天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

シンプル


お鍋を見ながら、ひとりニヤニヤ。
b0299869_2059234.jpg
ガスコンロがやっと設置されて嬉しくてつい…。

teneteneは単純なのです。

今夜はハタハタ(小さくて子持ちじゃないけど)を見つけたので、しょっつる鍋(風)。
b0299869_2132453.jpg
しょっつるがないので、本当はしょっつる鍋ではないけれど、気分だけなつかしい東北の味。
白だしだから近いといえば近いけど、遠いと言えば遠い(笑)。

でもここは瀬戸内!春菊ではなくて菜の花を投入!
b0299869_2151128.jpg
実はクレソンもいいなぁと思っていたのですが、お魚と菜の花は相性抜群だし、迷った挙句菜の花を採用♪

大根やにんじんの甘味と、菜の花の甘味とほろ苦さがさりげなくて美味しかった…。
はたはたもホロホロしてました。

そう言えば、先週もお魚と菜の花でした。
b0299869_2171771.jpg
この辺りでは「げた」と呼ばれるヒラメと菜の花をオリーブオイルとアイコ(プチトマト)で蒸し煮に…。

ほろ苦くて春の味なのです。
この季節の瀬戸内のお野菜は甘くて最高!
b0299869_2192482.jpg
キッチンもきれいになって、久しぶりにお料理が楽しいと思う単純なteneteneなのでした。

ふふっ…。
[PR]
by tene-tene | 2016-02-28 21:17 | 食べる

何年越し?


「ただいま〜」と、キッチンに入ると…。
b0299869_21193824.jpg
ふふっ、、、、

念願のビルトインコンロが♪
b0299869_21202158.jpg
やっとこさ設置されましたっ。

うっ、、、、うれしい。

購入したのが増税前だから、えっ?もう何年箱に入っていたのだろう。

昨夜はいよいよ取り付け前夜ということで、箱から出してウッキウキ!
b0299869_21222462.jpg
ピカピカです。

余りにもテンションが高くて、お弁当の前日仕込み分の卵焼きを作るとき、思わず卵が生卵の入ったカップに落ちてしまったのですが、いつもは悲鳴ものですが、笑える笑える(苦笑)。
b0299869_21252736.jpg
teneteneが嬉しいと‘お頭’も嬉しいようで、異様なテンションなのでした。

これまでキッチンカウンターの上にガステーブルを乗せて使用していたので調理するのが大変だったのです。

何故早く交換しなかったのかというと、色々ありますが、リフォームをした時に、たまたま我が家を担当したガス屋の職人が「テキトーな人」だった為、もうこの人には頼みたくない!というのがありました。

元請けの工務店さんはとても良い方だったし、水道工事の職人さんは最高にいい仕事をしてくれたし人柄も温和で真面目で良かった。
システムバスを組み上げたメーカーさんもかなりきっちりしていて、しびれるほどプロフェッショナルな仕事人。
でも何故かガス屋さんだけが「ヤバいくらいテキトー」だったのです。

たとえば、お風呂のリモコンを設置する時に、信じられない事に家の外に配線し、いきなり壁に穴を開ける。とか、その配線のつなぎ目が、雨ざらしの屋外にあり、カバーもされていなかった。しかもつなぎ目はキャップではなくて今どきビニールテープだったとか、ペンキで白く塗り立ての室内を屋外で土のついた手で触る。などなど。

思い出しただけでがっかりする数々のテキトーさ。

なかでも‘お頭’を一番憤慨させたのはガスの配線。
b0299869_21415680.jpg
壁から出してくれと依頼したのに、「普通は床の配線ですよ」と言って床から出してしまうという…。
我が家のキッチンカウンターの下はオープン。ゆえに床の配線は見苦しいことこの上ない。

今回、管を長くして上まであげてもらい、配管が目立たないように工夫してもらいましたが、これまでは元栓が床にあったのです!

壁を剥がしていたので、壁に埋込む事は大したことではなかったのにまったく!!(苦笑)

建築士さんの‘匠’に頼んで別の会社を紹介して貰おうとしたのですが、色々つながりがあるので難しいらしく、お世話になった‘匠’に悪くて他ルートで探すのを躊躇していたのです。
ガンとして‘お頭’は「あの職人だけは駄目だ」というし、そうこうしているうちに数年経過してしまったのです。

でもね、当時は最新版のコンロも、もはや型落ちするほど時間が経っているし、悲しいよね…。

そんなわけで、別のガス会社の職人さんにお願いし、配線しなおしてもらいました。
(これで少し安全面でもほっとできます)
もはや壁の内側に配管を通すことは出来ませんが、以前よりはしっかりしていると思います。

これでよかったのです。

ところで、コンロは付きましたが、キッチンカウンターの幕板はまだ付いていません(笑)。
b0299869_21571928.jpg
綺麗な木目パネルが見つかるまでは、しばらくこのままになりそうです。

ちょっと斬新かな…。

何はともあれ、数年越しのコンロ問題も一件落着なのでした。
[PR]
by tene-tene | 2016-02-26 22:05 | 家づくり

予想外


我が家の家づくりは、‘お頭’が程よく忙しい事もあり、休日のちょっとした空き時間を使ってじわじわと進行中。
b0299869_15391592.jpg
今日もパテパテ。

2回目のパテは下半分がほぼ終了。
b0299869_15405461.jpg
頭から上半分がこれから。

高所作業は見守る方としてはいつもどきどきさせられます。
ゆっくりでいい、焦らなくていい、怪我だけはしないようにと思います。

ところで、家づくりが好きな我が家ですが、自分の家以外を見たりするのも勿論好き。

近所で何かやっていると何ができるのか気になってドキドキワクワクします。

ある日、いつも買い物へ行く裏道に1軒の高床式無垢材の家が出来たのを発見しました。
b0299869_15463384.jpg
茶室にしては小さく、倉庫にしては立派で、お堂かな…?鳩の小屋かな?と、通るたびに気になっていました。

ある日、イノシシ除けに使う柵が付き、ニワトリ?かな?と、思った矢先、軒下に一匹の可愛いワンコを発見したのです♪(大ウケ)
b0299869_1551972.jpg
屋根がガルバリウムのこの立派なお家の主は何とも白くて可愛いワンコだったとは!

ワンコ好きの我が家は大盛り上がり♪

愛想も良く、人懐っこい白いワンコは、飼い主さんにむちゃくちゃ可愛がられている様子で、飼い主さんも気が気でない様子(笑:うん、可愛い)。
我が家はなるべく邪魔をしないように通り過ぎますが、色々構う人もいるようで、ついには看板まで登場。
b0299869_15552189.jpg
「食べ物をやるな!」「猛犬注意 さわるな危険!!」

しかし、誰が見ても「猛犬」に見えないところにご主人様の苦悩が垣間みれるのですが、古い民家が密集している地域に、こんな新品のお家は良くも悪くも目立ってしまうのです。

私たちのようなワンコ好きは沢山いるので、飼い主さんの心配は尽きないだろうな…。

遠くから大人しく見るのでそのくらいは許してくれると嬉しいのだけれど…。


それにしても、犬小屋だったとは…久しぶりに難解な建築物だったのです。
ほんとに茶室かと思いました、そのくらい、建具も立派です。

〜ふむ。
[PR]
by tene-tene | 2016-02-21 16:24 | 家づくり

どこにいるのか?


今朝、テラコッタ鉢を軒下から軒外に移動する途中、落としてしまいました;泣。
b0299869_16111662.jpg
霜が降りるこの季節は、鉢植えオリーブを霜から守る為に、朝になると移動して陽に当て、夕方になると軒下に移動することを自分に課していました。

ちなみに自分で言うのも何ですがteneteneは女性のなかでも「力持ち」な方だと思います。
この植木鉢も重くて落とした訳ではないのです。

では何故?!落としたかというと、数年前に痛めた左手の親指が原因なのですが、今年のお正月、さらに痛めてしまい、悪化して腱が腫れて手首の神経を圧迫しているために引き起こされる痛みによって「突然」手が開いて動かなくなってしまうようになったからなのです。

それがいつも「突然」起こるので、予想できず、こんな事になってしまった訳なのです。
b0299869_16243513.jpg
この向きで持っていたから、左側から落ちてるでしょ?

もう何年も左手親指が不自由な生活をしているのですが、つき合い方を学んで、不自由なりに生活していたのに、以前よりもひどくなった事がショックで許せなくて、鉢を落とした時は、子どものように‘お頭’の元に泣きに戻るくらい悲しかったのです。

しかもこのテラコッタの鉢は‘お頭’が独身時代に購入した大切な思い出の宝物。
ふたりにとっても付加価値がプライスレスでした。

もう、いよいよ泣きそうになった時に、この惨事を見た‘お頭’が、ゲラゲラゲラ♪と笑い「記念にこの惨事を写真に残しときなよ」と言い、休眠中のイケアの植木鉢を持って来てくれ、割れたテラコッタの破片を集めながら「なぁ〜んだ、これなら元のカタチに戻せるよ」「復元して記念にて飾っておくよ」と、お母さんのように気を使ってくれるので、ここで泣く訳にもいかず必死に堪えましたが、本当に自分の手か?と思うほど情けなかったのです。
b0299869_16404269.jpg
ここでふと思い出すのは今年のおみくじ。

病(やまい)の項目が「医者を捜せ、治る」だったのです。

数年前に通った病院では、疾病名をうやむやにされ、時間とお金を捨てるような「治る実感のない治療」を続ける事が馬鹿らしくなり、途中で止めてしまったのです。
しかしその後、ネットで色々調べるうちに、同じきっかけで発症し、全く同じ症状の人が手術によって回復する一部始終をブログで見て、希望の光りを見出していたところなのでした。

大きなキズは残るけど、やっぱりまだ数十年は生きるし、直さないといけないな…。
今回のことで決心がつきました。

しかし、肝心の繊細な手術ができるお医者様がどこにいるのか…悩ましいのです。

いるといいな。
b0299869_16565746.jpg
オリーブは速やかに処置を施し、どうにか新しい環境でスタート。
(土を入れ過ぎました;汗)
鉢を新調しようかと思ったのですが、キャスターの付いているこの鉢の方が持たなくて移動できるからいいと言う‘お頭’のアドバイスに従うことにしました。

早く病院に行った方がいいよ。と常々言っていた‘お頭’は、程なくパテ作業に↓戻っていきました。
b0299869_1733654.jpg
鉢を割ったのに色々と気遣って面倒までみてくれて、神対応ってこういう事なんだろうな。

ありがとう。

手もテラコッタの鉢も直そう…。
[PR]
by tene-tene | 2016-02-20 17:22 | できごと

荒れ模様


昨夜は雷に雹に強風と、かなりの荒れ模様。一夜明けると空気が生暖かく、冬とは思えない…。
すごいな…今日は暖房がいらない。(北東北も10度越えてるようですね。あったかくていいですね)

で、昨夜の雨で我が家の車はピッカピカ♪(笑)
b0299869_2144442.jpg
この辺りではパラパラ雨しか降らないので、汚れる事はあれど、雨でピカピカは珍しいのです。

ところで、わがやのミモザの「ミモやん」、こんなに春めいてしまったら開花してしまうのでは?
b0299869_211306.jpg
そう思って黄色くなった蕾をよくよく観察!

すると、、、
b0299869_21142488.jpg
ポコポコと1コ2コ…わ〜ん、5コもポコポコが!!

花は正直ですからね。
あったかい冬だってことです。

でも、3月に咲いて欲しかったなぁ。

そんな暖かい陽気に誘われて、久しぶりにカレー以外のランチ(イタリアン)へ。
味がどうのはさておいて、なかなか気分が変わって良かったのです。

明日からはまた寒くなる模様、気を引き締めていきましょう!
[PR]
by tene-tene | 2016-02-14 21:40 | できごと

さらっとメモメモ


特にストーリーがあるわけでも何でもないけれど、2月前半にあったことをメモしておきたいと思います。

<2月の日曜日>

‘お頭’がキッチンに立って何かを洗っていました。
b0299869_2048329.jpg
見るとガスコンロのゴトクの汚れを綺麗に落としてくれていました。
b0299869_20495470.jpg
見て見ないフリをしつつ、ちょっと嬉しかったです。

そう言えば、増税前に購入したビルトインコンロは未だに設置されていません。
訳あって、どのガス屋さんに工事してもらうか…というところで止まっているのですが、もういい加減に設置しないとな…と、思っています。


<インフルエンザ>

会社では、インフルエンザの予防接種を福利厚生で行っているのですが(teneteneはしていません)予防接種をしたのにも関わらず、インフルエンザに感染してしまった人が出てしまい、ドキドキしていたら、上司がこんなものを持って来ました(笑)
b0299869_2055317.jpg
何でもノロウィルスが出た時に保健所が持って来て消毒するのと同じものなんだそうですが、何故か会社にあります。

この機械で消毒薬を室内に散布します。
(微量の塩素の臭いがします)
b0299869_2057353.jpg
新社屋に移ったばかりで段ボールが未だに出ている写真でお見苦しいのですが、粉霧された感じが見えるかしら?
この消毒が効いたのか、感染者は出ていません。

こんな機械がある会社ってつくづく変わっていると思います。

変わっていると言えば、会社で恵方巻が配布されました。
b0299869_20593429.jpg
ちょっとしたバブルなのでしょうか?
(クリスマスにもプレゼントがあったし)

バブル…ちょっと恐いです。


<サロン・ド・お頭>

襟足の髪が伸びるのが早くてすぐにバランスが崩れるので‘お頭’にカットをお願いしました。
b0299869_213347.jpg
↑写真は[家の工事用の養生テープ]を利用して、ケープを隙間無く止める為に、下地貼りのように直接首に巻いてみたところです。
(人もリフォームと同じ考え方;汗)
b0299869_21402568.jpg
この上に[土間工事用の防水シート]をケープ代わりに巻いてカットをお願いしました(苦笑)

これなら毛が入らないと思ったけれど、養生テープとは言え、結構皮膚が呼吸できなくて苦しかったです(汗)

きちんと対策した後、作業場で心おきなくバリカンでカットしてもらいました。

で、仕上がり↓
b0299869_219089.jpg
素人にしてはお上手♪

自分で自分の髪の毛を切っている‘お頭’。さすがなのです!


<おさんぽ>

「たまには屋外で気分転換を」

何故かそんな星占いに目が止まり、ちょこっと隣町の海浜公園へお出掛け。
b0299869_21115439.jpg
あまり占いは気にしないけれど、たまたま‘お頭’の星座とteneteneの星座で書いてある事が同じだったのです。

そうよね、たまにはいつもと違う行動パターンを取るって重要。
b0299869_21134845.jpg
祝日の公園は暖かかったこともあり、家族連れで賑わっていました。
b0299869_21145038.jpg
teneteneもアスレチック系公園で子どものようにはしゃいでしまいました。

ひとつ、心残りの遊具もありましたけどね↓(笑)

張られたワイヤーに、ロープの付いた滑車にぶら下がって高所から低所に移動する遊具ってありますよね?あれを見て「やりたい!」と思ったものの、子どもに混じって並ぶのも大人げないので遠慮していたんです。
ところが、誰も並んでいない滑車の遊具を発見してしまい!!

ニマニマしながらロープをスタート地点まで引き戻しながら「よし!」とやる気満々でいたら、スタート台に女の子がスクと立ちはだかり、そのロープをちょうだいとばかりに手を差し出して来たのです。
「そうだよね〜、普通そうだよね〜」と、公園の係員のように、精一杯微笑みながらロープを引き渡しました(苦笑)

‘お頭’に「係の人と間違われてる」とクックと吹き出されてしまいました。

あ〜〜っ、やりたかったな。
b0299869_21261025.jpg
↑この舟みたいなジャングルジム内にあったんですよね。

やっぱり子どもの遊具ですよね。


<太陽>

そんな2月前半。
b0299869_21274031.jpg
陽射しがいよいよ春めいてきました。

3月には瀬戸内芸術祭も始まるし、楽しい季節がもうそこまで来ていると思うと嬉しくなります。

もう少しなのです♪
[PR]
by tene-tene | 2016-02-11 21:42 | できごと

ヌー


ピラカンサスの赤い実がすっかり無くなり、鳥たちの姿もめっきり減った我が家なのです。
b0299869_16502048.jpg
冬でもにぎやかで楽しかったのに、見た目も耳も寂しい寂しい。

あとこの時期観察できる野生は「ヌー」ことヌートリアくらい。

でもちょっと複雑なのです。

何故なら、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律では指定第一次指定種とウィキペディアにはある、何というか…駆除対称の生きものだからです。

可愛いんですけどね、素直に可愛いと書けない↑事情↑があるのです。

でも「ヌー」そのものはおっとりしていて平和そのもの。

困ったことに憎めない。
b0299869_1705918.jpg
カピパラとどこが違うの?と思うほど、カピパラに似ています。
決定的に違うのはネズミらしい長い尻尾があること。
それとオレンジ色の歯。
b0299869_1734660.jpg
時々見掛けるけれど、とても鈍感で私たちが近寄って30秒くらい経ってから気付く事が多いので笑えしまう可愛いつっこみポイントが魅力。

今日も買い物帰りに見掛けました。
b0299869_17111222.jpg
草をハムハムしていて、牧歌的。

共存する方法はないものかと、考えてしまうのでした。
[PR]
by tene-tene | 2016-02-07 17:18 | 生きもの

休日はポワソニエ


さてボルシチでも作りますか!と、ワインを飲みながらキッチンに立つと、電話が鳴りまして…。
b0299869_20591687.jpg
なんとなく‘お頭’の‘お頭’だな…と思ったらやはり隣の漢‘お頭’からでした。

「魚はいりますか?」と、言葉少なで淡々として声がやさしいのが隣の‘お頭’の特徴。

魚か…と、ボルシチを作る気満々のteneteneは、メニューの変更に若干気が乗らないながらも、新鮮な魚をいただく贅沢には代え難く、千鳥足で隣の‘お頭’宅までビニール袋持参で取りに伺うと、こりゃ大変だ〜〜〜なボリュームの魚が入った保冷ケースを目の当たりにし、後悔先に立たずながらどっさりとカサゴを持ち帰ることになりました。
b0299869_2195336.jpg
※以前アコウと書いたけれど、カサゴですね。地方によって呼び名が違うので、勘違いしていました。

大小併せて約15尾のカサゴ。

正直、すぐに調理する気にはなれず、まずは予定通りボルシチを作りました(苦笑)。
b0299869_21123960.jpg
とは言っても、サワークリームのないボルシチですけどね。
お肉も牛のスネバラ肉です。まぁ、細かいことは置いておきましょう。

お腹も満たされて、少し時間も経ち、カサゴの調理法もなんとなくイメージが固まり、再びキッチンへ。
b0299869_21155398.jpg
ウロコをとって、内臓を取り出し、今回は出汁をとる為に頭を残してワタワタしていたら、我が家の‘お頭’がウロコ取りを手伝ってくれることになり、少し気が楽になりました。

‘お頭’は手先が器用で早いので、こういう時本当に有難い。

思った以上に早く捌ききる事ができました♪
b0299869_21194222.jpg
お魚屋さんって凄いと思います。
teneteneはお魚屋さんは向いていないようです。

さて、前回は和風に炊いたカサゴですが、今回は1kgものプチトマトを100円で産直で購入していたこともあり、トマトで煮ます。
b0299869_21222025.jpg
理想はsoupe de poissonですが、我が家には撹拌機付きこし器もないのでどこまで近づけるか…まぁ、適当です。
b0299869_21235664.jpg
この日は遅くなったので、取り急ぎアクアパッツァ風にオリーブとワインとトマトでさっと火を通して終了。

翌日、タマネギやセロリを炒めて、あっ!サフラン無い!!ということでとりあえず色だけターメリックで…。
サフラン風邪味はないけど…仕方ないよね。

かなり我流になってしまいましたが、見た目もかなり違いますが、でも味はとってもsoupe de poissonな自分でも驚きな1品の出来上がり♪
(実はず〜〜っと食べたかったんですよね、ブイヤベースでも、ズッパディペッシェでも、アクアパッツァでもなく、この魚のスープが大好きで)
b0299869_2131438.jpg

ちなみに肝心のアイオリソースはカロリーの観点より「無し」ってことで、「え〜〜〜っ」という声が聞こえながらもそこはシンプルに。
チーズもありません(笑)

以前からクイジナート クッキングブレンダーが欲しいなぁと思っていたのですが、今回みたいな時にあれば、簡単に作れたろうな…。
なめらかにそれこそsoupe de poissonみたいにね。


頂くときは気が乗らなかった「お魚」ですが、新鮮だし、身はしまっているし、良い出汁が出るし、やっぱり美味しいのひとことに尽きるのです。

お隣の‘お頭’は色々お題をくれて、その都度発見があるので有難い存在。
今回も感謝なのです♪
[PR]
by tene-tene | 2016-02-03 21:51 | 食べる
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite