天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

旬といえば


会社で「teneteneさ〜ん、ご近所でたけのこをこの時期よくもらったりするん?」と聞かれ、まだ頂いてはいないけれど、なんとなく予感がして「頂きました」とこたえると、「やっぱりなぁ…そうだよね…。ウチも今たけのこをあっちこっちでいただいて大変なんよぉ…もらってくれよる人を探してるんよ…」との返事が返ってきました。

貰えないかも知れないけれど、こういう時の予感って割と的中するように思います。

そして日曜日。
b0299869_195841.jpg
その予感は的中して、たけのこが2つ、我が家に届きました。

「あっ、しまった!糠がないな…。」と、大好きなおばちゃんが気遣ってくれるので、「大丈夫ですよ、精米所で貰ってきますよ」と、伝えて30分後。

「糠をぎょうさんもらって来たから、袋もって来ぃ」と呼ばれておばちゃん宅まで出て行くと、「せっかくやからもっと持って行きぃ」と、さっきのものより大きなたけのこを2コ追加でいただくことになりました…。
b0299869_2023014.jpg
誤解の無いように言うと、当初おばちゃんは、この時期あるあるで、我が家がいただきもののたけのこだらけで困っていたら迷惑かと、負担にならない小さいものを分けて下さったのですが、teneteneが「今年初めてのたけのこです」と言ったので、「それならせっかく灰汁抜きするなら」と、大きなたけのこを用意してくれたのです。

ちなみに、最初にいただいたたけのこを一番上に置いていますが、後でいただいたたけのこの大きさと言ったら…。

早速灰汁抜きしましたが、朝穫れの新鮮な状態なので、包丁の入りも凄く良く、新鮮な香りがしていました。

今週はたけのこを使った料理を楽しむことにしましょう♪
まず今夜は『たけのこと鶏肉』です。
[PR]
by tene-tene | 2016-04-24 20:15 | 食べる

そうめんを食べました


夏日です。
b0299869_20145841.jpg
4月は昨年同様雨が多く、眼に見えて我が家の裏の雑木林はジャングル化してきています。
b0299869_2017743.jpg
肉食の蜂たちもブンブン飛ぶようになってきました。

昨日会社では暖房だったのに、今日は冷房になっていました。
雨の日と、晴れた日の寒暖差が激しいです。

う〜ん、そうめんが食べたい!ということで、本日、今年はじめてのそうめんをいただきました。

そうめんって、いくらでも食べれちゃうから不思議です。
今日も食べ過ぎました。

ところで、あと一週間でGWなんだそうですね。
teneteneの部屋にはカレンダーが無いので、あまり実感が沸かないのです。

何でも10連休になるようです…。

予定では四国九州方面の温泉巡りを企画していた我が家ですが、おとなしく過ごす事になりそう…。

お家づくりのチャンスといえばチャンス♪
b0299869_2027507.jpg
空気も乾燥しているし、ペンキ塗りには絶好のお日和ですね。

お天気に恵まれるといいですね。
[PR]
by tene-tene | 2016-04-22 20:32 | できごと

備えましょう


北東北から移住先を探して旅をし、この土地に決めた時から、3年になります。
b0299869_16414878.jpg
よく、震災で引っ越して来たのだと勝手に土地のひとに解釈されるのですが、震災でも原発が理由でもありません。

ちなみに、移住先の中国地方では、島根原発が廃炉に決まり、原発がゼロになります。
これは個人的には嬉しいことです。
やっぱり青春時代を過ごした福島の現在のことを考えると、原発で得たものも多かったでしょうが、失ったものも多いと思うからです。

そんな移住先では、国内最大のメガソーラーを建設中。
b0299869_16471944.jpg
最近は、我が家のある里山でも休耕田や空き地にソーラーパネルを設置するミニ発電所を見掛けるようになりました。

自然エネルギーを活用するという発想は良いと思っていたけれど、やはり里山にソーラーパネル施設は異物のように映ります。
しかし、農業の担い手が激減している今、土地活用の選択肢として上位にくる選択だとも思います。

もしかすると、10年、20年後には、美しい棚田は太陽光発電パネルだらけになって、里山はサイバーなエリアになってしまうのかも知れません。

田舎暮らしをするつもりで選んだ場所には、そんな未来が待っている?のかも。


ところで、この土地では皆よく「地震もないし、台風も来ないし、ここは安全だよ」と言いますが、そのゆったりした考えが心地よくもある一方で、安全な場所はないと思っている自分には逆にその危機管理の甘さが恐いな…とも思うのです。

そんな事を言っている自分も、最近は危機管理が薄れて来ているような気がして、先月くらいから実は非常食、準非常食を、少しずつ購入して増やしているところだったのです。
b0299869_174322.jpg
どんなに備えていたって津波で流されるときは流されるし、保管場所事体が建物の下敷きになれば意味は無いのですが、そんな時は生きている保障もないということで、建物が残っていることが前提の備えなんですけどね(苦笑)。

我が家の自宅建物は、そう言う意味では…う〜ん。


どこで起きている震災もやはり人ごとではありません。
そして、これまでの教訓を生かさないと!です。

でも、やっぱり2度目って精神的には堪えそうで、避けられるものなら避けたいというのが本音です。
[PR]
by tene-tene | 2016-04-16 17:25 | できごと

春だから


3月は気忙しくしていたから4月はのんびり過ごそうと決めているtenetene。
b0299869_11114911.jpg
‘お頭’との何気ない時間も大切にしたいし、机の上だってのんびり綺麗に片付けたい。

そうそう、ただただゴロンと横になり、ただただ天井を眺めるなんて事も最近全然やっていない。
そうだ!横になりたいかも。
b0299869_11134743.jpg
そんな朝、家の電話が鳴り、隣の‘大お頭’から屠畜のお誘いが…。
なんと、イノシシの雌が3頭も罠にかかっててんてこ舞いなのだとか。

いつもだったら行って捌くところですが、只今teneteneは手術を控えた左手を温存中。

たまたま毛染め中ということもあり、やんわりお断りしたのでした。

雌で小ぶりということもあり、迷わなかったと言えば嘘になりますが、3頭って結構大変!
半日潰れることになります。

‘大お頭’すみません!!

なんとなく申し訳ないな…と、思いながら、ジムに行ったり、気の向くまま山道を登ったり…。
何も考えない久しぶりの休日を過ごしたのです。
b0299869_11195251.jpg
もちろん、机の上も整理したし、だらだらとネットをしたり、ゴロンと横にもなって、何にも縛られない時間を満喫したのです。

久しぶりの開放感…。

お陰で土曜の夜から日曜の朝にかけて、いつになく熟睡できたのです。

しかし、そんな至福のお布団ゴロゴロタイム♪から呼び覚ますように家の電話が…(苦笑)。

「しつこいようですが、イノシシの脚2本余っとるんやけど…」

‘大お頭’も相当困っている様子なので、むくっと起き上がり、ステンレスの桶を持って‘大お頭’宅へ。
b0299869_11253967.jpg
結局、後ろ脚を3本と、背ロース(カット済み)をいただくことになりました。

2本と言っていたのに3本!‘大お頭’も力つきたようです(爆)。
b0299869_11271125.jpg
見ればかなり食べごろの雌の後ろ脚。

昨日だったらもっと新鮮だったでしょうね。
これは、怠けた事への戒め?なのでしょうか?

贅沢を言っていないで、土曜日にのんびりしたのだから、良しとしましょうか。

さっ!気合いを入れよう!!


春って、繁殖シーズンだから野生動物の気が緩むんですかね…。
今日は今日でまた罠にかかったらしいです。

‘大お頭’も「もう、たぃぎぃ〜(面倒くさい、ダルい)んじゃ」ってぼやいていました(苦笑)。
ははははっ。
[PR]
by tene-tene | 2016-04-10 11:39 | 食べる

増床


我が家のリフォーム進行中のお部屋はペンキ塗り待ちと言いたいところですが、実は、塗装工事前に、まだまだやることがあるのです。
※スタイロ面は木目張りになります。
b0299869_21231076.jpg
この立て掛けられたふたつの木枠…。

これ、ドア枠なのです。
b0299869_2124363.jpg
実は、本来考えていた部屋の仕切りより、やや小さめに仕切って工事を進行しており、今回、本来の目標としている広さまで拡張する工事を行うことになりました。

とは書いたものの、よくわかりませんよね(苦笑)。
b0299869_21273595.jpg
↑汚い線でごめんなさい。
本当は黄色い線のところまで部屋を拡張する予定だったのですが、ウォークインクローゼットに工事のパテボコリが入るのを気遣って水色の線までまず部屋を拡張し、ある程度まで埃の出る作業を先に済ませていたのです。

ちなみに、赤い線が昔、畳敷きだった時の部屋のライン。
つまり、畳約2帖分の増床ということになります。
b0299869_21305527.jpg
↑仮扉を外したところ。

左手奥に見えるのがクローゼットの入り口。
このクローゼットがネックだったのです。

途中、仕上がりが綺麗だった事もあり、もうこの仮扉で仕上げてしまおうかという誘惑に駆られながらも、初心を貫けたのは、やはりこの家が自分達にとって最後の家になるからかもしれません。

妥協したくないのです。
b0299869_21362191.jpg
建具の扉も順調に…。

クローゼットの入り口と、部屋のメイン扉の2枚です。

ここで、取っ手をどうするか、しばし‘お頭’と悩みました。
駄目モトで県庁所在地にあるお店を数件回ったところ、なかなかいい感じの取っ手を見つけることができました。
b0299869_2141551.jpg
じゃ〜ん。

「えっ?取っ手?」と、突っ込まれた方もいらっしゃると思いますが、我が家はこれを取っ手にします。

例えば…こんな感じだったり。
b0299869_21422327.jpg
こんな感じだったり…。
b0299869_21424695.jpg
…とか。
b0299869_2143515.jpg
(笑)なかなかオリジナリティーがあるでしょ(苦笑)。

まぁ、あまり突っ込まないでください。

で、扉を取り付けて…。
b0299869_21444813.jpg
やっぱり2帖広くなると全然違いますね。

新たにプラスターボードを貼る壁が出ていますが、やっと本来イメージした広さが感じられてまずはほっとしています。
b0299869_21463832.jpg
かなり背丈のある扉ですが、軽くていい感じです。
扉の下にあるスキマは、床をバリアフリーにするために上げるのを見越したものです。
いづれスキマはなくなります。

ふふっ、素敵♪

今回もteneteは見ているだけでした。

‘お頭’頑張っています。今回もお疲れさまでした〜〜♪
[PR]
by tene-tene | 2016-04-04 22:00 | 家づくり

左手づくし


teneteneの左手親指を手術してくれるお医者様を、‘お頭’がいつもお世話になっている整形外科の先生が紹介して下さり、その日を指折り数えて、ようやく初診の日を迎えました〜♪

桃の国へ移住して良かったことの中に、医療に関しては国内でもレベルが相当高い県だということが挙げられます。特に臓器移植などの外科手術は有名なのです。
b0299869_1942156.jpg
そんな訳で、土曜日は早起きをして桃の国は最西端の、海辺の病院まで高速で飛ばして行って来たのです。

我が家からは結構な距離でしたが、治せる先生がいるのだから贅沢を言ってはいられません。
ありがたいことに‘お頭’も同行してくれたので安心できました。

さて、初診は短時間で終わり、teneteneの強い希望と意志により、5月の下旬に手術の予定を入れただけ(笑)。
手指の専門医であるお医者様にとっては簡単な手術のようです。

もちろん、手術前に行うストレス検査でOKが出ないと手術は受けられませんが、ほぼほぼOKなつもりで今は希望で嬉しくなっている状態です♪

手術痕が残る(体質的にも)でしょうから、今のうちに無傷の左手を記念撮影。
b0299869_19552711.jpg
カテーテルになるのか…腱の移植手術になるのか…。(先生は移植になるだろうと言っていました)
治すと決めたからには手に痕が残るくらい何てことはないのです。

しかし、2日くらいの入院かと思っていたら、なんと8泊9日のまぁまぁの長さに!

いやいや、想定外ですが、決めたのでゆらぎません。
会社も春先ならどうにか休めそうだし、まっ、暇を持て余しそうですが、どうにかなるでしょう。
唯一心配なのは‘お頭’とこんなに離れるのが初めてなので、そこが自分も寂しいですが、食事とか、心配なのです。

病院を後にし、春まっさかりな西側の雰囲気を堪能しました。
b0299869_2023192.jpg
立ち寄った道の駅は、菜の花で黄色く染まっていました。

ここは季節によって花が年中咲いている有名な道の駅。
秋はコスモス畑とかね…。

ここで、仕事繋がりのジェラート屋さんがあることを思い出し、野菜ベースのジェラートを堪能することにしました。
b0299869_2081055.jpg
‘お頭’(↑)はパセリとシャインマスカットです。
b0299869_2074325.jpg

tenetene(↑)は白桃とアスパラ。
アスパラガス入りはなかなか美味しかったのです。

今日は気温もぐんぐん上がり、本当に気持ちの良い陽気!
b0299869_20101869.jpg
ひとつ、希望が持てて気持ちも軽いのです。
b0299869_20105812.jpg
ちなみに、陽射しが強いので、日焼け止め対策に、レッグウォーマーのモコモコを手に巻いています。

朝早い分、お腹が空くのも早く、お昼は早々に名物の支那そば屋さんへ。
b0299869_2013543.jpg
自然のお出汁が美味しい、素朴な「支那そば」は、化学調味料が苦手なteneteneにはかなり嬉しい一品。
ありそうで、ないのが素朴なラーメン。おいしかった〜。

さてさて、浮かれてばかりですが、そうそう簡単な手術ではなく(先生に言わせれば簡単ですが)、‘お頭’の主治医の先生に言わせると怪我そのものは治せるが、誰でも治せるものではなく、紹介いただいた先生が治せなかったら、他所に行っても治せないだろうという事らしく、駄目でも後悔する事無く、前に進もうと思っています。
b0299869_20244996.jpg
そうそう、先のことはほんと、わからない。
でも希望を持っていきたいと思うのです。
[PR]
by tene-tene | 2016-04-02 20:40 | できごと
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite