天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大工の秋


暑い夏もひと段落し、大工な季節がやってまいりました。
b0299869_2011371.jpg
未来の我々の個々の部屋に、工事用ほこり除けの仮扉がつきました。

この仮扉の位置は、G.W.の時に悩んだところ。

結局、ウォークインクローゼットは痛めない事にしました。
少しだけ部屋が広くなったってところでしょうか。
b0299869_2021433.jpg
以前、解説で使ったレイアウト画像ですが、部屋は黄色い塗りつぶし部分で、赤いラインまで天井を抜いて…。
1帖程のスペースは下がり天井となります。
『?』部分は壁は抜きませんが、上部にロフトができます。

で、どこまで進んだかですが。
b0299869_20241152.jpg
進んだというか、戻っています(笑)
b0299869_2025053.jpg
ひと夏を過ごして、やはりスタイロ1枚じゃ到底無理なことを思い知りましまして…。
「グラスウールを入れようよ!」と、思ったら、グラスウールをこの天高のこの傾斜面にぎっしり入れるのは、かなり大変!となり、結局もう1枚、スタイロを入れる事になったのです。
※グラスウールも、ロックウールも自重で沈むというのも気になるところでした。

作業は、一度止めたビスを抜きながら打ち直すという細かなもの。


そうそう、最近ではフェノールフォームなど、薄くても高い断熱性能を持つ素材も続々登場していますが、まだ一般人には手に入らないのです。
(35ミリで熱伝導率が0.019w/m・K…我が家は50ミリで0.028w/m・K…う〜ん。ちなみにグラスウールは85ミリで0.050…)
会社からセルロースファイバーの吹き込みマシーンを借りることは出来るので、良い話しではありますが、社員だとしても安くはしてくれない(泣)ので、こりゃ無理だわ〜〜〜と…。

いやいや、ちゃんと空気の通り道も確保してるし、断熱材の合わせ目もずらして気密性を高めたのだから少しは違うと思うよ。
隙間には発砲ウレタンも吹き付けて充填しているしね。
b0299869_20392830.jpg
見た目恐いけど、ぶにょぶにょなところは、発砲ウレタンです。

そして、地道に
b0299869_20401526.jpg
埋木です。

壁や長押を取ったところには柱に穴が空いてしまうので、ここをきちんと埋めます。
見た目も強度も大事です。

この作業、結構時間がかかります。
b0299869_20425640.jpg
梁の小さな穴もきちんと埋めて…。

‘お頭’の作業を見ながら、そうだった、今のリビングもこういう細かい作業が大変だった…と、懐かしく思うのです。
喉もとを過ぎると、忘れてしまうものです。
b0299869_2043462.jpg
そんな感じで、涼しくなった大工の季節、まだまだ作業は続くのです。

そうそう、このままこの扉が仮じゃなくなるのでは?と、不安があったのですが…
b0299869_2045455.jpg
‘お頭’も、teneteneも身長があるので、ちょっと低い昔サイズの扉はさすがに厳しい様子。

ホッとしています。

大工作業が動き出すと、やっぱりワクワクするのです。
[PR]
by tene-tene | 2014-09-29 21:00 | 家づくり

秋祭り


焼きそばとフランクフルトを焼けばいいのかと思いきや!
b0299869_15261564.jpg
おいなりさんを握ったり、お煮染めをよそったり、おにぎりを握ったり…。
6年に一度とはいえ大変です。

みんな優しいので気が楽ですが…。
でも、この弁当セットを80に、お稲荷セットを3個入り100パック作りましたからね、疲れた〜。

ただいま自宅で休憩中。

4:30から9:00まで、いよいよメインイベントの盆踊り(teneteneは『やきそば&フランク』;汗)
聞けば皆さん、明日は会社をお休みだとか…。

だよね。


10月にあと1回、これで今年の祭りは最後〜なのです。
[PR]
by tene-tene | 2014-09-23 15:38 | 食べる

百面相


勝手にタマ子と命名したにゃんこは、相思相愛のお隣のおじいさん家のにゃんこだということが判明。
そして、名前も実はタマだったことも判明。
(おじいさんがデレデレで呼ぶのが聞こえてしまったのです)
b0299869_20495515.jpg
飼い主がいることで少しほっとしたような。

タ「はっ!」
b0299869_2051527.jpg
ぴしっ。

タ「なんじゃい」
b0299869_20514394.jpg
ぐぐぐっ

タ「じゃけ、何か用かいって聞いとるが!」
b0299869_20524166.jpg
タ「うわっ、もう〜っ、
無視かいな〜腹立つ〜」

そう思っているかわかりませんが、おじいさんの愛猫じゃ、追い払えません。


まっ、できれば我が家近辺のネズミなんかを食べていただけるとありがたいかな(苦笑)
見た事はないけれど、ひとつ、よろしく。
[PR]
by tene-tene | 2014-09-22 21:03 | 生きもの

脱力


何かをしようなんて気持ちを奪い去るような「青空」
b0299869_20384763.jpg
豪雨続きの8月に比べ、9月は心地よい青空な日が多いです。
b0299869_2040471.jpg
やっとこさ寒暖差も大きくなって来たので、今年のフルーツ類は、後半戦も楽しめそうです。
b0299869_2041196.jpg
ご近所のおじさんに、大きなベニアズマをいただきました。

ずっしり。

ニンジンの葉は、野菜が手に入りにくい昨今、非常に貴重なビタミン源。
ママさんは、ニンジンの葉のかき揚げが大好きなんだとか。
ほろ苦くて良いかも。

しあわせ…。


でも、強いて言うなら、ここの生活で足りないものと言えば、やっぱり『温泉』でしょうか。
『源泉掛け流し』いいなぁ。

それから、芸術もちょっと足りない。


村祭りが終わったら、どこかお出掛けしたいのです。


ところで、来週の今頃tenteneは、焼きそばとフランクフルトを焼きまくっている予定(爆)

スイッチはまだオフです。
[PR]
by tene-tene | 2014-09-16 21:02 | できごと

遅かったじゃないの


疲れたとか連呼しすぎて、やや反省モードのtenetene。

今日はお天気が良いこともあり、はりきって朝から家の掃除の鬼になっております。
(只今休憩中です)
b0299869_115851.jpg
本物の山鳩のデーデーも、今日は朝から絶好調♪

ところで、ワシワシと掃除機をかけながら、しっかりした蜘蛛の糸に何度かひっかかり…。

そう言えば、今年は大きなアシダカグモを見掛けないけど、もしやこれは大人サイズのアシダカグモ(=我が家では『弥太郎」と読んでいる)の糸?と、あちこち探すも姿が見えず。

ここだけ?の話し。バルサンを初夏に購入したものの、どこかにいるであろう『弥太郎』が死んだら…!と、使わずに今年の夏を終えようとしている我が家。

今年は、嫌〜っなゴキを3匹も見掛け、もう見たくないなぁ…と。
(もの凄い豪雨の日という、共通点があります。避難してきたのかな?)
その害虫を食べてくれるアシダカグモの『弥太郎』をず〜〜っと心待ちにしていたのです。

でも、いない!

いそうな場所を探しても居ない。

で、もはや忘れて、ペットボトルや発砲スチロールのトレーなんかを整理しようと流しの下に手を伸ばしたら…。
b0299869_12164511.jpg
「うわ〜〜〜〜!」いた!!!

思わず「ぎゃぁ〜〜〜〜っ」と、叫んだぐらい、ガサゴソ感がゴキと似ていてパニクりました(汗)

いつも『弥太郎』は不意を襲うので困るけど、コヤツ自体がビビリなので、叫んだあとは、思わず笑みがこぼれるのです。
(凄ーーーーく「ゼーゼー」しているのが全身から出ているので)
b0299869_12202361.jpg
大きさは大御所クラスより少し小さめ、色も少し薄めなので、これからもっと成長すると思われます。

待っていたよ『弥太郎』。

でも、お願いだから驚かさないで。
それでもって、しっかり任務を遂行してくださいよ〜(笑)


さっ、teneteneも午後の仕事しよ。

※我が家のダイニングにはまだ巾木がついておりません(汗)
[PR]
by tene-tene | 2014-09-10 12:29 | 生きもの

貴重な休日


日曜日は貴重な安息日。

今年は、地区のお祭り当番で、9月は全ての日曜日と祝日と時々土曜日にお祭りの仕込みやら、草刈りやら、集会やら、朝からみっちり予定が入っているのです。

疲れていなければ全く問題はないけれど、日々仕事に追われ、疲れている我が家。

大好きな地域だし、大好きなひと達ですが、週休二日ではない我が家はもうクタクタ…。
休みたいのに休めないなんてどういうこと?

特に‘お頭’は日曜出勤もあったり、朝早く〜夜も遅くまで仕事で、少しは休んで貰いたいところなのに、名簿には二人の名前がしっかり書き記され、「クタクタなんです。休ませてください!」と、泣きながら、訴えたいくらいに自由な時間が欲しい。

でもそんなこと言えない。

そんな疲れた日曜日。
b0299869_20422855.jpg
エスケープというものを、生まれてはじめて真剣にやってしまいました(冷;汗)

言えないからと逃げるのはかなり子どもじみている。

しかし、罪悪感というものに苛まれるもので、ちっとも気が休まらない。
それどころか、気になってとっても疲れる〜〜〜。

出ても苦しく、逃げても苦しく、まだ参加する方が気分的には安らかなのかも。と、いう結論に至り…。
こんな歳になって、エスケープしても、本質からは逃れられないという事を学びました。


来週は参加するしかないのです…(溜息)
[PR]
by tene-tene | 2014-09-08 21:05 | 食べる

いいね


きょうは仕事といってもイベントのお手伝いだったので、少し気楽な一日。
b0299869_20484123.jpg
ちびっ子の木工教室をしながら、同時に調理実験も!

太陽でお料理が出来るソーラークッカーなんて、やる前からワクワクでした。
b0299869_20494387.jpg
ちなみに、少しでも曇っていると調理は難しく、本日の天気予報『曇り』に当初諦めモード。

ところが、太陽が出ていたので、試しに水を張ると、20分ほどでぷつぷつと♪

で、太陽が出ているうちに…。
b0299869_20521266.jpg
ホットケーキなのです!

ココまでで約1時間。
いい感じではないですか?

しかし、天気はやや曇り…。

そしてそのままず〜〜〜っと曇り…。

そんな訳で、時間切れとなり、結局文明の力を借りて、仕上げることになってしまいました(泣)

あ〜っ、残念。
まぁ、仕方ありません。

でも、楽しいです。

調べたところによると、ソーラーオーブンというものもあり、パウンドケーキ3本が同時に焼けるのだとか♪(それって、普通のオーブンより凄い!※晴れていれば)

お値段はそれなりにしますが、ちょこっと気になる調理器具なのでした。
b0299869_2056241.jpg
太陽待ちですることがなかったので、余った木の切れ端で、鳩サブレーみたいなデーデーを作ってみました。
b0299869_20585066.jpg
ちびっ子に、「ゆらゆら動くよ〜」と、教えてもらいました。

テキトーで、全く何も考えていませんでしたが「ロッキング」しています。

材料が足りなくて尻尾が短いですが、デーデー(山鳩)ぽくて気に入っています。
[PR]
by tene-tene | 2014-09-06 21:12 | できごと

何をしに行ったんだっけ?


以前、眼科で両目の視力がそれぞれ1.5だったと書いたのですが、実は先日の会社の健康診断で右0.9左0.7というあれれ〜〜〜っ?な結果に!
b0299869_1621848.jpg
確かに、20代で1.5から視力が落ち、右0.7左0.5の乱視からの40代後半で1.5というのも変な話しなのですが、こんなに数値が変動するのも何か基準が違うのではないかと…。

ただ分るのは最近「眼が疲れる」ということ。

首の後ろがパンパンで熱を持ち、目の奥が痛く、ロキソニンテープやモーラステープを貼らずに寝ると頭痛が一日中続くということ。
光りが眩しく、暗いところでは極端に「見えなくなっているな〜」と、感じるということ。

ブログを書く気力がないということ。
メールする気分になれないこと。

そんな訳で、眼科へ。
(季節的にもブタクサアレルギーの季節ですものね。)


視力検査や、老眼の疑いもあるため、ピンと調節検査も。

確かに、今回は1.5ではなく、右1.2、左0.9と、見えなくなっていました。
ただし、眼鏡を使えば1.5は見えているようでした。

気になる角膜の方も異常は全く見られず。

先生からすれば逆に「ピント調整はもの凄く良い!」らしく…。
驚いたtenetene は舞い上がってしまい、先生の「日本人のレベルからも大きく外れてこれは…いいですね」とか「もしかすると、生涯老眼にならないかも知れない」などの言葉に、すっかり眼精疲労の話しをするのを忘れてしまいました(爆)

病は気からと言いますが、診察が終わったあと、何となく見えるような気がして(苦笑)

「まっ、いいか。」と思いつつ、いやっ、この後頭部のハリが解消されないのなら何のために行ったのかわからないと、思いながらも、診療費を払う典型的な日本人ぽいtenetene。
アレルギーの薬はちゃんといただきましたよ♪

ところで、日本人のレベルから大きく外れると、どこの国のレベルになるのでしょう?
ブッシュマンとか、そういう系?

それも気になります。
[PR]
by tene-tene | 2014-09-03 16:28 | できごと

町おこし


NHKの地方局のご当地ネタですが、
我が家のある地域で、ここ数年前から『いちじく』で町おこしをする動きがあるのだそうな。

確かに、くだもの王国ですから、土壌は栽培に適しているし、天候もばっちり!
b0299869_205681.jpg
しかしっ、我が家でいちじくを食べるのはteneteneだけで、今イチ盛り上がりに欠けるのです。
でもこの季節になるとやはり食べたくなる旬のフルーツ。

先日、ご近所のおじさんに教えて貰い、近くのいちじく農家さんにおすそ分けをいただきました。
b0299869_212728.jpg
写真はおまけで貰った、少し痛みかけのドーフィン。

つぶらな瞳のおばあちゃんが丹誠込めて作っています。

「今年は太陽が出てないから甘味が足りないかも」と、遠慮気味ですが、いやいや、ほのかに甘くて美味♪
そりゃ、太陽に当たればもっと美味しくなるのかも知れませんが、おばあちゃんが大切に育てている優しいお味が、何とも幸せな気分。

生ハムかなぁ…とか、ペコリーノ(ロマーノじゃなくて、フィレンツェの方)かなぁ…とか、はじめは合わせ技を考えていましたが、このまま食べるのが美味しいようで、早くもteneteneの胃のなかに2つも…。

足がはやいですからね、とは、言い訳です(苦笑)
残りはあと3つ♪楽しみなのです。
[PR]
by tene-tene | 2014-09-02 21:11 | 食べる
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite