天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カッティングシート貼り


我が家は通常営業です。

先日、台風で池と化した我が家の裏手雑木林には、彼岸花が咲いていました。
ワールドウェザーで、彼岸花を米国ではハリケーンリリーと呼ぶと紹介されていて、なるほどとうなずくばかり(苦笑)。
(ちなみに、曼珠沙華はインドでの呼び名に当て字したらしいですね…知らなかった。)
b0299869_16094096.jpg
春の桜のように、彼岸花が咲くと秋が来るのを実感します。


さて、本題。

我が家のキッチンには、流しの上部に手元灯りとして、LEDの棒状ライトが間接照明を兼ねて設置されています。
しかし実のところ、眩しすぎてそれが使用されることはなく、先日‘お頭’が「撤去しようか」と、発言したことにより在り方を見直すこととなりました。

ここに間接照明があったほうが綺麗に決まっている。
問題は光の質なのです。
b0299869_16230367.jpg
電球やハロゲンと違ってLEDってまだ完成されていないなって、よく思うのです。

薄くて扱いやすいし、電気代も安いし、良いところもありますが、この直進する感じが光の演出にはちょっと…。
高いお金を払えばもう少し違うのでしょうが、それもなんか違うような気もして。

そこで先日、ホームセンターで‘お頭’が手にしたのが、車用の遮光フィルターでした。
これを照明器具に貼ってみよう!というのです。
b0299869_16114485.jpg
はじめ、teneteneは「えっ?」って感じでしたが、照明器具売り場でサンプルをかざすと良い感じ。
撤去されることを考えれば、やってみる価値はあるかもと、シート貼りを買って出ました。

teneteneは若かりし頃、カッチィングシート貼りを間近でよく見ていたので、‘お頭’より向いているような気がしたのです。
力仕事が出来ないので、せめてこのくらいは。

と、いうわけで、ここからは見よう見まねではありますが、簡単にできるシートの綺麗な貼り方を紹介。

よく、カッティングシートを水だけで、もしくは水も使わずに貼ろうとする人がいますが、それはお勧めしません。
シート同士がくっつくと粘着部に跡が残るし、指紋も残る。
気泡が入っても気泡が動かないし、無理にやろうとすると、伸びたり表面に傷がついたり。
(小さく、位置の指定のないステッカーのようなものなら別です)

位置が決まっていて、ズレやすいものは大体の大きさに切ったら、水に中性洗剤を薄く溶いたものを霧吹きで吹きながら貼るのが間違いない方法です。
この中性洗剤を薄めた液体は、上記の問題点を全て解決してくれます。
これだけがポイントです。

ただし、電気製品に水を吹きかけられないので、今回はシートにあらかじめ吹きかけて使用しました。
b0299869_16110591.jpg
水性洗剤が入っていると、滑りが良く、貼り直しもでき、指紋もつきません。
ズレもすぐに修正できます。

位置が決まったら、専用スクィージーもしくは、定規などに柔らかい布を当てたようなものでしごきます。
teneteneはお肉などの発泡トレー(固め)をカットして使用しました。

水分が抜けたら、カッターで不要分を取り除きます。
b0299869_16105138.jpg
↑こんな感じ。
b0299869_16101896.jpg
↑気泡も、水分も抜けて、指紋も入りません。

teneteneは不器用ですが、これは大丈夫。

さて、気になる照度ですが…↓。
b0299869_16100979.jpg
左がシートを貼ったほうです。

昼間の環境で分かりにくいかもしれませんね。
少しスモーキーですが、目に柔らかく、雰囲気が良くなったと思います。

続けて右も。
b0299869_16100058.jpg
カットするときに首が痛くなるけど、まぁ2〜3分の我慢。
b0299869_16095140.jpg
どうでしょう…(ドキドキ)。

真ん中の光の途切れ部は、照明器具の規格上、どうしようもありませんが、光の強さはだいぶ軽減されて手元照明としても、間接照明としても良い感じになったと思いませんか?

でも一番気になるのは、なんといっても‘お頭’の感想。やっぱり撤去しようとか言わないかとドキドキ。
と、心配しましたが合格。気に入ってくれた様子です!

日が短くなるのは寂しいけれど、今日だけは日暮れが楽しみなのです。

ずぅ〜っと使っていなかった照明器具ですが、今日からは毎晩使用したいと思います。






[PR]
by tene-tene | 2017-09-23 17:23 | 家づくり

台風18号


台風18号は、予定よりも遅くやって来て、teneteneは非常に焦っていました。
b0299869_21193984.jpg
前日の予想では、21時には台風が去る予定でした。

我が家は海が近く、台風時の高潮と、満潮と、豪雨が重なると災害のリスクが高まります。
この日の満潮は、朝の8時半と、夜、22時。

前日の予想通りであればギリギリ大丈夫だろう。と、祈るように言い聞かせていたのですが、朝から全く台風の気配がなく…。
ドキドキしながら待つこと数時間。

暴風域に入ったのが20時近く。

その時点で、なんとなく最悪のことが起こるなぁ〜とは思っていたけれど、横で‘お頭’は焦る様子もなく。
基本、‘お頭’は、teneteneがドキドキしているときは真逆の態度を取るので、恐らく今回もそうであったと思うのだけれど、でも、いつまでも防水対策をとる気配がないのです。

そうこうしているうちに、ずんずんと、裏用水路の水位が上がりだし、床下換気扇の電気を落としに家の裏に回った時には裏の側溝の水位はこれまで超えなかった域まで上がっていました。
b0299869_21221837.jpg
慌てて家に戻り、車が浸水しそうだったので、急遽移動。
‘お頭’も続いて移動。
もう、その時点で道路はザブザブの冠水状態。

そこから最新兵器の水害対策板を設定するも、ずんずん押し寄せる表側の川の水に不安を感じて、結局いつも通りに土嚢を積み上げることになりました。
これに端を発し、土間の材料を濡れないように高い場所に移動したり、火事場の馬鹿力で冷凍庫を45センチも高い台に持ち上げたり、動く動く。
b0299869_21215318.jpg
構造用合板も空き缶の上に。

もう緊張で、筋肉がこわばるんですよね。
b0299869_21214060.jpg
可愛いキュウリの苗ちゃんは、ご覧の通り、水に〜〜〜っ!

これらの写真は、実は雨が落ち着いて来た時に取り始めたもので、最中はそれどころではなかったのです。

奇しくも、土嚢が効いていて、土間にはじわじわとしか水は入ってこなかったのですが、意外なところから水が!
b0299869_21210670.jpg
なぜか、外壁に面していない基礎↑から。
b0299869_21201057.jpg
使っていない、床コンセント↑から。
b0299869_21212123.jpg
床コンセントには、土嚢ならぬ水嚢対処でどうにかなりましたが、基礎と床の境目からのじわじわくる水にはどうにもなりませんでした。
b0299869_21192448.jpg
雨がやみ始めて、心の余裕が出て来て、ふと家の裏を見ると、これまでにないくらい水がタプタプ。

家の前も後ろもこんな状態なのだから、地面から水がしみ出すのは仕方がないのかもしれません。
それでも、どうにか満潮の時間をしのぎ、床上浸水にならなかっただけでも良かったと思わないといけないなぁ…と、ずんずん引いていく水を見ながら、力を振り絞り、土嚢を戻し、ぐったりとして床に就いたのです。

翌朝。
b0299869_21191144.jpg
もちろん、台風一過です。
b0299869_21181986.jpg
20cmは水に浸かったであろうミモザのミモやんも耐えました。
b0299869_21183143.jpg
昨日、この積み上げた花崗岩の塀1段目↑まで水が来ていたなんて、嘘みたい。
b0299869_21180606.jpg
あと10cmでこの高さ(側溝の溢れ面から)120cmほどの土台を超えるところでした。
b0299869_21175484.jpg
今日は朝からご近所さんの声がけと、車の洗車と、家の整理で大忙し。
でも、バンブーを植え替えるところまで、やりましたよ。

3連休で、助かったー!

「もうこれが最後だといいですよね」と、2軒隣の横浜から今年移住されて来たばかりのご近所さんに気休めを言ったところ、マダムに「いやいや、これが始まりよ〜」と、逞しい発言で返されました(笑)。

なかなか頼もしい。

確かに温暖化だからそうなるのはわかるけど、それでも毎年とかやめてほしいかも…と、思うteneteneなのでした。
なかなか、しびれます。

うん。

<9月19日追記>
‘お頭’が作ってくれた、防水塀の外構工事がなかったら、今頃大変だったと思うのです。
ここで、外構工事を振り返って見たいと思います。

始まり〜。

1.先ずは事件から、今思えば大したことないね〜。(我が家の側溝断面図あり)

2.工事開始!

3.じっくりと進んでいます。(暑かった〜)


4.丁寧に、じっくり進んでいます。


5.2段目の塀を運び入れた時の様子。

6.いよいよ完成!


本当に地道によく頑張っているなぁ〜って思います。
感謝感謝なのです。



[PR]
by tene-tene | 2017-09-18 22:13 | できごと

台風と徒然


台風がかなり近くまで来ているのに、雨雲がまだ到達していない穏やかな桃の国。
b0299869_13594638.jpg
ベビQも、もう少しで食べ頃↓になるというのに、強風で飛ばされないことを祈るばかりなのです。
b0299869_13591044.jpg
時に、日曜日の我が家の冷蔵庫は空っぽで、台風で何かあるといけないので午前中に買い物を済ませようと買い出しに出かけたら、いつも行くスーパー「H」は大混雑!
そりゃ、久しぶりに台風の目に当たりそうなわけだから、同じことを皆考えるよね…と、久しぶりに10分近くレジ待ちをしました。
(朝からスマホに自治体から避難勧告とか続々届くしね)
こういう時、レジスタッフも客も殺気立っているもので、居心地が悪く、もう1件スーパー「Y」に行く予定の我が家はげんなり。

ところが不思議!渋々移動して、スーパー「Y」に入ったら、店内音楽が「ドラえもん」で雰囲気が和やか(笑)。
そして、レジもスイスイ(笑)「ドラえもん」効果おそるべし。

思えば、客層も価格帯も「H」と「Y」では全然違う。

ちょっと高くてもこういう時は「Y」に限ると思った我が家なのでした。


それにしても、怖いくらい台風の感じがないのです。
嵐の前の静けさとはまさにこのことなのでしょうか?

そわそわするので、最近あったあれこれを綴ります。


3度目の挑戦

山鳩夫妻が、裏の枯れかけた桐の木に巣を作りました。
b0299869_14002960.jpg
アケビがぐるぐるに巻き付いた、3つ又になっている場所↓なのですが、実はここ、巣には不向きなのです。
b0299869_14010165.jpg
と、いうのも、過去に蛇が卵を食べたり、アケビの葉が徐々に落葉してトンビから巣が丸見えになったりを我々は見ているからなのです。
今回も、祈るように見舞っていたのですが、数日前の強風と、そのあとのゲリラ豪雨で、断念した模様。

蛇でもトビでもなかったけれど、やっぱりね…残念。

もっと安全な場所に越した様子なので、今度は無事に生まれることを祈っています。


ゴミの山
とても不本意なことだけれど、我が家から見える採石場が売りに出され、買い手がついたらしく、最近ショベルカーが見えるなぁ〜と、思っていたら、この山を買ったのは産廃業者だと、地区の集会で知りました。
b0299869_13593596.jpg
採石場としてではなく、産廃場とは…。

何が運び込まれているのか、知る術もないのです。

我が家が、リフォームで出た廃棄物を持ち込む市営埋め立て地(山)では、ゴミと炭を交互に重ねて、ある程度環境に配慮している様子を窺うことができるけれど、ここは見る限り、真砂土を被せているだけ。

大雨で土砂災害が起こった時、大量のゴミが流れ出るような状態になったり、発がん性物質が埋められたりしていなければいいのだけれど、心配なのです。

こういう、所有者がいる産廃場というのは、今後どんどん田舎に増えそうな気がして、日本のみならず、近隣諸国のゴミもそのうちやって来るのかもしれないなぁ…と、ちょっと憂いてみたり。

でも、憂うだけでいいのかな?


カゲロウ
窓ガラスに変な卵を発見して調べたら、ウスバカゲロウの卵だと判明。
b0299869_14001460.jpg
幼虫は、カイガラムシや、アブラムシを食べてくれる益虫らしいです。

そういえば、昨年大発生したミモザのカイガラムシは、今年ある対策を試みて昨年に比べてかなり縮小傾向にあります。
その試みとは、「蟻退治!」。

アリがいるところに必ずカイガラムシがいて、カイガラムシを探すより、アリを追ったほうが早く見つけられることに昨年気づいたのです。
ウィキペディアに、どうやってカイガラムシが移動しているかは不明というような記述があり、もしやと観察していると、カイガラムシとアリはどうやらグルのニオイが!

そんなわけで、春先からアリ退治のベイトを根気よく仕掛けてみたら、なんと!
カイガラムシが増えない!!!

幹に着く、独特の黒いウィルス性のシミも出来ない!

まだ結論には至っていませんが、有用な方法かもしれないと、思っているところです。



今年最後?
今年も‘大お頭’から沢山ナスをいただきました。
b0299869_13592463.jpg
今年も沢山食べました。

ある程度は、冷凍庫に刻んで保存していますが、入る場所がもはやないので(;汗)、このコたちは今週で食べ切りたいと思います。
(実はもう2個いただいちゃいました)

この季節、野菜がなかなか手に入らないので、ありがたい限り。

感謝♪感謝♪なのです。


美白
最近の我が家の‘お頭’のブームは脱色です。
b0299869_13595891.jpg
脱色といっても、木のくすみや色焼け、ヤニをとるものです。

我が家では、時々、解体した際に出た廃材を再利用することがあります。
b0299869_13585979.jpg
ヤスリもかけるし、そのままでも良いように思うのですが‘お頭’はなんとなく、白く(白木に)したいのだそうです。
b0299869_13584999.jpg
今日は、一度取り付けたドアノブを全て撤去して分解したものにヤスリをかけ、漂白し、ウレタンを塗っています。
取付けたら、ちゃんとアップして記録に残したいと思います。

忙しい合間の作業は、いい気分転換になっている様子で、何よりなのです。


メンテナンス
自分の話で恐縮ですが、最近、急に筋力が衰え、姿勢が悪くなってきました。

会社の椅子が合わないというのもありますが、通っているジムのマットが薄く、膝をつく体幹のエクササイズを4年間出来なかったというのも大きく、加えて、年齢なりの衰えも手伝って、あちこちにガタが出てきました。

4年の衰えを急にどうこうできるものではないのですが、今より落とすわけにはいかないので、地道にコツコツ筋肉を再構築したいと思います。
b0299869_13583836.jpg
こういう時、広いお家で良かったって思います。
東京時代のマンションも、狭いながら効率的で居心地良かったけど、大の字になれるほど、空間に余裕がなかったような気がします。

「やりたいけど場所がなぁ〜い」から、これからは「(場所もあるし)いつでもできるぞ!」って感じです。
‘お頭’には「続くの?」って言われていますけどね(苦笑)。

もちろん、続けますよ〜。



やれやれ、

あっ!台風来たかも。

何事もなく、済みますように。



[PR]
by tene-tene | 2017-09-17 15:40 | できごと

秋の気配が!


9月1日から、ぴったりと秋モードに変わった桃の国。
b0299869_16130933.jpg
b0299869_16130054.jpg
寝苦しかった夜も嘘のように、今では鈴虫やコオロギ、ヤモリの鳴き声で気持ちよく眠りにつけるようになりました。

ご近所さんからも秋のおすそ分けがやってくるようになりました。
b0299869_16125056.jpg
シャインマスカットは本当に美味しいのです。

贅沢すぎるおすそ分けは、近所のぶどう農家さんのlineの不具合を解消したお礼でいただきました。
そうそう、今年はイチジクをよくいただきますが、雨が少ないのでアタリ年のようです。

過ごしやすい秋。
秋生まれとしては、一番リラックスできる季節なのです。

とはいえ、日中は30度まで上がり、まだまだため息が出ることも…(苦笑)。
贅沢な悩みなのです。

先日、会社で、我が家のダイニングにピッタリの観葉植物を見かけ、名前を尋ねたところ、その子孫がたまたま嫁ぎ先を探している事が分かり、我が家で育てることになりました。
b0299869_16124049.jpg
バンブーの一種らしいのですが、会社の親バンブーは身長が2Mほどで、10余年も可愛がられてかなり長寿。
このコも大切に育てたいと思います。
b0299869_16122886.jpg
で、そのバンブーに似合う鉢を探して雑貨屋さんめぐりをしたのですが、残念ながら見つけられず。
b0299869_16121557.jpg
結局、ランチを食べて帰宅しただけとなりました(苦笑)。
※ペットショップに寄ったけどね。


ところで、teneteneのPC部屋の窓、覚えていますか?
b0299869_16134275.jpg
この四角いベニヤのところ。

こちらの窓も完成しました〜。
b0299869_16135334.jpg
あらかじめ作業所で作っておいた枠をはめ込み、微調整。
木の窓枠はもちろん‘お頭’の手作りです。
b0299869_16140869.jpg
下準備が良いので早い早い!
b0299869_16142442.jpg
↑外側は、こんな感じで、ドラマのセット裏みたいです。
b0299869_16143933.jpg
グラスウールで断熱しようと思っていたのに、近所のホームセンターにはグラスウールのショートサイズが無く、仕方なくスタイロフォームの重ね貼り。
b0299869_16112057.jpg
ただいま断熱面に仕上げの下地貼り作業中。

実はここ、2階の玄関ポーチなのです。でも、どんな風に仕上げるかはまだ内緒です。
b0299869_16115638.jpg
工事中なので、眺めは悪いのですが、ブラインドもつきました♪
出来上がりを想像すると、ワクワクします。

時に、‘お頭’は、新たな家具作りに着手しています。
b0299869_16112993.jpg
ダイニングに置かれるビックテーブルのようです。
きっと前出のブログにある、tenetene仕様の変なレイアウトが嫌で、早く脱したくて拍車がかかったんだろうな〜(爆)って感じでしょうか。

teneteneは、次から次へとよく作るよなぁ〜と、感心しながら、楽しんでいます(笑)。

秋は、ものづくりにとっては最高の季節ですね。



[PR]
by tene-tene | 2017-09-10 16:55 | 家づくり

バランスって難しい…


秋獲れ胡瓜の苗は順調に育ち、1週間で花をつけ、ちっちゃなベビQも姿を現しました♪
b0299869_14354796.jpg
お隣の‘大お頭’に「朝はteneteneが水やり、夕方は‘お頭’が水やりを」と仕切られ、言いつけを守っていることもあり(笑)すくすくと順調。
しばらくは小学生時代の朝顔、もしくはひまわりのように、胡瓜の観察記録が続くと思います(苦笑)。

さて、眼鏡が無事に届き、左目があまりにも良く見えるので驚いています。

ブルーライトもカット率を上げたので、微妙な視神経の疲れも軽減されました。
PCに向かうのが億劫だった理由はズバリ!乱視の進行と老眼とブルーライト疲れだったことが判明しましたー!
あ〜っ、スッキリ!後頭部もスッキリ!別世界。
b0299869_14363250.jpg
それにしても、乱視が進むような生活習慣があったかしら?と、日々を振り返ると思い当たることが!

理由は2つ。

ひとつ目は、仕事でのマルチディスプレイのサブモニタ(右側)の位置と傾き。
ふたつ目は、家でのテレビ位置。
b0299869_14395933.jpg
そんなにテレビを見ない我が家ですが、食事中ついついつけてしまうんですよね…。
首を90度近く振るものの、左目はほとんど見切れてて、この生活をかれこれ2年ほど。
昼も仕事で同じように過ごしているし、歳も歳だし、日々の歪みが取れにくくなって蓄積したのが原因のよう。

‘お頭’も同じ状況に思われますが、少し位置がずれていて、両目に画面が入る位置でだいぶ違うみたいです。

そんなわけで、席を移動し、テーブルの短手方向(窓側)に座ることにしたのですが、我が家のテレビは小さく、2.5mも離れるとよく見えない。

数日過ごしたのち、とうとう、テレビの前にテーブルを移動することに…(爆;近すぎ)。
b0299869_14355682.jpg
しかし、さすがに‘お頭’もこれには難色を示し、テレビに向かっている感を軽減するために、2階にある丸テーブルを持ってくることにしました。
b0299869_14360550.jpg
少しは、テレビっこ感(引きこもり感)が軽減されたでしょうか?(笑)
もうひとつくらい椅子と、背の高い観葉植物とかあると良いかもしれませんね。

まっ、いずれここにはビッグテーブルが入るし、しばらくはレイアウトを試行錯誤しながら過ごすのも楽しいかな?ということで。
正面からテレビを見ることも出来て目も大夫楽だしね。

ところで、この変なレイアウトですが、テーブルを端に寄せたことで、なんと!ダイニングからリビングの要素が生まれました。
b0299869_14361542.jpg
ラグでもひけば、ゴロゴロもできますね〜。
(‘お頭’は早速ギターをソファーの横に移動)

そうそう、ストレッチもここで出来そうですね!

身体のバランスのために、部屋のレイアウトを不自然に変えてしまいましたが、ちょっとした無理を重ねると些細なところに負担がかかることもわかったので、今後は見た目だけでなく、身体の過ごしやすさも考えて行かないとなぁ〜と、思った次第なのです。

※そもそも、ご飯を食べるときにテレビを見るなって話しなんですけどね(苦笑)。

それにしても、メガネの力には驚きました。
それから、裸眼時代「iMacの5Kって、大して綺麗でもないじゃん!」って思っていたけど、いやいや、凄く綺麗でした〜(;汗)




[PR]
by tene-tene | 2017-09-02 15:43 | 家づくり
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite