この時点で8000歩程度。さぁ、歩きます!
b0299869_15361639.jpg
通天閣「ドーン!」
b0299869_15373632.jpg

最近はどこもそうですが、海外からの観光客が多い!多い!

b0299869_15363054.jpg
くいだおれの街感半端ない。

ここで、一度梅田に戻り、百貨店巡り。
今回は大阪のアウトラインをなぞる旅なので、一通り回るのです。

大勢の帰省客がエスカレータでデパ地下へ吸い込まれて行く不思議な光景に誘われて、私たちも年末のデパ地下初体験。

とにかく、人で熱くて、暑い。
何かお土産でも、と、思いましたが、大阪土産がよくわからないので、夏のプールの如く、バターになった虎の如く、ぐるぐる回って、流されて多分5000歩。

東京に住んでいた頃、絶対しなかった事をなぜかやっていて、可笑しかったのです。
b0299869_15374712.jpg
お洒落な本町は、お店のほとんどが仕事納めで寂しめ。
ここで、梅田方面から心斎橋に向かったつもりが逆走していて5000歩くらい加算に〜。

歩きなれたハイヒールでも、大阪の道は割と斜めだったり、ボコボコしていて股関節が痛くなってきたのです。
一度、ホテルに戻ってクールダウン。

あ〜あ〜〜〜っ、人に疲れ、ボロボロ。

ここで、「グリコ」をまだ見ていないことを思い出し、ゾンビのように起き上がり、いざ!道頓堀へ。

もう、ハイヒールでガチガチですが、弱音は似合いませんからね、カツカツ歩きますよ〜。
b0299869_15381299.jpg
ホテルが心斎橋だから気軽に出たものの、ごった返す人並みに早くも後悔。
b0299869_15382569.jpg
凄い人です。
流石、大阪。
b0299869_15383874.jpg
しかし、右を見ても、左を見ても、焼き肉、串カツ、たこ焼き、ステーキ、餃子…と、こってり系のオンパレードで、7割が野菜で構成されている我が家が入れるお店は見当たらず…。

人に酔い、イルミネーションに目がチカチカしながら、こっそりと、道頓堀を後にしました。

そんな30日の歩行距離22.9km。歩数30,515歩。上った階段14階。

--

大晦日。

予定では16時ごろまでブラブラする予定でしたが、年末で、行きたかったお店もやっておらず、堀江〜難波界隈を散策し、14時の新幹線で帰ることに(笑)。
b0299869_15384902.jpg
最後に、デパ地下でお土産を購入し、ひと汗かいて帰りました。

正直、疲れ果てて、写真がありません(苦笑)。

31日の歩行距離14.6km。歩数19,613歩。上った階段5階。

--
元旦。

筋肉痛で目を覚ますお正月はかなり久しぶり。
b0299869_15385830.jpg
いつもの神社へ初詣。
もはや、ヒールは履けず、スニーカ。
b0299869_15390790.jpg
ここで、階段。
b0299869_15400550.jpg
筋肉痛で、いつもなら足取りが軽いのに、今回は何度か休憩を挟みました。
b0299869_15401391.jpg
いつものように、甘酒をいただいて、おみくじを引いて。

いつもと違うのは、筋肉が笑っているということ。

ちなみに、この時点で、距離はさほどでもありませんが、階段は結構頑張っていました。
b0299869_15402111.jpg
筋肉痛に階段。

今年はいつになく身体を酷使する幕開け。
結局、1日の歩行距離2.1km。歩数2,871歩。上った階段21階。

--
2日。
b0299869_15403305.jpg
姫路まで材料の買い出し。
今回は、ホームセンターで開催されていた「ワンニャンフェア」を見て帰りました。

2日の歩行距離2.8km。歩数4,131歩。上った階段3階。

大して歩いていないのに、直ぐにカフェに入る私たち(苦笑)。
どこに向かっているのでしょう。

--
3日。
b0299869_15404405.jpg
‘お頭’が「ジャケットいいのないかなぁ」と、言うので、お洋服を物色しにお出かけ。
「大阪で買えばよかったね。」と、今更な私たち(笑)。

結局、‘お頭’が気に入ったジャケットはなく、何故かteneteneがお洋服を買ってもらいました。

3日の歩行距離2.8km。歩数4,131歩。上った階段3階。

--
そして今日。
b0299869_17202251.jpg
余った餡をマフィンに挟んで、いつもののんびりした1日の始まり。
b0299869_15411032.jpg
‘お頭’は裏の工事(改めてアップしますね)。

teneteneは、オリーブの植え替えと、いただいた芍薬の苗を鉢植えにして…。
b0299869_15412314.jpg
4日途中の歩行距離0.68km。歩数990歩。上った階段1階。

ほとんど歩いていないけど、平和で心地よい1日。

やっぱり、こういうノンビリしたのが我が家には一番合っているのかも知れません(笑)。
b0299869_15392789.jpg
そこそこ運動をして、コツコツ仕事して、無理のない範囲で家づくり。

そんなペースで、今年もよろしくお願いします。







[PR]
by tene-tene | 2018-01-04 17:21 | 出かける

歩け歩け


いよいよ今年も残すところ2週間となりました。
我が家では、お正月のあれこれ(家の改装)に備えて、この時期の休日は、大型ホームセンターへ遠出する機会が増える時期でもあります。

今年も、遠路はるばる姫路まで、スタイロフォームを買いに走りました。
(これをあと新年含め、2往復しなければなりません;汗)

いつもなら、用を足したら暗くなる前に帰宅するのですが、最近は、せっかく来たのだからと、姫路をお散歩する心の余裕もできてきました。

まずは、びっくりドンキーで腹ごしらえ(笑)。

参考までに、びっくりドンキーの原点は1968年12月、岩手県盛岡市に誕生した「べる」という、盛岡では今も人気のお店なんです。
故郷岩手県を懐かしんで、ランチ♪
b0299869_16080949.jpg
向かいに座る‘お頭’の身体が斜めなのは、窓の外に気になっているものがあるから。

そう‘お頭’が気になっているのは、お散歩中のワンコ。
b0299869_16081906.jpg
だけじゃなく、飼い主様も(笑)。
「渋いなぁ〜」と、人の会話をそっちのけで、見惚れていました。
(じきにね、‘お頭’もそうなるんじゃよ、と、心の中でteneteneは呟いていました)

食事しながら調べたところ、姫路駅まで3.8キロあることがわかり、程よい距離なので歩いて行ってみることになりました。
b0299869_16080000.jpg
3.8キロって言ったら、東京ではよく歩いていた距離ですが、田舎の車生活に慣れると、全く動かなくなるもので、ここ最近で歩いた記憶がない距離。
しかも、ウィンドーショッピングとは無縁の遊歩道。

どちらかというと、運動不足を補うウォーキングの趣が強いお散歩なんだろうなぁと、ぼんやりと思いながらてくてく歩き出しました。
(その証拠に、‘お頭’はコートを車に置いて軽装。teneteneは、しっかり着ていました。)

歩くこと約50分。

なんだかんだ、歩けるもので、あっという間に姫路駅に到着し、駅の複合施設で、ちょっとお洋服などを物色♪

がっ!

tenetene、だんだんと足の裏に小石が入ったような痛みが出て来て…。

脱いで状況を何度か確認するも、何も出てこず。
しかも、段々と痛みが増して来て、仕舞いには歩くのがままならなくなってきました。

この痛さは、足の裏にマメができた時の痛みだった様子…。
あ〜っ、なんてこった!

ってな訳で、お買い物もそこそこに、歩けるうちに早々と車に引き返しました。
b0299869_16075245.jpg
足は痛かったけれど、いつも歩いていた新宿や渋谷の裏通りの風景を思い出したり、本八幡に似てるね〜とか、歩きながらいろんな話を‘お頭’とできたし、これはこれで楽しかったのです。

やっぱりお散歩は楽しい♪
今度姫路に来るときは、スニーカーでもっと歩きたいかも!

そうそう、久しぶりのお散歩。
スマホにアプリが入っているのでのぞいてみると…。
b0299869_22113879.jpg

おっ!お〜〜〜。

万歩はいったものの、思ったほどの運動量でもない割に疲労感があったりと、体力の衰えを感じずにはいられませんが、昨夜は歩いたおかげで熟睡もできたし、まっ、結果的には良かったということで…。

しかし、足の裏の豆は1センチ程度で、思ったよりも大きく、皮膚がいつの間にか柔らかくなった証拠なのだなぁ…と、日頃の生活を少し反省しました。
やわですな。







[PR]
by tene-tene | 2017-12-17 17:07 | 出かける

じんわり


自宅でPCに向かっていると、隣の部屋にいる‘お頭’からメールが届き、「ゴッホさん、見に行くか」というタイトルと、youtubeが添付されていました。

添付されたyoutubeは、映画「ゴッホ最後の手紙(原題Loving Vincent)」の予告編で、そういえば、以前この映画の情報を知って、観たいと思っていたのに忘れていた事を思い出し、即答!
田舎では、あまり需要がないらしく、朝一番の上映のみで早起きでしたが、ど田舎暮らしの我が家は、日曜日、上映地に向かって朝7時に家を出たのでした(笑)。
b0299869_21182297.jpg
いつもは混む道も、日曜早朝とあって、スイスイ。

恥ずかしいぐらいに早く到着してしまったけれど、たまにはお散歩もいいものと、てくてく時間をつぶしました。


さて、映画ですが、内容はこちらの↓公式(日本語)ホームページをご覧いただく、もしくは検索していただくとして、久しぶりに長い余韻に浸ってしまうほど、世界観にどハマりしてしまいました。

座席も、あらかじめネットで押さえてあった(‘お頭’がやってくれました)おかげで、一番良い場所で、ちゃんとメガネをして観たこともあり、細部まで綺麗に見ることが出来ました♪
座席って、こんなに大事なんだなって、実感。

ひとつ、懸念材料だったのが、映画が日本語吹替えしかやっていなかったことなのですが、これが、全く気にならず。
おかげで、映像を集中して観ることができたのです。

それにしても、これまでゴッホにまつわる映画は過去2作観ているのですが、解釈が作り手の気持ちに寄りすぎるとか、安っぽいものだったりで、今回もあまり期待せず動く絵を楽しむ感覚で考えていたら、大間違い!
ストーリーも素晴らしく、出演者も、ゴッホが表現した絵のモデルたちにそっくりな俳優が登場して、絵画に表現された通りの性格で、動いて、喋って、もはや、自分が絵の中に入り込んだような錯覚に陥るくらい、世界観が出来上がっていました。

teneteneは以前、Auvers-sur-Oiseへ、‘お頭’はArlesを訪ねていて、ゴッホの絵にリアリティがある事を肌で感じているだけに、登場人物に付けられた性格も、まんまそのまんまなのだろうな〜〜〜と、思うと、この映画は最もリアルに近く描かれているのだろうな…と思えるのです。

しかしまぁ、これだけの大変な作業は、ゴッホ愛がなければ、成し遂げられなかったでしょうね。

最後の手紙も、もう、ストレートで、事実に基づいていて、ゴッホの優しさに触れて、teneteneは涙が止まらなかったのです。
こんなに映画を観終わってから引きづるのは、かなり久しぶり。
(多分、「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」以来かも)

エンドロール中、泣いているのは自分だけかもと思い、隣の‘お頭’に目をやると、なんとなく、暗闇で‘お頭’が顔に手をやるのが見えて、少し納得し、ほっとしました。

早めの昼食を食べに、お店に入った後も、なかなか興奮冷めやらず、‘お頭’がウルウルしていると、teneteneが冷静になって、teneteneがうるうるすると、‘お頭’が冷静になって…の、バカ夫婦状態(爆)。
b0299869_21183114.jpg
お店の人には気づかれていないと思うけど、食事中も、ず〜っと、うるうるしていました(苦笑)。

きっと、ここまでうるうるする人もいないと思うけど、我が家はあの世界観にノックアウトされてしまいまったようです。
多分、DVDが出たら買ってしまいそう。

先日観たブレードランナー2049も凄い完成度でしたが、ゴッホも斬新で、凄かったです。
撮影秘話や、裏話もなかなか興味深いので、お好きな方は、ぜひ検索してみてくださいね。

ちなみに、この早朝映画鑑賞、なかなかオススメ。
休日が長くなったような気がしますよ〜。






[PR]
by tene-tene | 2017-11-28 22:23 | 出かける

結局、行ってしまった。


秋田〜岩手の帰省旅写真を眺めなら、とある失敗談が毎回、脳裏をよぎるのです。
b0299869_21163045.jpg
この失敗談、ちょっと思い出にメモしておきます。

いちばん最初に訪ねた秋田駒ヶ岳の麓にある、駒ケ岳温泉での出来事。
b0299869_21185749.jpg
本当は、乳頭温泉の老舗「鶴の湯 本陣」に泊まりたかったteneteneでした。

しかしながら、半年前でも予約はいっぱい!
しかも本陣は、普通の予約方法では取れないことを知って、断念したのです。

せめて日帰りで…と考えていたのですが、以前、乳頭温泉のとある温泉宿で、ただでさえも激混みなのに、団体観光客が温泉浴室にドカドカと入ってきて、お湯に浸かるでもなく、湯を浴びる人たちを、登山着のまま見物するという…そんな失礼な出来事があったので、見物された方としては堪らなく、トラウマになっていたのです。

想像してみてください。
かたや全裸で、かたや登山姿のご婦人集団。
比率で行ったら4:6ほど。
次から次へと入れ替わり立ち代り見に来るのです。

まるで見世物のようになる不快感。

いい温泉は、静かな空間で、のんびり浸かりたいもの。
宿泊であれば、外来客がいなくなる時間帯に入れることができるけど、日帰りとなると二の舞になることも否めません。
b0299869_21171061.jpg
そんな訳で、乳頭温泉はやめにして、同じ源泉の駒ケ岳温泉に変更したのです。

その判断は大正解!

静かな空間に、流れるせせらぎ、木の香りと硫黄の温泉臭。

これこそ、teneteneの求める温泉!と、そりゃもう満足。


ところがそれも束の間。
年配のご婦人方が5名ほど、やってきて、流し場を占領し、大きな声で会話を始めたのです。

「いいお湯だね」
「いいねぇ、昨日の鶴の湯とは全然違うね」
「違う違う!」
「もう、鶴の湯はうるさかったもん!」
「もうさ、あんな関西弁で、集団で、ベラベラ喋られたら、うるさくってしょうがない」
「んだんだ、なんか落ち着かなかったよね〜」
「ここはいいね〜」
「そうだ!今度からここにしよう!」
「んだんだ、ここは、静かでいいね〜」

そのまま会話は延々と続く…。

会話を聞かなくて済むならそうしたい。

確かに、ご婦人以外は静かだよね〜。
「あの〜、西日本からの帰省なんですけど〜」と、言っていいものなら言いたい。

勿論、このご婦人方の気持ちも理解できる。
東北の人は人見知りだし。
でもね、知らない土地の人だからといって、イメージだけでそんなに言わないで…と言うか、あなた方が「うるさいっ!」。

「されて嫌だったことを、やっていることに気づいてませんよね〜〜〜〜っ!」

と、急にイライラ。

せっかくのお湯なのに。

いかんいかん!と、内湯がうるさい時は露天風呂へ、露天風呂がうるさい時は内湯へと策を練り、気分を切り替えました。
そんなこんなで仕切り直して、持ち直しました。

そうやって浸かれば、やっぱり最高の「お湯」なのです。
本当に、夢にまでみたお湯。

そして、ここからが事件なのです。
(実は、ここまでが前置きでした;汗)

考えてみれば、この温泉、今までちゃんと写真におさめたことがありませんでした。
せっかくなのだから、今回はちゃんと写真を撮るぞ!と、そう‘お頭’に宣言し、撮影時間を確保。

車中に残したスマホを取りに向かい、teneteneは凍りつきました。
「スーツケースに鍵が架けられている!」

だから何?ですよね(苦笑)。

実は、そのスーツケースにはスマホと、スーツケースの鍵が入ったバックが入っているのです。
つまり、鍵をスーツケースの中に入れて、錠前の施錠をしてしまったのです!

え〜〜〜〜〜〜〜!

何と!旅は始まったばかりなのに。
「乳頭温泉の車上荒らし注意!」と言う張り紙を気にするあまり、やっちまった〜〜〜!

「どうしよう、どうしよう!」と、アワアワする隣で‘お頭’が、「〇〇で、番線カッターを買えばいいんじゃない」と、クールにアドバイス。
〇〇は、この温泉界隈にあるホームセンターなのです。
(北東北のホームセンターは、ほぼ‘お頭’の頭の中にインプットされています;笑)。

旅行に来てまで、ホームセンター。
b0299869_21174101.jpg
我が家をご存知の方なら、毎週末にホームセンターにいかない日はない!ということは、お分かりでしょう。

旅行中くらい、ホームセンターに行かないで過ごしたいという願望虚しく、勝手知ったるホームセンターへ直行。
b0299869_21164673.jpg
勝手知ったる店内で、番線カッターを購入し、スマホを無事に取り出すことに成功しました。

こんな重いモノ。
持って帰らないといけないなんて…。

しかも、鍵はあっさりと切れて「こんな鍵じゃ車上荒らし対策になりもしない。」ということも、ますます悲しくさせました。

結局、駒ケ岳温泉の写真を戻って撮る気にもなれず、心地よい温泉後の、何だかなぁ〜な、思い出が残ったのでした。


おばちゃん達がうるさいとか、そんなことはもはやどうでもよく、自分のマヌケさにどよ〜んと、してしまいました。
そして結局、ホームセンターに助けられた訳なのです(笑)。

そうそう余談ですが、番線カッターは、teneteneが責任を持って帰りました。
空港のX線検査で、はっきりと写っていたみたいで、事情を伝えた係の人が微笑んで見ていました。

思い返す度に、とほほ…なのです。






[PR]
by tene-tene | 2017-10-11 22:07 | 出かける

お里帰り「秋田〜岩手の旅 2017」ダイジェスト


更新が途絶えていましたが、元気です。

約2年ぶりに帰郷していました。
b0299869_21045672.jpg
今回のテーマは「温泉」と「無性に食べたくなる味」と「ストレスフリーのドライブ」と「水」と「空気」を堪能する!でした。

温暖な桃の国での生活は、もはや北国での生活より長くなっているのですが、縁(ゆかり)のあるところって、時間に関係なく恋しくなるんですよね。
温泉然り、味付け然り、交通マナー然り…。

そういう意味で、今回は「これこれコレ!」づくしで幸せいっぱいだったのです。
b0299869_21050459.jpg
ちょっとしたエピソードは後日アップするとして、まずはダイジェストで写真とコメントだけお届けします。

ルート|伊丹空港→秋田空港 花巻空港→伊丹空港
♪温泉|駒ケ岳温泉→玉川温泉→大深温泉→後生掛温泉→滝の上温泉→国見温泉→台温泉→山ノ神温泉
♪食事|ピリッとした割り下の十割蕎麦、だんご汁、きりたんぽ鍋、冷麺、生ビール、焼き鳥、ももどり伝説の鳥ラーメン、まつぼっくりのアイス、あじまんのつぶあんおやき、マルカンデパート大食堂のカツカレーとコーヒーゼリ♪

お天気|雨→チョット晴れ・濃霧に雨→雨のち晴れ→曇りのち晴れ

それでは、ページが重くならない程度に、写真のダイジェストなのです。
b0299869_21051726.jpg
秋田では、秋田犬のポスターが至るところに!tenetenは冬の雪をかぶったバージョンが好きでした。
b0299869_21053492.jpg
蕎麦は、そば五郎。
お水が美味しいから蕎麦もうまい!そして割り下も辛め!うん、最高。
b0299869_21055019.jpg
田沢湖は、いつ見ても神秘的。
b0299869_21060337.jpg
一泊。
久しぶりの玉川温泉はピリピリしみた。。ブランクを感じました。

‘お頭’が言うには「カレーでいうならベリーホット(激辛!)」なんだそうだ(爆)。
b0299869_21061557.jpg
b0299869_21064078.jpg
b0299869_21065277.jpg
b0299869_21071037.jpg
八幡平は、紅葉が見頃。
b0299869_21072356.jpg
我が家の1・2を争う温泉はやっぱり「大深温泉」なのかも。
b0299869_21074282.jpg
後生掛温泉は、記憶よりも小さかった。
記憶って、変化するのかな?
b0299869_21080087.jpg
岩手山の裾野。
この裾野が大好き。
b0299869_21081856.jpg
冷麺と言えば盛楼閣。
ここで、‘お頭’が「酸っぱい食べ物」が実は苦手だったことを思い出したみたい(苦笑)。
結局、カクテキは、teneteneがひとりで食べました(笑)。
b0299869_21084877.jpg
b0299869_21540970.jpg
7月の豪雨で、滝ノ上温泉の改築は延期になったか、見送りになった模様。
思った以上に、秋田も岩手もダメージを受けていました。
b0299869_21085826.jpg
まつぼっくりの栗アイスで、心を鎮めて、国見温泉へ。
b0299869_22121088.jpg
b0299869_21092539.jpg
太めの麺と、澄んだスープ。
コシのある麺と澄んだスープは、桃の国では食べられません。
b0299869_21095024.jpg
雨のなか、お墓参りをしたら、止んで虹が出ていました。
b0299869_21101058.jpg
b0299869_21103936.jpg
b0299869_21111056.jpg
b0299869_21112364.jpg
ず〜っと食べたかった「あじまん」のつぶあんおやき。冬限定なのです。
b0299869_21115425.jpg
b0299869_21124737.jpg
b0299869_21131315.jpg
b0299869_21132928.jpg
この神社は、ゴールデンレトリーバーのレオナルドが大好きな神社で、ここに来ると、レオがいるような気がします。
b0299869_21135526.jpg
マルカンは、やっぱり最高!
もちろん、完食!
b0299869_21142460.jpg
イギリス海岸はやっぱり外せません。
b0299869_21145156.jpg
空港では、大好きなダブルFさん二人が見送りに来てくれました。
懐かしくて、嬉しくて、言葉が出なかった。
b0299869_21143672.jpg
b0299869_21150297.jpg
古墳が見えます。
b0299869_21151318.jpg
到着。

空港で、Fさんに手土産をいただきました。
もうすぐ誕生日なので、誕生日に開けようと思います。

かなり割愛しましたが、今回は、あと1日、もう少し、ちょっと帰りたくないなぁ…と、思う帰郷でした。
濃厚な温泉の香りが体から今も染み出て、今週いっぱいは余韻に浸ってしまいそうです。

とは言え、お仕事も頑張らないといけないので、気持ちを引き締めて1週間、また頑張ろうと思います。

やっぱり大好き!東北。






[PR]
by tene-tene | 2017-10-02 22:14 | 出かける

ブルー


海まで歩いて7分の我が家ですが、地形のせいか、海に近い感じが全くしないのです。
住んでいる我が家から見える景色が山だらけなのだから、そりゃそうですよね(笑)。

久しぶりに、‘お頭’の「気まぐれドライブモード」にスイッチが入ったようなので、teneteneは助手席でニコニコ。
b0299869_10535962.jpg
このあたりの海が一望できる山までエッコラ!
b0299869_10541033.jpg
この山に登るのは実に4年ぶり。
でも、4年前と何ら変わらないのが、良いところでもあり、しょっちゅうドライブに来ない理由でもあります(苦笑)。
b0299869_10532553.jpg
この辺りには、牡蠣の養殖で有名な港町が点在しています。
b0299869_10533733.jpg
牡蠣筏(カキイカダ)はすっかりおなじみの風景になりましたが、初めて見た時は新鮮で、観光客気分でした。
あの頃が懐かしい。
b0299869_10542177.jpg
こちらは、先ほどの山頂から見た海辺。
日が短くなってきたかな?
b0299869_10543686.jpg
b0299869_10551739.jpg
b0299869_10550200.jpg
お盆中のせいか、釣り人すらいない!

この帆立の貝殻を筏につけて、養殖します。
b0299869_10544715.jpg
そろそろ秋の気配。

朝夕の風が涼しく、
海の青が濃くなってきました。

あ〜、そろそろ夏休みも終わりだぁ〜。




[PR]
by tene-tene | 2017-08-15 11:18 | 出かける | Comments(0)
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite