天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

元気です♪


マメマメしくブログをアップしていると、更新がなくて心配する方もいらっしゃる?かと思いますが、相変わらず、ふたりとも元気にやっております。

先週より、teneteneも社会復帰をいたしまして(苦笑)
スピード恐怖症にも関わらず、毎日、時速80キロで50分ほどの道のりを通勤しております。
そりゃもう、手は冷たいなんてもんじゃございませんわよ(爆)あ〜、情けない。

仕事探しは、‘お頭’が「焦らなくていいよ」と、言ってくれたので、のんびり待ちました…。

お陰で良縁に恵まれ、早くもハマっているみたいです。
寝不足と体力不足が今後の課題になるか…といったところ。
文武両道…この重要性をこの歳になって感じるこのごろ、teneteneに足りないものです。

それにしても、‘お頭’ともども、糧があって良かった、良かった。
b0299869_162062.jpg
今日は不定期のお休み♪

朝から気持ちがよいのです。

会社に入って、いきなり忙しく、今日は何もする気になれず…。
なるべく午前中に用件を済ませて、午後は昼寝でも!と、思うけれど、なかなかそうはいかないのです。
ポストにプロバイダさんの口座引き落としの手続き書類は入っているし、郵便屋さんは年賀状の販売セールスに来るし、家の中にアシナガバチは出るし…。

「しゃーない、昼寝は諦めよう…」

そう思い、ぽかぽかのお部屋で、しばしの間、ぼーっと外を眺め、やっぱり我が家は最高だなぁ…と、しみじみ。それだけでも、充分幸せな気分に浸れるのです。

そんなこんなで書類を投函し、帰路につくと、ご近所さんと目が合って、ニンジンをいただきました。
b0299869_16133818.jpg
芽が出て、間引いた分の葉っぱです。

新鮮で柔らかそう。
ゴマ和えにも、天ぷらにも、おすすめなのだとか。
ありがたいなぁ。

さすがに田舎なので「仕事いっとるん?」と、皆さん、わかっていらっしゃる。
まぁ、不在でもここは『ご近所さんの目』というセキュリティーがあるから安全です(笑)
「ここは、皆のんびりしとるから」「いい人ばっかだから」という言葉をよく聞く通り、ホント近すぎず、離れすぎずの心地よいスタンス。

どんなに忙しくても、ここに戻ればのんびり。

ところで、キッチンでいただいたニンジンの下ごしらえをしていると、teneteneの「何かがいる」アンテナが立ちました。

ふっと見ると!窓の外に。
b0299869_16224883.jpg
一瞬ネズミかと思ったのですが、様子が違う(爆)
b0299869_16235885.jpg
そう、モグラです。

なぜ、U字溝のナカにいるのかは謎ですが、水を飲んでいました。
(ってか、陽に当たると死んじゃうんじゃなかったっけ?)

畑をやっている人にとっては害虫ですが、見ていると殺す気にはなれず…。
そのまま見過ごしました。
どうやって上にのぼったのかは定かではありませんが、写真を撮ったあと、部屋に戻った時にはいなくなっていました。

やっぱり田舎だ。

さてさて、アップしたい写真が山のようにありますが(‘お頭’の進捗も含めて)未だMacのデータの移動中につき、いましばらくお待ちください。
写真1枚が1Mとか3Mで、それが200枚近くなると、今後のことも含め、かなり整理しないといけませんね。

ふ〜む。。。。
[PR]
by tene-tene | 2013-10-30 16:53 | できごと

農村


昨日のブログをアップしたあとに‘お頭’から
「最後まで失敗談やな。次は頼むで!」とのメッセージが入りまして(苦笑)

はいっ、次はちゃんと気を引き締めてやります!よ。
後ろ向きはやっぱりいけませんね。


ところで我が家は農村、田舎なのですが、それを何で感じるかと言ったら、それはやはり『生きもの』に尽きるのです。
b0299869_19192835.jpg
ちなみに、北国で初めて狸を見た時には感動しましたが、狸って、実はどこにでもいるんですね(笑)
こちらでも度々見かけるので、全国共通なんですね。

北国ではクマに一番感動しましたが、こちらにはクマがいない代わりに、イノシシやらバンビやらがいるらしく、先日、ご近所さんに「イノシシ食いますか?」と、聞かれた時には、その直球的会話のワイルドさに、食べたいけれども何と返して良いものか戸惑い「いえ、いえ、そんな、勿体無い」と、咄嗟に断ってしまったのです。
あ〜っ、食べたかったイノシシ。
やっぱり「食います!」って、言うべきだったんだろうか???

他にも、朝食を食べていたら、裏の雑木林にイタチが6匹いたこともあったっけ…。
それから、一度、仮寝室で寝ようと電気を消したら、何故かコウモリがいたこともあったなぁ。

やっぱり田舎なんだな。

ところで、イタチも、コウモリも家にとっては害になってしまうけれど、我が家で、一匹だけ生きていても許される虫がいるのですが、今回はそのコのお話し。

虫が嫌いな人は、ここから先へは進まないでくださいね。

<続きを読む>
[PR]
by tene-tene | 2013-10-26 12:00 | 生きもの

tenetene、駄目職人になる。の巻き


最近‘お頭’に「ねぇ、ランチパック君♪」とか「はんぺんさん♪」などと(苦笑)呼ばれているtenetene。
その度に、屈辱的な?(爆)気分になるのです。

なぜ、そのように呼ばれて、屈辱的な気分になるかというと…。
b0299869_1195052.jpg
う、、、、、、ん。

わかりますか?このリモコンの横の空間にかすかに出来た凹凸…(恥)。

これが、『ランチパック』(もしくは『はんぺん』)に見えるらしいんです。
こんなの…ホントはアップしないでスルーしたいところなんですが(汗)


遡ること数週間前。
b0299869_1114382.jpg
‘お頭’がダイニングの『コの字壁』にカウンターを取り付ける為に、『コの字壁』を作業場へ下げたのです。
その時に出て来たのがこの見たことのないコンセント〜〜〜〜っ!!!
(壁も汚れてるぅ〜〜〜っ)

‘お頭’は塗装に関し、すっごく厳しく、妥協を許さない人。
でも一方で、綺麗に仕上げた壁に穴をあけたりするのも平気なんです。
まるで油絵を描くように、変更して、変更して、調整しながら良いものを作り上げて行くタイプなんです。(今回はその跡を放置してますが…。)

teneteneは逆、はじめからゴールに向ってきちっと計画を立てて、一発で決めたい書道タイプ。
それには、やり直しや変更の文字はないのです!(苦笑)

しかも、壁に出来た穴には敏感で、害虫の通り道になったりするのが嫌!
とにかく穴だけば塞ぎたい恐怖症だから、利便性で穴を開けたりするのはOKだけど放置はNG。

そこで、お風呂用リモコンの移動で出来た壁のリペアと一緒に綺麗にすることにしたのです。
b0299869_11292994.jpg
このリモコンも、図面上と使用感が違ったので、迷わず移動したもの。

「あんなに頑張って塗ったのに、傷をつけるの?」と、思っても、快適な方がいいに決まっている。
自分の性格的なことさえ覗けば、正しいと思うし、渋々ではありますが、重い腰を上げました。
b0299869_11325380.jpg
↑まず、穴の部分に寒冷紗を貼って、粗めのパテをシゴキます↓
b0299869_11342932.jpg
少し広めに塗らないと、いけないのですが、このパテにヤスリをかける時に出る粉が嫌で、リモコン側のクリアランスはギリギリにしてしまいました。これが、今回の失敗の原因。
b0299869_11371490.jpg
粉が舞わないようにそっとヤスリをかけます。
家具が入る前ならば、遠慮なくサンダーをかけますが、もう食器もあるし、綺麗にした壁の上に粉が落ちるのはちょっと避けたいところ。
ねっ、結構粉が落ちるでしょ?

ヤスリをかけて馴らしたら、2回目の細かい粘り気のあるパテを…。
b0299869_11401537.jpg
ちなみに、コンセントが作業しにくい場所にあるため、やりにくいのです。家電類が沢山あるので「動かすのもなぁ」ってことで、この隙間に手を入れて作業します。

率直に言えば、手直しには向かない性格なんです。(キッパリ!;笑)

ふたたびヤスリをかけます。
b0299869_11422615.jpg
この時に、ちょっと段差に気付いてはいたのですが、‘お頭’が仕事で居ないこともあり…(爆)
小さく囲い過ぎたマスキングを広げ、わざわざ養生をやり直すなんて手間を省いてしまったのです。

「だって、家具を置いたら隠れる場所じゃない♪」

そういう、何だろうな…完璧に仕上げた壁に一度傷がつくと、もういいやって気になるんですかね?
どこか、頑張り過ぎたくない気持ちになるんですよね。

はは…teneteneグダグダVer.。

そして塗装。
b0299869_1205248.jpg
これもね、本当は、狭いところを塗るので、ローラーを一度別の板に馴らしてから塗った方が俄然綺麗!
b0299869_1221411.jpg
でもね、端折ってしまったんです。

そんなこんなで完成!
b0299869_1233773.jpg
このとき、夕陽の柔らかい光が乱反射する時間帯だった為に、凹凸には気付いていなかったのです。

せいぜい「ペンキが粗いね」位の感想かと思っていたのですが、ふふっ、バレバレでした。

カウンターを仮置きした間仕切り壁が元に戻され、目立たなくなりましたが、後味悪い。
b0299869_1291436.jpg
塗装屋さんに就職してもすぐクビになるタイプ?

性格ってやっぱり出るなぁ…。
b0299869_12101210.jpg
パレットナイフやペインティングナイフが使えるからって、塗装が出来るとは限らないのでした。

*写真は気合いが入っている時のteneteneの塗装部。
[PR]
by tene-tene | 2013-10-25 12:21 | できごと

お手入れしましょう♪


‘お頭’が作業中、teneteneは自分にもできそうなものを見つけてはちょこまかと…。


この日は‘お頭’が長年愛用している天童木工の椅子のお手入れ。
b0299869_2128464.jpg
この椅子、‘お頭’が独身時代に井の頭線のとある街に住んでいた時に、偶然リサイクルショップで見つけたものだそうです。
まだteneteneと出会う前の話し。

‘お頭’との会話に、この街の話しが時々出て来るのですが、実は同じ頃、teneteneも駅の反対側に住んでおりまして(苦笑)
だから、このコがどこの、どんな店で、恐らく価値のわからない店主が破格の値段をつけて売っていて、それを見つけた‘お頭’が、それはもう、ウヒョウヒョで購入した。
…というところまで、わかってしまうのです。

その街のレアネタ合戦や、「スーパーは大丸ピーコック派か?サミット派か?」や「たいやき屋」〜「とうふ屋」などのグルメネタから、住んでいないとわからない、ちょっとした路地の話し、吉祥寺の「TOO」の話しから「図書館」の話しなど。
そうそう、井の頭公園で事件もありましたね…。何を話しても通じるところが面白い。

行動範囲が一緒というか?(‘お頭’の方がレア系だけど)どこかで会っていても不思議はないけど、会っていないところがまた面白いのです。


そんな、若かりし頃の‘お頭’が大切にしていた椅子が、北国へ行ってから置き場所が確保出来ず、玄関の荷物置きに格下げになってしまったことが、ちょっと切なくて、桃の国では大切にしてあげようと思ったわけです。
b0299869_2141053.jpg
※お手入れ前

ふ〜〜〜ん、カサカサだね。

さっ、オイルを塗りますよ!
b0299869_2141562.jpg
なんだろ、自分の手なんですが、『オトコ化』が一段と進んだように感じます。

やっぱり、色々手を酷使するから逞しくなるのかな?

あっ、脱線、いけませんね。
b0299869_21424896.jpg
オイルは‘お頭’推薦のレモンオイルを使用。

以前、ギター用のレモンオイルを使用したら、部屋中オジサン臭くなって大変でしたが、今回の画材屋さんで購入したレモンオイルはほぼ無臭!

あっ、ウィング部分の塗る前と塗った後を比べて見ましょう。
b0299869_21462012.jpg
はいっ、つやつや。

カラカラに、パサパサに乾燥していた為、どんなに塗ってもどんどんオイルを吸い込んでいきます。
こんなに長いこと放置してごめんよ。

全体を塗ったところ。
b0299869_21483353.jpg
30分程このまま、今回は長めに、1時間近く馴染ませます。

1時間後
b0299869_21492894.jpg
余分なオイルを拭き取って終了。

たったこれだけの手間ですが、これを長く怠ってしまったが為にボロボロになったこのコ。
これからは定期的にお手入れしてあげようと思ったteneteneなのでした。
b0299869_21521651.jpg
これからもよろしくね。
[PR]
by tene-tene | 2013-10-23 21:57 | できごと

‘お頭’のフライパン


アップしたいネタは沢山ありますが、もはやteneteneのmacの容量がギリギリで、このままだといつ落ちても不思議はないので、只今データ整理の真っ最中。

正直、自分のmacだとそんなに画質の違いがわからない。
だから画素数がこれ以上、あがらなくても充分だとすら思うこの頃なのです。

そんな中、懐かしい写真を発見♪
b0299869_20502753.jpg
むかしむかしの‘お頭’のフライパン。

実は、tenetene、いまでこそ平気で料理写真なんぞアップしていますが、‘お頭’に出会うまでお料理は苦手。
自分でも美味しいと思わなかったし、褒められたことも記憶にあまりありません。

でも、独身時代の‘お頭’の部屋にあったこのフライパンを使ったら、あら不思議!
わかるんです。
味の組み立てが何故かイメージできるのです。

これは本当に不思議…。

別に高級品でも、何でもないのですが、しいて言えば‘お頭’にとって『カタチ』にこだわりがあったぐらい(笑)ほんとうに普通のフライパンなんです。

ですがこの時に何かが降りて来て、自分でも美味しいと思う料理が作れたことは大きく、今思えば、‘お頭’と結婚したいな…と思うことの理由のひとつでもあったのです。

この時を境にお料理が俄然楽しくなったtenetene。

過去の写真を見ても随分沢山の写真と思い出があります。

こんなゴージャスな料理を作っていたのかぁ…と、セレブ的な(苦笑)ものから、相変わらずエスニック(写真は十八番のケフタ)なものまで…。
料理の写真って、その時の風景や感情まで甦るから不思議。

ときどきブログに食ネタが載るのは、そういった背景にある記憶も残しておきたいから。

その、使えなくなってからも、大切にお守りみたいに残してきたフライパンですが、こちらへ引っ越して来る時に卒業することにしました。

カタチはなくても、何かが降りて来た時の、あの感覚は、自分のなかにずっと残っていますから。


ほんとうに、魔法があるのなら、このフライパンは魔法のフライパンだったのかも…(笑)
[PR]
by tene-tene | 2013-10-22 21:14 | 食べる

やる気


大量の鉄筋。
b0299869_21103633.jpg
大量のバラスと砂。
b0299869_21112620.jpg
もうこれだけで‘お頭’のやる気が伝わって来る体育の日の3連休。

朝食のお皿を洗い終え、窓越しに様子をうかがうと、既にアクションが。
b0299869_2114346.jpg
この3連休の目標。
それは、西側用水路面のコンクリート打ちなのです。

とは言え、家族サービスも忘れない‘お頭’…。(笑)
1日目、2日目は半日。3日目は終日というスケジュール。

1日目はまずは整地。
b0299869_21181816.jpg
地中に残っている配管の撤去。

こういう時に、思わず変なモノが出て来る我が家。
過去にも前持ち主の『どんだけ牡蠣が好きなんじゃ!』と突っ込みたくなるほど(笑)大量の牡蠣の殻がでてきましたが、今回は『こんな馬鹿でかいサザエは見た事無いわ!どんだけグルメなんじゃ!』と、突っ込みたくなるような巨大サザエが出て参りました(爆)。

※ちなみに、試しで百均で購入した金ノコギリで鉄の配管を切ろうとしたら、次々に歯が折れて、もう二度と安物は買わないと心に決めた‘お頭’なのでした。
b0299869_21234997.jpg
有言実行の我が家?

早速、1日目の午後はジムへ行ってきました。
ちょっと思っていたのと違う施設で、テンション下がりまくりでしたが、それでも運動はいいな…と、実感した次第。

2日目。
b0299869_21261064.jpg
朝食のお皿を洗っている頃にも、既に丸ノコの音が作業場から聞こえてきたと思ったら…。
洗濯を干し終わる時間には既に型枠が出来上がっていた次第。

‘お頭’なんか早くないですか?

お昼前にはサンダーで鉄筋カット。
b0299869_21294064.jpg
凄い火花ですが、ゴーグルを付けない‘お頭’〜〜〜〜っ。
恐いですから、ゴーグル付けて下さい〜っ。失明しますよ!

ここで午後から休暇に入ります。
b0299869_21312341.jpg
ちょっとtenetene運転で出かけたいところがあったのです。
ひとりでは恐いので、一緒に来てもらいました。

帰りは海辺の町から小豆島を眺めたりして♪
お天気が良かったな…。

このとき、「連休最終日はフルで作業をしたいなぁ」という‘お頭’の言葉を受け、3日目はがっつり作業デーとすることになりました。
すっごいやる気を感じます。

そのやる気の表れでしょうか?
b0299869_21305754.jpg
朝食のお皿を洗い終える頃にはコンクリート練り1回目が終わっていました。

それから、もの凄い勢いでミキオ爺さんが稼働します。
b0299869_21383416.jpg
こんなに乱れることは滅多にありません。
記念に荒れ具合を納めておきましょう(苦笑)

そして…。
b0299869_21395738.jpg
陽が傾く頃には目標の型枠内全てにコンクリートが埋められました。

せっかくの夕陽の室内も、見てもらう余裕がなく。
b0299869_21405069.jpg
*いつの間にか、カウンターテーブルが出来ています。

‘お頭’〜っ、ビールと枝豆♪準備できましたよ。
b0299869_2143119.jpg
実は、先日のブログの至福の一杯はこの時のものでした。
いただいた枝豆と一緒に…ほんと、美味しかったです。
充実の笑顔と、顔にモルタルが飛びまくっていた訳がわかるでしょ?

‘お頭’曰く「ちょっと乾燥が早くて綺麗にいかなかった」らしいのです。
b0299869_21483428.jpg
乾いてみないとわからないけど、重労働、お疲れさまです。


セメント作業はここで終わりではないのです。
まだまだ…これからが大変なのです。
[PR]
by tene-tene | 2013-10-21 22:00 | 家づくり

青・橙・緑の‘お頭’


彼岸花が咲く横で、今日は青の‘お頭’。
b0299869_13105097.jpg
まだ暑いこの時期、裏の雑木林には蜂が多く、作業は午前か日没となっています。
b0299869_13125299.jpg
『また撮ってるの?』←‘お頭’ココロの声。
ええ、ええ、だって記録係ですから(苦笑:網戸越し)

今日の作業は前回固定した御影石(花崗岩)の目地作業。
b0299869_13143124.jpg
粗めのモルタルを盛ったところをきれいに均します。
b0299869_13162911.jpg
そのままでは食いつきませんから、水で濡らし、ついでに汚れも取り去ります。
b0299869_13165374.jpg
こんな感じ?
このあと、もう少し綺麗にしてたと思います。

半分程できたところでお昼です。
b0299869_1318413.jpg
我が家は、ど田舎ですが、車で一時間のところに県庁所在地があり、不便はないです。
幅広く何でも揃うのがいいです♪
以前住んでいた北国では、寒い時期が長いので、いつでも快適温度の屋内型のショッピングモール、イオンに人が集中し、我が家も漏れなく、イオンにあるモノが生活を形成するモノになっていました。
でも何でしょう、お世話になったけれど、画一化された世界には疑問があったなぁ…。
(*弘前や十和田の街だけは雪深くても個性的なお店がポツポツありました)

今住んでいる桃の国では、温暖な気候もあり、沢山の表通りや裏通り、筋が発達し、街巡りで個性的なお店を探す楽しみがあります。
やはり街巡りは我が家に欠かせない楽しみ。

一方で矛盾することも。
こちらでイオンへ行くと、同じ規格なせいか、妙に懐かしかったり?北国にいるような錯覚を憶え、思わずホッとする瞬間があるのです。(爆)

まぁ、そんなこんなで、ついつい寄り道してしまい、この日、午後の作業はおやすみ。

*夜は夜でDVD、ムーンライズキングダムで、盛り上がりました。
TSUTAYAもポスト投函で返却出来るから田舎暮らしでも返す手間が省け、便利になりました。
そして、大好きなんですよね…ウェスアンダーソン。
ライフアクアティックも、ダージリンも…テネンバウムズも…etc.大好きなオヤジがチャーミングなんですもの。


さて、翌日は橙の‘お頭’。
b0299869_13312857.jpg
作業の続きです。
b0299869_1332292.jpg
集中してます。

ぱっと見た感じはあまり変化は感じませんが、しっかり、綺麗に目地は仕上がりました。
b0299869_13342734.jpg
夜はteneteneの実家より梅干しが届いたので、イワシの梅肉と紫蘇巻きのポワレ。
化学調味料の入っていない梅干しを探すのが困難な昨今、手作りの梅干しは貴重です。
カルシウムを補って、怪我の少ない身体にしないと!

翌週…。
b0299869_13372596.jpg
あいにくの雨なのです。

雨が降って生暖かいと出て来る沢ガニ…。
ここに住むようになって驚いたのが、沢ガニの多さ!
梅雨時期は土間のあちこちに沢ガニがいて、本当に驚いたものです。
とにかく、すばしっこい!
少しの隙間でも入ってくる逞しさ〜。これを嫌がったら、田舎生活は続けられないのです。
興味を持って楽しむしかないのですが、まぁ…沢ガニは食べられなくなってしまいました。

雨の日でも‘お頭’にはやることが盛りだくさん。
b0299869_13531340.jpg
緑の‘お頭’。

ダイニングキッチン間仕切り壁、置き家具の仕上げ作業が先延ばしだったのです。
b0299869_13541354.jpg
とりあえず、御影石は2段積み上げる予定ですが、うち、1段は積んである(多少の雨が降っても保険が出来た)ので、家具系の仕上げ作業に入りました。
b0299869_1356489.jpg
ビス穴にパテをしたり、ヤスリをかけたり…。

作る事は全般に楽しいですが、家具類を作っている時の‘お頭’は、こと楽しそうに見えます。
作業場もあるし、北国に比べて冬は温暖だから、年中作り放題♪良かった良かった(笑)

次の休みは外か内か…お天気次第かな?
b0299869_1435253.jpg
外ならば、家の周りをコンクリート打ち。

沢ガニも居心地悪くなるんじゃないかしら?


つづく
[PR]
by tene-tene | 2013-10-18 14:32 | 家づくり

筋肉勝負


お隣の敷地で何やら物色中の‘お頭’…。
b0299869_1338586.jpg
不法侵入…?

いえいえ、お隣さんにちゃんと許可をいただいています。

実は、裏の用水路が溢れ出た時を想定して、ブロックを積み上げる事にしたのですが、そんな矢先に、遠方に住むお隣さんがいらっしゃいまして、先日の大雨の話しから、所有地にころがっている御影石のスティック(約150㎜角、L=900〜1800㎜前後)を使用して良いとのお言葉をいただいたのです。

もともとコンクリートブロックはなんとなく違うな〜と、思っていた‘お頭’は、それはそれは大喜び!
その日の夕方、早速御影石の物色…と、相成りました(笑)
b0299869_13481346.jpg
‘お頭’:『おっ、いいな♪』

ええ、ええ、心の声が聞こえるようです。

当初は一緒に御影石を運ぼうとしたteneteneですが、どういう訳か、力自慢だったのに、ちっとも持てず???
えっ、何で?これこそ筋力が衰える『老化』ってヤツ?
そう言えば、ジムで同じ負荷でも重いなぁ…と、感じるようになったような?
桃の国に来てからジムに行っていないし、そろそろ行かないと、これ以上落ちたら困るのです。

そんなわけで、家から応援(網戸越し)

ある時は転がして…。
b0299869_1353558.jpg
ある時は手持ちで…。

‘お頭’って昔はこんなに力持ちじゃなかったような気がします。
同じにジムに行ってもこの差は何?なんだか凄い。
b0299869_13543774.jpg
「ドーーーーーーン!!」

御影石って、ガラス質だったり、質量があるもので構成されていると思うと、腰椎とか、頸椎とか、そんな風に持って大丈夫かハラハラしてしまうのですが、今のところ大丈夫な様子。

嬉しくって、力が沸くとはこういうこと?
b0299869_13565136.jpg
1、2、3、4、5、6、7、8本!!ひゃ〜っ、、、。

そんなわけで、とりあえず並べてみたところで終了。
この後も並びを調整していた細かい‘お頭’。

翌週は台風24号一過の良い天気!
b0299869_1434197.jpg
朝からガンガン進む‘お頭’。
b0299869_1433928.jpg
高さ調整の為、若干砂を多めにするそうです。
b0299869_14515100.jpg
天然の石だけに大きさもマチマチ、なかなか大変なようです。
*‘お頭’ユニクロのタグ見えてますけど、シャツ裏返しですよ〜。まっ、いいけどね(笑)
b0299869_1464023.jpg
モルタルを盛って…御影石を乗せる。
b0299869_1482372.jpg
それでそのまま位置を合わせればいいじゃない?と、思いきや。
b0299869_149429.jpg
あんなに重いものをまた外してモルタル調整。

これを延々繰り返し、水平を出していきます。
自分ならこれでいいやって妥協するところですが‘お頭’はしないんですね。
凄いな…。
b0299869_14104661.jpg
逆方向、下から見たところ。
(もちろん、ひととおり揃ったら目地作業もやります)
b0299869_14114092.jpg
道のりは遠いな。

ここで休憩♪
休まないと、身体が痛くなっちゃいますから。
b0299869_14122694.jpg
9月上旬の桃の国はまだ稲穂が垂れず、緑の波が気持ち良く揺れています。
東北とはまた違う風景は新鮮。

さてさて、お出掛け後は『ピンポン』?『ドアフォン』?の設置。
b0299869_14161959.jpg
宅急便の方やご近所さんが来訪を告げるのに困っていらっしゃるので、これは優先順位、上位だったのです。
ハンディータイプなので、家のどこに居てもOK♪
悩み解消〜。

そして…。
b0299869_14182012.jpg
夕食後も作業を続ける‘お頭’。
仕事前にどうしてもキリの良いところまでやってしまいたいのだそう。

え〜〜〜っ、身体は大丈夫なの?

翌日。
b0299869_1420395.jpg
出来上がりを確認して仕事へ出る‘お頭’の表情はかなり満足気(笑)

手前がちょっと歪んで見えますが、もともとが大きく歪んでいるのを知っているteneteneは、よくここまで揃えられるものだと感動です。
すごい集中力だったものね…。

肉体労働、お疲れさまです!
まだまだ続きますが、事故のないように。

*幸い、9月は祭日があって良かったのです。10月は週休2日だし、ガンバロ〜!
(teneteneは応援担当)


続きはまた明日。
[PR]
by tene-tene | 2013-10-17 14:39 | 家づくり

ありがとうの食卓


体育の日の3連休ナカ日、‘お頭’の作業の合間をぬってちょっと出かける事に。
b0299869_11493486.jpg

玄関先で‘お頭’を待ちながら、セロームの‘hotine’の成長を眺めていると、あぜ道の向こう側から近所の仲良し中年男子?5人組が、今日も仲良く楽しそうにやってきて、挨拶すると「食べますか?」と、枝豆を掲げるので「いただきます♪」と、有難くいただくことにしました。

自分と同い年くらいの中年5人組は小さな頃からいっつも一緒なんだろうな…。
田舎では理想の友人関係。見ていて楽しくなる。
b0299869_1117215.jpg
ずっしりと重い枝豆は、とりあえず土間に置いて出かけることにしました。
天気も良いし、枝豆とビールには最高の日♪帰ってきたらいただこうかな〜。

さて、用件も済んで再び家に戻ると電話が鳴り、佐川急便さんからで、届け物を預かっているが家が分からないという。

聞けばすぐ近くにいると言うので外に出てみると、少し離れたところで佐川のお兄さんがキョロキョロしているのを発見!
大きく手を振って「こっち!こっち!」と、挨拶したところ、偶然通りかかった車に勘違いされ、車に乗った親子2人に、笑顔で大きく手を振り返されました…。

正直、相手が誰かわからないのですが、ふたりとも笑顔だったので良しとします。

よく、手を振ると間違われるtenetene。
先日も、インドカレーを食べに行って、メニューが決まったので厨房に手を振ると、挨拶されたと勘違いしたインド人にニコニコとうなずきながら笑顔で手を振り返されたり…。

なんでしょうね…。
わたしはそんなに笑顔なんでしょうかね?と、思うくらい相手が笑顔の事が多いです。

あっ、話しが逸れました。

佐川さんが運んで来たのは岩手のお米。
b0299869_11322733.jpg
F家からの贈り物でした。

全く知らせれていなかったteneteneは感動〜〜〜〜っ。
ちょっと涙が出る嬉しさです。
岩手と言えば『水』、水がむちゃくちゃきれいです。
その澄んだ水で作られたお米ですから、美味くないわけがないっ!
あんなにきれいな空気と水のある環境に住んでいたのは、貴重な経験です。
Fさんありがとう。

さてさて、夕暮れに枝豆の用意ができたところで…。
b0299869_1202552.jpg
モルタル作業中の‘お頭’へ声がけ〜。
*作業の内容は次回♪

b0299869_1137277.jpg
‘お頭’のビールタイム♪いい笑顔です(笑)

*‘お頭’ってばパンツ一丁なので、ちょっと加工しました。

枝豆は虫がいっぱいいたから無農薬ですね。
b0299869_11395940.jpg
摘むのは虫嫌いには大変な作業だけど、この野性味!最高なのです。

…と、そこで。

「おい!」

「おい!」

と、外から声が。

ガラッと窓を開けると、東隣のおじいちゃんが手にいっぱいの枝豆を持ってこちらを見ていました。

「食べるか?」

…一瞬どうしようかと思いつつ、ぷっくり膨らんだ枝豆につられついつい「いただきます」と、言ってしまい、中年男子5人組に貰った約3倍もの枝豆を手渡されました。
b0299869_1144130.jpg
ずっ…しり(汗)

これってデジャヴュ?

その日はそのままにし、翌日、茹でて保存用と夕食用にわけました。
b0299869_1145721.jpg
何と、ザルに山盛り2杯分!
b0299869_114637.jpg
保存用は鞘から出してジップロックへ。

味が濃くてこれまた最高なのです。
くぅ〜〜〜〜っ!うまいっ。

そして…。
b0299869_11472171.jpg
『岩手のお米』

艶っ艶っ!!

今年は猛暑で甘みが足りないかも…とのコトでしたが、いえいえ!
噛めば噛む程、甘味がじんわり〜。
‘お頭’はめずらしくおかわりしていました。

贅沢だなぁ…。
[PR]
by tene-tene | 2013-10-16 12:07 | 食べる

手がふるえ、声がふるえ…


台風26号が接近してきている最中に、紛らわしいネタをアップしますが、内容は先月のもので、現在このような状況ではないことを予めご承知おきください。

それは、とりあえずの改装工事がひと段落した9月の上旬のこと。
‘お頭’は既に社会復帰し、家にひとりだった雨のある日。

各地で竜巻や洪水など起きているなか、桃の国でもそれは同様のことが起きていたのです。
b0299869_11112891.jpg
とは言え、はじめに書いておきますが、寸でのところで難を逃れています。
でも、でも、恐かった〜〜〜っ。

なんせ、我が家が床下浸水の危機にさらされたのですから。

我が家の西側と東側には水路があり、東は農業用水や生活排水など、西は農業用水が流れています。
東の水路は幅、深さともに2mほど?西側は一般的なU字溝があるだけで、普段、深さ2〜3㎝程度の水が流れています。
b0299869_11183270.jpg
*写真は西側の断面図

海に近いこともあり、扇状地を伝って下がって来る雨水も、比較的早く海へ流れ出るので滅多に水が溜まることはありません。
しかし、ここ最近の豪雨で、U字溝を越えてしまうことが数回ありました。
(越えると言えっても3㎝程度で治まりますが)

まぁ…、我が家の基礎まで到達するには、それなりの高さがあるわけで、まさか、ここまで水量が増すとは思ったこともなく、その日もいつも通りに‘お頭’を見送り、家の作業をしていました。

ところが…。
b0299869_11243989.jpg
『なみっ、なみっ』

いつもと様子が違う…。
いつになく、水位が上昇を続けています。

雨は一向に止む気配がありません。

もしやと思い、潮位を確認すると、ゲゲっ『満潮』!!!!

そうなんです、大潮の満潮時は潮位が上がり過ぎて水が海に逃げていきません(泣)
そればかりか、海水が逆に上ってくることもあるのだそうです。

恐る恐る、東側の水路を見ると。
b0299869_11273678.jpg
赤い看板のあたり、道路側へ水が溢れ出て来ています。
目の前の水路もあと10㎝?5㎝?で溢れ出る勢い。

ええ、ええ、こうなるとパニックですよ。

家の中をオロオロ、‘お頭’に進捗写真をメールしたり、出入り口扉に壁を立て、引っ越し屋さんにいただいた毛布をあてて、大きなキャリーで内側から押さえつけて…。
いつもは重くて動かすこともできないキャリーも動かし…。
土間に直接置いてる工具類を高い場所へ移動し…ハラハラハラハラ。

脈が異様に早くなる中、浸水しても落ち込まないように、心の準備をはじめたり(苦笑)。
自然に敵わないことは震災で体験済みですから…。

せっかく床下にゼオライトを敷き詰めたのに、泥水に浸かると効果が無くなるなぁ…とか、汲取りのモノとか流れて来るのかなぁ…とか、どうやって掃除するのかな…とか…。

ひと通り、悪い想像をしたあとは、もう開き直るしかなく、裏の水路もいよいよ5〜10㎝となった頃には、2階の階段から東側近所のおじいちゃんと喋る余裕も(爆)
b0299869_11544189.jpg
「土嚢とかあるんですかねぇ」と、聞けば、「あんたんとこは大丈夫じゃ、ウチは一回も土嚢なんて使ったことないわ」「浸かっても翌日には保健所が消毒しに来るが…」と、余裕?慣れてる?
「こっちはしょっちゅう浸かるが、あんたんとこは大丈夫じゃ」と、言われても、やっぱり恐い。
「まぁ、でもこんなんは滅多にない」らしいからなぁ…。
b0299869_11594168.jpg
でも、おじいちゃんの言う通り、土嚢を用意するまでもなく、潮が引くのと同時に雨が弱まり出し、みるみるうちに水位が下がっていったのです。
b0299869_120367.jpg
‘お頭’に安心してもらおうと、メールを送り、ガクガク震えながら扉に立て掛けた板をよけ、ひと通り、もとの状態に戻したところで、冷たくなった手に血が通い出し、自分のパニクり具合が可笑しく思え、ひとり、笑ってしまいました。

あ〜っ、何事もなくて良かった。

そんな訳で、2階の作業にも取りかかりたいところですが、災害対策として、外回り工事を始めることになった我が家。
b0299869_1245782.jpg
工務店の‘匠’にコンクリートミキサーを借り、年季の入ったミキサーの『ミキオ爺さん』にひとつ頑張ってもらうことになりました!

只今、我が家は外工事中。
蜂は少なくなったものの、まだまだヤブ蚊がいっぱい〜〜〜。

力仕事は全く駄目なtenetene‘お頭’手伝えなくてごめんなさい!


*異常気象は沢山なのです…台風26号の被害が出ませんように。
[PR]
by tene-tene | 2013-10-15 12:28 | できごと
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite