天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

またかっ!


またもや週末に台風なのです。
b0299869_20161140.jpg
今年は、心地良い筈の4月、10月が雨続きで、なんだかぼやっとした春と秋の印象しかない桃の国なのです。
秋田県〜岩手県と、今月の初旬に旅して、紅葉を満喫しておいて良かったと、少し救われているような気がします。

しかし、こんな雨続きでも、裏のピラカンサはたわわに実り、心なしか例年よりも実が大きいみたいです。
実に逞しい。
大きな実が熟したら、ヒヨドリもジョウビタキも喜ぶでしょうね…。

で、台風もまたかっ!なんですが、teneteneは割と同じような出来事が続く傾向があり、前回のボディーソープ事件に引き続き、またもやドキッとすることがあったのです。
最初に言っておきますが、ドキッ!だけです。

何がドキッ!だったかと言うと、それは水曜日のこと。
お弁当に、前夜の厚切りお肉の残りを入れようと、一度レンジでチンした時に起こりました。

「コンッ」と、レンジから変な音がして、中を覗くと特に異変はなかったのですが、耐熱皿を持った途端、お皿が3つに割れました。
b0299869_20164485.jpg
もともと、通販のプレゼントで頂いたお皿で、‘お頭’には不要なものを増やして…と、言われていたガラス皿だったのですが、使いやすいサイズということもあり、ちょくちょく使用していたのです。
しかしながらこうなると、「まぁ、やはりその程度なのね。」と、納得もいくもので、いそいそと破片を集めながら、お肉に破片が混じっていないかを確認し、ガラス皿も元の形を再現できるし、破片もこれ以上見当たらなかったこともあり、お弁当にお肉を入れることにしました。

先にも書きましたが、teneteneはちょっと事件的なことがあると、続く傾向があります。
でも、いつも不幸中の幸いで大事に至ることはないのです。

この日も、いつもならランチに外す筈の眼鏡を、仕事の慌ただしさから外さずにいたのが、不幸中の幸いになりました。

なぜ、眼鏡をしていたのが不幸中の幸いなのかと言うと、ほら、こんな見え難いものがお肉の上に…。
b0299869_20162670.jpg
「キッキラ〜ン!」

これって、いつもの眼鏡をしていないteneteneなら絶対に気づかなかったサイズと質感。
写真では分かり難いですが、耐熱のガラス破片なので、針のように硬いんです。

わざわざ想像する必要はありませんが、teneteneは想像しちゃうんですよね、もしもコレが…と(;汗)。
うっ、イタイ。

いやいや、想像している暇があったらするべき事があるでしょ!自分。ほら、‘お頭’のお弁当!!と、慌ててメッセージで確認を入れました。

すると、すでに食べ終わっていた‘お頭’から、「大丈夫か?口に入れたのか?」と、こちらを案ずるメッセージが。
どうやら‘お頭’は無事だった模様です(ほっ)。

やはり、こういう事があったら、お肉も捨てるのが正しい対処法なのでしょうね。
またひとつ反省、そして賢くなった。

何はともあれ、二人とも事無きを得て良かったのです。

10月に誕生日を迎えてちょっと節目の年という気もするし、少しいつもの年よりも気をつけていこうかなと、思ったteneteneなのです。
(台風とか、天災だけはどうにもなりませんけどね)


そうそう話し変わって、東京から移住してこられたマダムにオリーブ漬けをいただきました。
(この里山には、移住者が結構いるんですよ。)
b0299869_20163436.jpg
私たちよりも移住4年先輩なマダムのお庭で採れたオリーブです。
我が家のオリーブの樹は1本なので、実がならないと嘆いていたら、持ってきて下さいました。

春になったら、鉢ごと、マダムのお庭に置かせてもらうことも考えたのですが、やはり伴侶を見つけてあげようかな…と、頬張りながら思いました。

美味しかった♪




[PR]
by tene-tene | 2017-10-28 21:39 | できごと

災難


写真は青空ですが、実は現在、台風の暴風域の最中に書いています。
b0299869_20323174.jpg
最近、我が家の裏の桐の木に、鷺のペアがやって来るようになりました。
カイカイするときのシンクロ具合とかがぴったりで、見ていて微笑ましいのです。

ところで先日、思わぬアクシデントに見舞われました。
今後、気をつけるという意味でメモします。

それは、お風呂での出来事。

我が家では液状のポンプ式ボディーソープを使用しているのですが、その日、いつも通りにポンプを押したら、右目の目尻寄りに灼けるような痛みが走ったのです。
どうやら、ポンプの出口付近に詰まっていた固形分が圧力で四方に飛び散ったようなのですが、その一部、岩塩程度のものが白眼に貼りついたようでして…(涙)。

はじめは、「あっ、入った。」程度が、みるみる灼ける痛みに変わって、カチカチ山のタヌキさんって、こんなだったのかしら?と、大慌てで涙を流しながらシャワーで洗い流すのですが、いっこうに治らずパニクりました。
それにしても、固形成分が水分に触れて、目の中に溶け出る痛みは、シャンプーの比ではなく、さらに、水道水のゴロゴロ感に耐えるのも限度があってもう大変!
さらに、まつ毛まで抜けて、目の中に入る始末で擦った揉んだ。
よく見て取ろうと鏡に映すのですが、老眼デビューしたばかりで、近くが見えないときた!(爆;)
お風呂上がりにアイボンをしても浮いてこないし…。

なす術もなく、その晩は、石鹸成分だけ洗い流し、まつ毛は寝ている間に自然と目から取れることを期待して床に着いたのです。

幸い、朝にはまつ毛のチクチク感がなくなっていたのですが、夜中に右目の灼熱感を感じて目が覚めた時は、まつ毛のチクチクもまだあって、細かい傷が出来てしまったかな〜と、不安でしばらく眠れませんでした。

眼科へ行こう!と、思いつつ、仕事が忙しくて結局行かぬまま1週間が過ぎ、いつしか白眼の赤みも取れていました。


そんなわけで、今は全く問題はありませんが、稀に見る痛さだったので、ボディーソープのノズル詰まりは、早めに対処することにしました。
こんなに長く生きてて、初めてなので、そうそうあることではないと思いますが、液体のソープをお使いの方は、是非ともお気をつけください。







[PR]
by tene-tene | 2017-10-22 21:19 | できごと

来客様様


仲良しのC嬢に押され、まだ家の改装が不十分だというのに、我が家に招き入れることになったのです。
b0299869_16281309.jpg
我が家は常に家の改装をしているので、家の中は木の切り屑や、砂壁の剥がれた砂埃・粉塵の類が通常の家よりも多く舞っていて、お客様が来る!しかも、家の改装を見にやって来る!となれば、大規模なお掃除をする必要に迫られるのです(苦笑)。

せめて、リビングで留まって欲しいけれど、そうはならないので、前日から‘お頭’と終日掃除に明け暮れました(;汗)。

自分でも、頑張ったと思います。
b0299869_16282801.jpg
本来は、料理など凝るべきなのでしょうが、幸い「カレーがいい」と言ってくれているので、料理はそこそこに、兎に角掃除!

こんな機会でもないと、なかなか掃除をしませんからね。
ありがたいと考えましょう。
b0299869_16273973.jpg
「綺麗にしとるなぁ〜」と、言われて、「昨日から大掃除してお陰で綺麗になったんだよ〜」と、言っても、とりあえず信じてもらえないくらいには普通っぽく綺麗をキープできていたみたいです。

なんか、騙しているみたいですが、来客様様なのです。
b0299869_16280141.jpg
ところで、何も置かれていないカウンターを見るのは久しぶり♪

スッキリしていると気持ちいい!
久しぶりに引きの写真が撮れます(爆)。

いつもなら、このミニカウンターの上にはDMやら、請求書やら、回覧板やら、会報など、とにかく捨てても捨ててもすぐに新しいものが届き山積みなのです。

そんなわけで、恥ずかしくて写真はこのアングルで撮ることはありません。

しかし、郵便物の類って、選挙の投票券も、どこかに置いたら忘れそうだし、こういう時は、みなさんどうしているんでしょう?
b0299869_16274814.jpg
いづれにせよ、いつもこのくらい片ついていたら、心地よくいられるでしょうね。

今はまだ家の改装があるので仕方ないにしても、落ち着いて、部屋の適所にしかるべき機能を持たせられたら小綺麗な空間をキープしたいものです。


1日半に渡る大掃除、次回は年末でしょうか?
ひとまず、おもてなしも出来たし、‘お頭’ともども、お疲れ様でした〜。




[PR]
by tene-tene | 2017-10-15 17:18 | できごと

結局、行ってしまった。


秋田〜岩手の帰省旅写真を眺めなら、とある失敗談が毎回、脳裏をよぎるのです。
b0299869_21163045.jpg
この失敗談、ちょっと思い出にメモしておきます。

いちばん最初に訪ねた秋田駒ヶ岳の麓にある、駒ケ岳温泉での出来事。
b0299869_21185749.jpg
本当は、乳頭温泉の老舗「鶴の湯 本陣」に泊まりたかったteneteneでした。

しかしながら、半年前でも予約はいっぱい!
しかも本陣は、普通の予約方法では取れないことを知って、断念したのです。

せめて日帰りで…と考えていたのですが、以前、乳頭温泉のとある温泉宿で、ただでさえも激混みなのに、団体観光客が温泉浴室にドカドカと入ってきて、お湯に浸かるでもなく、湯を浴びる人たちを、登山着のまま見物するという…そんな失礼な出来事があったので、見物された方としては堪らなく、トラウマになっていたのです。

想像してみてください。
かたや全裸で、かたや登山姿のご婦人集団。
比率で行ったら4:6ほど。
次から次へと入れ替わり立ち代り見に来るのです。

まるで見世物のようになる不快感。

いい温泉は、静かな空間で、のんびり浸かりたいもの。
宿泊であれば、外来客がいなくなる時間帯に入れることができるけど、日帰りとなると二の舞になることも否めません。
b0299869_21171061.jpg
そんな訳で、乳頭温泉はやめにして、同じ源泉の駒ケ岳温泉に変更したのです。

その判断は大正解!

静かな空間に、流れるせせらぎ、木の香りと硫黄の温泉臭。

これこそ、teneteneの求める温泉!と、そりゃもう満足。


ところがそれも束の間。
年配のご婦人方が5名ほど、やってきて、流し場を占領し、大きな声で会話を始めたのです。

「いいお湯だね」
「いいねぇ、昨日の鶴の湯とは全然違うね」
「違う違う!」
「もう、鶴の湯はうるさかったもん!」
「もうさ、あんな関西弁で、集団で、ベラベラ喋られたら、うるさくってしょうがない」
「んだんだ、なんか落ち着かなかったよね〜」
「ここはいいね〜」
「そうだ!今度からここにしよう!」
「んだんだ、ここは、静かでいいね〜」

そのまま会話は延々と続く…。

会話を聞かなくて済むならそうしたい。

確かに、ご婦人以外は静かだよね〜。
「あの〜、西日本からの帰省なんですけど〜」と、言っていいものなら言いたい。

勿論、このご婦人方の気持ちも理解できる。
東北の人は人見知りだし。
でもね、知らない土地の人だからといって、イメージだけでそんなに言わないで…と言うか、あなた方が「うるさいっ!」。

「されて嫌だったことを、やっていることに気づいてませんよね〜〜〜〜っ!」

と、急にイライラ。

せっかくのお湯なのに。

いかんいかん!と、内湯がうるさい時は露天風呂へ、露天風呂がうるさい時は内湯へと策を練り、気分を切り替えました。
そんなこんなで仕切り直して、持ち直しました。

そうやって浸かれば、やっぱり最高の「お湯」なのです。
本当に、夢にまでみたお湯。

そして、ここからが事件なのです。
(実は、ここまでが前置きでした;汗)

考えてみれば、この温泉、今までちゃんと写真におさめたことがありませんでした。
せっかくなのだから、今回はちゃんと写真を撮るぞ!と、そう‘お頭’に宣言し、撮影時間を確保。

車中に残したスマホを取りに向かい、teneteneは凍りつきました。
「スーツケースに鍵が架けられている!」

だから何?ですよね(苦笑)。

実は、そのスーツケースにはスマホと、スーツケースの鍵が入ったバックが入っているのです。
つまり、鍵をスーツケースの中に入れて、錠前の施錠をしてしまったのです!

え〜〜〜〜〜〜〜!

何と!旅は始まったばかりなのに。
「乳頭温泉の車上荒らし注意!」と言う張り紙を気にするあまり、やっちまった〜〜〜!

「どうしよう、どうしよう!」と、アワアワする隣で‘お頭’が、「〇〇で、番線カッターを買えばいいんじゃない」と、クールにアドバイス。
〇〇は、この温泉界隈にあるホームセンターなのです。
(北東北のホームセンターは、ほぼ‘お頭’の頭の中にインプットされています;笑)。

旅行に来てまで、ホームセンター。
b0299869_21174101.jpg
我が家をご存知の方なら、毎週末にホームセンターにいかない日はない!ということは、お分かりでしょう。

旅行中くらい、ホームセンターに行かないで過ごしたいという願望虚しく、勝手知ったるホームセンターへ直行。
b0299869_21164673.jpg
勝手知ったる店内で、番線カッターを購入し、スマホを無事に取り出すことに成功しました。

こんな重いモノ。
持って帰らないといけないなんて…。

しかも、鍵はあっさりと切れて「こんな鍵じゃ車上荒らし対策になりもしない。」ということも、ますます悲しくさせました。

結局、駒ケ岳温泉の写真を戻って撮る気にもなれず、心地よい温泉後の、何だかなぁ〜な、思い出が残ったのでした。


おばちゃん達がうるさいとか、そんなことはもはやどうでもよく、自分のマヌケさにどよ〜んと、してしまいました。
そして結局、ホームセンターに助けられた訳なのです(笑)。

そうそう余談ですが、番線カッターは、teneteneが責任を持って帰りました。
空港のX線検査で、はっきりと写っていたみたいで、事情を伝えた係の人が微笑んで見ていました。

思い返す度に、とほほ…なのです。






[PR]
by tene-tene | 2017-10-11 22:07 | 出かける

いつもの生活


先日、玄関に栗と柿が届いていました。
秋ですね。

これまでは置き場所によって「○○さんからの頂き物」と、ある程度判断できていたのですが、最近は、付き合いの幅が広がり、誰が下さったのか、手渡し以外では判断がつきにくくなって来ました。

お礼を伝えるのに感頼りでドキドキします。
b0299869_17594765.jpg

さて、2年ぶりの北東北帰省旅から1週間。
未だ余韻に浸っています。

先週は、忙しかったものの、不思議と落ち着いて過ごすことができました。
帰省中の湯治パワーがまだ持続しているからなのでしょう。
何が違うのかわからないけど、ピタッとくるものって、絶対的な安心感につながるみたいでブレずにいられます。

ついつい思いを馳せてしまうけれど、日々何かと出来事はあり、記憶はどんどん上書きされていきます。
悲しくもありますが、それが当たり前。

キッチン裏のピラカンサも気温が下がったこともあり、赤く色づき、東北ほどではありませんが、秋の気配が漂って来ました。
b0299869_16205181.jpg
‘お頭’は帰ってくるなり東京出張になってしまいました。
b0299869_16204028.jpg
今回のお土産はVIRONのパン。

前々回のバカナルのパンは、油揚げみたいになってしまいましたが、今回は潰れず形をキープ(笑)。
b0299869_16203138.jpg
レトロドールとクロワッサンと、パン オ ショコラ。

懐かしい味がしました。

帰省旅後の東京って、どんなかな?って思いましたが、それはそれ、これはこれ、みたいです。
確かに、そうですね。

そう言えば、帰省旅の際、前ノリで大阪に一泊しました。
仕事後に移動して大阪入りだったため、遅い食事をしてホテルに直行と言った具合で、残念ながら街をほとんど堪能していません。
b0299869_16212994.jpg
でも、久しぶりの大都会は刺激的で、キョロキョロしてしまいましたが、生ビールが飲める環境に歓喜!これだけでも幸せでした。
(別に、都会でなくても飲めるけどね、田舎生活では縁遠いんです。)
生ビールって、美味しくなっていてびっくりしました(笑)。
泡がクリーミィなんですね。

‘お頭’は出張があるので、だいぶ前から知っていたらしいけど、知らなかった。


ところで、帰省中、動画を沢山撮りました。

これまで、動画には興味がなかったのですが、やはり、音の効果は大きく、温泉での湯の流れる音や、水面が揺れる様子、木々を揺らす風、雲の流れる様などなど、臨場感があり、何度も見返してしまいました。

ブログにも貼り付けようかと思ったのですが、動画はyoutubeにアップしないといけないみたいだし、gifもtwitterからだし、裏技を使ってダイレクトに貼ると嫌われるとか読むと、そのうち貼れるようになるまで待とうかな…といった具合。

そんな訳で、旅の記憶はひとまず保留とさせていただきます。
b0299869_16211318.jpg
High Sierraを見ると、思い出しちゃう。
(負けてないと思うのよね…個人の感想だけど)

もう少し、余韻に浸ろうかな。





[PR]
by tene-tene | 2017-10-08 18:10 | できごと

お里帰り「秋田〜岩手の旅 2017」ダイジェスト


更新が途絶えていましたが、元気です。

約2年ぶりに帰郷していました。
b0299869_21045672.jpg
今回のテーマは「温泉」と「無性に食べたくなる味」と「ストレスフリーのドライブ」と「水」と「空気」を堪能する!でした。

温暖な桃の国での生活は、もはや北国での生活より長くなっているのですが、縁(ゆかり)のあるところって、時間に関係なく恋しくなるんですよね。
温泉然り、味付け然り、交通マナー然り…。

そういう意味で、今回は「これこれコレ!」づくしで幸せいっぱいだったのです。
b0299869_21050459.jpg
ちょっとしたエピソードは後日アップするとして、まずはダイジェストで写真とコメントだけお届けします。

ルート|伊丹空港→秋田空港 花巻空港→伊丹空港
♪温泉|駒ケ岳温泉→玉川温泉→大深温泉→後生掛温泉→滝の上温泉→国見温泉→台温泉→山ノ神温泉
♪食事|ピリッとした割り下の十割蕎麦、だんご汁、きりたんぽ鍋、冷麺、生ビール、焼き鳥、ももどり伝説の鳥ラーメン、まつぼっくりのアイス、あじまんのつぶあんおやき、マルカンデパート大食堂のカツカレーとコーヒーゼリ♪

お天気|雨→チョット晴れ・濃霧に雨→雨のち晴れ→曇りのち晴れ

それでは、ページが重くならない程度に、写真のダイジェストなのです。
b0299869_21051726.jpg
秋田では、秋田犬のポスターが至るところに!tenetenは冬の雪をかぶったバージョンが好きでした。
b0299869_21053492.jpg
蕎麦は、そば五郎。
お水が美味しいから蕎麦もうまい!そして割り下も辛め!うん、最高。
b0299869_21055019.jpg
田沢湖は、いつ見ても神秘的。
b0299869_21060337.jpg
一泊。
久しぶりの玉川温泉はピリピリしみた。。ブランクを感じました。

‘お頭’が言うには「カレーでいうならベリーホット(激辛!)」なんだそうだ(爆)。
b0299869_21061557.jpg
b0299869_21064078.jpg
b0299869_21065277.jpg
b0299869_21071037.jpg
八幡平は、紅葉が見頃。
b0299869_21072356.jpg
我が家の1・2を争う温泉はやっぱり「大深温泉」なのかも。
b0299869_21074282.jpg
後生掛温泉は、記憶よりも小さかった。
記憶って、変化するのかな?
b0299869_21080087.jpg
岩手山の裾野。
この裾野が大好き。
b0299869_21081856.jpg
冷麺と言えば盛楼閣。
ここで、‘お頭’が「酸っぱい食べ物」が実は苦手だったことを思い出したみたい(苦笑)。
結局、カクテキは、teneteneがひとりで食べました(笑)。
b0299869_21084877.jpg
b0299869_21540970.jpg
7月の豪雨で、滝ノ上温泉の改築は延期になったか、見送りになった模様。
思った以上に、秋田も岩手もダメージを受けていました。
b0299869_21085826.jpg
まつぼっくりの栗アイスで、心を鎮めて、国見温泉へ。
b0299869_22121088.jpg
b0299869_21092539.jpg
太めの麺と、澄んだスープ。
コシのある麺と澄んだスープは、桃の国では食べられません。
b0299869_21095024.jpg
雨のなか、お墓参りをしたら、止んで虹が出ていました。
b0299869_21101058.jpg
b0299869_21103936.jpg
b0299869_21111056.jpg
b0299869_21112364.jpg
ず〜っと食べたかった「あじまん」のつぶあんおやき。冬限定なのです。
b0299869_21115425.jpg
b0299869_21124737.jpg
b0299869_21131315.jpg
b0299869_21132928.jpg
この神社は、ゴールデンレトリーバーのレオナルドが大好きな神社で、ここに来ると、レオがいるような気がします。
b0299869_21135526.jpg
マルカンは、やっぱり最高!
もちろん、完食!
b0299869_21142460.jpg
イギリス海岸はやっぱり外せません。
b0299869_21145156.jpg
空港では、大好きなダブルFさん二人が見送りに来てくれました。
懐かしくて、嬉しくて、言葉が出なかった。
b0299869_21143672.jpg
b0299869_21150297.jpg
古墳が見えます。
b0299869_21151318.jpg
到着。

空港で、Fさんに手土産をいただきました。
もうすぐ誕生日なので、誕生日に開けようと思います。

かなり割愛しましたが、今回は、あと1日、もう少し、ちょっと帰りたくないなぁ…と、思う帰郷でした。
濃厚な温泉の香りが体から今も染み出て、今週いっぱいは余韻に浸ってしまいそうです。

とは言え、お仕事も頑張らないといけないので、気持ちを引き締めて1週間、また頑張ろうと思います。

やっぱり大好き!東北。






[PR]
by tene-tene | 2017-10-02 22:14 | 出かける
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite