天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第4回焼き菓子大会


土曜日、この冬一番の冷え込みで霜が降りました。
b0299869_17023429.jpg
3方を山に囲まれている我が里山は、まるで冷凍庫の底みたいな冷気が滞留して、それはそれは寒いのです。
ただ、寒いことを除けば、その光景は美しく、しばし見惚れてしまうほど。

冬ですね。

さて、秋に突如訪れた我が家の焼き菓子ブーム。
この冬もその熱は冷めることがありません。

‘お頭’も、若干ですが時間が取れるので、今回は久しぶりに大会形式!
「第4回焼き菓子大会!」なのです。
これまでの戦績は‘お頭’2勝1敗、tenetene1勝2敗。
若干、抜け駆けして自主トレしているteneteneは、今回負ける訳にいかないのです。

で、そのtenetene、今回も引き続きシフォンケーキを作ります。
集大成?になる予定。
b0299869_17022192.jpg
この材料を見れば予想がつくかと思いますが、「甘くない抹茶シフォン」を作ります。
卵黄にはグラニュー糖の代わりに、和三盆を使います。
卵白には怖いのでグラニュー糖を。
…って、これまたオリジナルレシピです。

大会は午後からなのですが、午前中に小豆を煮ます。
b0299869_17021202.jpg
極力甘さをひかえめに。
入れるか入れないかはちょっと迷っています。
b0299869_17020128.jpg
仕込み完了!

そして午後。
火蓋は落とされたのです!
b0299869_17011411.jpg
今回、卵を少し良いものに変えました。
b0299869_17015159.jpg
割ってびっくり、全て有精卵でした。
濃厚そう。

いつも薄い卵を使っているので、なんとなく不安。
卵黄は3個でも良いような?

型も今回は富澤商店で見つけたKAIの深めのシフォン型。
初めて百均以外の型を使います(笑)。
b0299869_17012447.jpg
一方、‘お頭’は、今回バゲットを作ります。
(イングリッシュマフィンって聞いていたんですけどね)
b0299869_17014040.jpg
なんと!以前見つけたリスドォルが忘れられず、わざわざ買いに行っての参戦なのです。
b0299869_17013201.jpg
レシピも結構リサーチしたみたいだし、気合も十分な様子。

と、思ったら、早くも生地を寝かせる為に休憩。
b0299869_17002980.jpg
えっ!
まぁ、確かにパンは混ぜて休ませ、混ぜて休ませ、発酵、ベンチタイム、発酵と、間が空くんですよね。
b0299869_17010561.jpg
ウサギと亀?
アリとキリギリス?
う〜ん、例えになっているような?全くなっていないような?
まっ、いいか。

さっ、ハンドミキサーを購入してからというものは、お菓子は瞬殺になったtenetene。
b0299869_17005691.jpg
あっという間に、卵白と卵黄を混ぜる段階。
(でも、卵黄はミキサーよりも手で時間をかけて乳化させた方が良いように思います)
いつもここでムラができるので念入りに。

と、思って念入りにしたつもりが、型に入れると若干ムラ〜。
b0299869_17004810.jpg
まっ、いいか。
b0299869_17003850.jpg
オーブンへ。
あっ!tenetene帽子かぶったままですね。
お昼前に出掛けてて、帰ってすぐに始めたので、実はカバンも椅子の上に乗ったまま(苦笑)。
もしかして、焦っていたかな?

まぁ、ドンマイ。

バタバタしているteneteneを尻目に、1次発酵に向けて生地の様子を見る‘お頭’。
b0299869_17001979.jpg
おっ、いい感じそう。
b0299869_17001197.jpg
オーブンを覗く振りをしつつ、ガラスに映る対戦相手‘お頭’の様子をチェック!
b0299869_16595970.jpg
「う〜ん、ここで表面を綺麗に慣らすって書いてあるけど、ならないなぁ」と、悩んでいる‘お頭’を見ながら、ニヤニヤするtenetene。
(だいたい、ガラスボウルにすればいいのに、塩ビのボウルで大丈夫なのだろうか?)
b0299869_16594998.jpg
本人、気にする様子もなく黙々と。

そうそう、これまでタッパーの蓋で捏ねていた‘お頭’でしたが、なんと!
b0299869_16593939.jpg
スクレーパーをとうとう購入。
買ったからには、続けるということで、続けるということは、手作りパンのある生活が送れるという事で、この上ない幸せ。
b0299869_16592935.jpg
部屋じゅうに、卵とお砂糖のふんわりしたいい香りが♪
ふふふふふ、部屋に立ち込めるお菓子の焼ける香りって、幸せな気分になりますよね。

と、写真を撮りまくっていたら、取り出そうとしていた時間を僅かに過ぎていて慌てて取り出します。
b0299869_16591995.jpg
ちょっと焼きすぎた?
少し膨らみが偏りましたが、マズマズといったところ。
b0299869_16590979.jpg
裏返して、うっとり。
b0299869_16585735.jpg
ちょっとご満悦なのです。
(余裕そうに見えますが、慌てていて竹串を置かずにくわえているほど実はいっぱいいっぱいでもあります)

ご満悦のteneteneを残して‘お頭’はパン生地と仕事部屋へ。
b0299869_16584753.jpg
果報は寝て待て…。
常に平常心を保っています。

でも、teneteneはウッキウキ。
b0299869_16583873.jpg
でもね、触ってみると、いつものフワッフワな表面が、若干固め。
やっぱり卵黄のたんぱく質が多かったかな?
次回はいつもの卵に戻そう。
b0299869_16582813.jpg
さっ!綺麗に剥けるかな。
b0299869_16581722.jpg
おっ、なかなか良いようです。
表面は固めでも、中はふわんふわん。
b0299869_16580702.jpg
外せました。
b0299869_16575617.jpg
少し、底を剥がすのを失敗しましたが、まぁまぁ、良しとしましょう。
b0299869_16574405.jpg
カット!
良い感じですよ。
b0299869_16573311.jpg
試食タイム♪
いつも一晩寝かそうと思うのですが、待てなくて直ぐに食べちゃうんですよね(苦笑)。
ちなみに、餡は、ほんの少しだけ風味づけに入れています。

感想としては、餡にもう少し砂糖を入れても良かったかな。
ただ、抹茶シフォンは甘くはないものの、これはこれでビターで美味しいかも♪
和三盆はグラニュー糖よりも甘みが少ないので、もっと入れても気にならなかったかな?
隠し味のキルシュは割と合っていると思います。

うん、でもこれ良い感じです。
‘お頭’にも合格点をいただきました。

さっ、‘お頭’のパン生地のある部屋へ。
b0299869_16571611.jpg
我が家の一番暖かい部屋なのです。
b0299869_16572529.jpg
でも、どうやら発酵はうまくいっていない様子。
やっぱり、ボウルが良くないんじゃないかな?という事で、潔くガラスのボウルへ変更!
寝かせる事3時間。

もう夜です。
b0299869_16570656.jpg
「ふっふっふっ。」
そう言いながら秘密兵器のように生地を持って登場!
b0299869_16565881.jpg
発酵も気持ちよく進んでいる様子。
でも、2倍ほどにはなっていなくて、卵を温める母鳥のように、生地を温める‘お頭’。

映さなくていいよって言われたけどパシャり。
b0299869_16564657.jpg
で、さらに1時間。
b0299869_16563607.jpg
なめらかで、ふわっとした生地に成長。
そろそろ次の過程?と思っていたらここで仕事の電話。

teneteneは待ちながら、‘お頭’のレシピを確認。
b0299869_16562753.jpg
すると、嫌な予感。

なんと!オーブン280度と書いてあるではありませんか。

なんとなくですが、そこまで高くできないと思い、ネットで型番検索。

うー。
予感的中。
このオーブンレンジ、最高温度がオーブン時で250度がMAX。

ごめんね、‘お頭’。
あのパリッとしたフランスパンにはならないかも知れない。
(実は、このオーブンレンジは独身時代にパンを焼くためにteneteneが買ったものなのです、なんか責任を感じます)

まぁ、仕方ないので、250度で焼くことに。
b0299869_16561886.jpg
成形。
b0299869_16560859.jpg
家庭用オーブンに入るサイズを意識して。
b0299869_16555932.jpg
本当は、キャンバス地で寝かせるんですが、そんな専用のものはないので、未使用のお皿拭き用ファブリックを。
b0299869_16555081.jpg
あっ、あれ、‘お頭’としたことが、これ、バゲットの端っこじゃないと思うのですが…。
b0299869_16554127.jpg
と、言ったら、↑無理やり尖らせてくれたけど、なんか違う(爆)。

〜ここで2次発酵〜

最後の仕上げに。
b0299869_16553157.jpg
ライ麦を振って、クープを。
b0299869_16552210.jpg
専用カミソリがないので包丁です。

笑:なんかチャバッタみたいな形に見えるのはteneteneだけ?
b0299869_16551394.jpg
色々ごちゃごちゃ横で言うものだから、クープが変になってしまいました。
ちょっと睨まれるteneteneなのです。
b0299869_16550398.jpg
焼きます。

250度で、25分くらい?と、思ってたけど3分追加で28分。
パンのい〜い香りが。
b0299869_16545356.jpg
出来た!

美味しそう。

ただ、バゲットって思うとちょっと違う。

でも、これってオーブンの能力にもよると思うと、差し引いて見ても良いかな?
クープもあんなに深く入っていたのに、意外とのめっとなっていて、これはなぜ?
う〜ん。
b0299869_16544198.jpg
粗熱が取れるまで少し待ちます。
b0299869_16542035.jpg
冷凍するためにカット。
b0299869_16543060.jpg
おっ!
切り口はなんだかフランスパン。

すっ、すごいよ‘お頭’。
b0299869_16540853.jpg
この時点で夜の10時を過ぎていますが、ひと口試食。

バゲットって思わなければ、美味しいけど、なんか違う?
でも、パンと思えばとっても美味しい。

今回勝者を決めるのは難しい感じ。

そして、一夜明け。

--

朝、開口一番に‘お頭’が、「やっぱり今回の勝者はteneteneだな」と敗北宣言。

えっ?どうした‘お頭’?と、とりあえず勝者権をいただくteneteneなのでした。

が!
b0299869_16535662.jpg
冷凍したパンをオーブントースターで焼き戻したところ、なんと!
とってもフランスパンチックになっているではありませんか〜!!!

しかも、中はしっとり、外はパリッと。
そして、リスドォル独特の風味が。

ここでまさかまさかの‘お頭’の逆転勝利宣言。

え〜〜〜〜〜っ!なteetene(笑)。

でも、笑顔の‘お頭’をみると、まっ、いっか?と思ったりもするのですが、一度は勝者になっただけに腑に落ちない。
b0299869_16534414.jpg
かくして、再度オヤツにシフォンケーキを食して今回は「引き分け!」と言うことになりました(苦笑)。

まぁ、正直、どちらも美味しいし、手作りって本当に最高♪
小麦粉を入れる瓶まで揃えてしまったので、ブームというよりも定番になりそうな勢いなのです。
b0299869_17040896.jpg
生活の楽しみ方がひとつ増えたって感じで、こんな生活もいいですね。




[PR]
by tene-tene | 2018-11-25 22:56 | 食べる

自主トレ


豊島から戻って早々に、‘お頭’は再び仕事が忙しいモードに突入。
休日返上なのです。

そんな訳で、来たる第4回焼き菓子大会に向けてひとり自主トレに励むことにしたのです。
b0299869_22034101.jpg
そうそう、自力で泡立てるとか言っておいてなんですが、ハンドミキサー(中国製)を買ってしまいました(笑)。
昨年の忘年会でいただいた商品券をまだ使っていなかったのを思い出して、利用しちゃいました。
でも使った事がないので、大丈夫なのでしょうか?
あ〜心配。

ところで、今回は勝ち負け無しなので、少し実験チックなことをしようと思っています。
b0299869_22031987.jpg
作るのは引き続きシフォンケーキで、今回はオレンジ風味。
「お題」はどこまで砂糖を減らせるか…。

基本、焼き菓子はレシピを無視して適当に作ってはいけないということは知ってはいるのですが、調べると結構皆さんそれぞれ異なる配合。
ってことは、もしかしてだけど、ある程度までは変えても大丈夫なのでは?
ってことでチャレンジ!
この経験から自分好みのシフォンケーキを作ればいいよね。

さぁ、開始!
…って、のっけから卵黄を潰しちゃって↑、ちょっと不安。
大丈夫なのか?
b0299869_22030554.jpg
初めてのハンドミキサー。
怖い。
なんだか、すごく怖いぞ。
b0299869_22024893.jpg
慣れてきたところで、メレンゲ。

今回は、逆さにしても落ちないくらいの強いメレンゲではなく、少し柔らかいメレンゲにしました。
なぜかというと、型に流し込む時に入れにくいからなのです。
前回、ボタボタって感じだったので、今回はふんわりとろりと。

後悔するかな?
まぁ、自主トレですからね、失敗するなら今のうち。
b0299869_22023358.jpg
合わせてみます。

ちょっと小麦粉を少なめにしたので、なんとなくスフレっぽい雰囲気。
最後にぺしゃっと行きそうな予感。
b0299869_22022194.jpg
ちゃんと混ぜたつもりでも、ややムラが(爆)。
次回はもう少し混ぜよう!

焼きます!
b0299869_22020776.jpg
うお〜〜〜っ!思ったよりも膨らんでいます。
途中、膨らみに偏りができそうだったので、切り込みを入れて正解だったかも。

ここで‘お頭’が様子見に…。
やっぱりひとりより二人よね。
って、すぐ上に行っちゃったけど。

粗熱をとります。
b0299869_22015215.jpg
スフレになるかと思いましたが、意外と固まりました。
b0299869_22013744.jpg
ただ、今回はちょっと型から外れにくそう。
やっぱり小麦粉は気持ち増やした方が良さそうです。
b0299869_22012579.jpg
剥いてみるとホニョんとした感じ。
う〜ん。
自重で潰れてきてるかな?
b0299869_22011049.jpg
ちょっとチャウチャウ犬みたいな柔らかさ。
でも、フワッフワでいい感じ。

カット!
b0299869_22005680.jpg
お〜〜〜っ!
かなりしっとりできめ細かい。

前回、紅茶のシフォンで納得しましたが、やはりケーキはすぐ食べるよりも寝かす方が数倍美味しくなりますよね。
ここは切らずに寝かせるべきなのでしょうね。
でも気になるので一切れ試食。

感想、、、。

手前味噌ですが、甘さが控えめで、とにかくしっとりふんわりで、美味しかったです♪
砂糖を半分以下にしたのにも関わらず、(若干マーマレードとコアントローが入っています)風味もあって、素材の味がちゃんと出ていました。
子どもには甘さが足りないかもしれませんが、大人にはこれくらいがいいのでは?どうかな?

小麦粉が今より足りなかったらアウトだったろうなって感じでしたが、どうにか形もキープ出来てるみたいで良かった。
個人的にはかなり満足です。
‘お頭’も喜んで食べてくれました♪

次回は、もう少し小麦粉を増やしてみます。
何味のスフレを作るか、実は決まっていますが、今はヒミツ。

とりあえず、食べられるものができて良かった〜。
それと、やっぱりひとりで作るより、二人で作った方が楽しい。
次回は是非‘お頭’と手合せ願いたいものです。



[PR]
by tene-tene | 2018-11-18 22:51 | 食べる

2018秋の豊島旅


毎年秋になるとどこかへ行きたくなるのですが、今年は休暇を取って、豊島(てしま)へお出かけ。
b0299869_21423700.jpg
月曜日はあまり人がいないだろうということで。

本当は、日曜日と月曜日で、姫路経由の正倉院展(奈良)を企画していたのですが、土日に急ぎの仕事が‘お頭’に入り、Bプランへの切り替えになりました。
b0299869_21415773.jpg
天気によって旅の印象は変わりますが、あいにくの曇り空。
しかも寒〜い。
写真的にはちょっと残念。

でも、日光過敏症なので、メリットとしては日差しを気にせず歩けること♪と、思えばへっちゃら。
曇りの海も実は好きだしね。

それにしても、外国からのお客様の多いこと。
b0299869_21421381.jpg
この前にいるカップルは、行きも帰りも同じ船でした(笑)。
島自体が狭いし、まぁ、普通そうなるか。

さぁ!レンタサイクルで島めぐり!
b0299869_21413691.jpg
起伏の多い地形ですから、当然、レンタサイクルは電動アシスト付きなのです。
b0299869_21411426.jpg
はじめての電動アシスト付き自転車ですが、こんなに楽なのか!ってくらい楽々。
とても楽しい。

ここで、寄り道。
b0299869_21403559.jpg
豊島美術館なのです。
チケットセンターでチケットを購入していると、‘お頭’が「ここで働いている人は、いつもこんなにいい眺めなんだな」って、言っていたのでその目線で写真をパシャリ。
確かに、海が見えて気持ちいい眺め。
ここは晴れていたら抜け感が心地よいだろうな。
b0299869_21401640.jpg
西沢立衛氏設計の豊島美術館。
b0299869_21395648.jpg
実はず〜〜〜っと前から来たかったのです。
なかなか良かったですよ。
1日居られるって、思いました。

写真撮影はできない分、空間を堪能することに集中。
思った以上に館内は広く、スケール感が写真とは違っていて、なんというか…自分が小さく感じられるような?
湧き出る水も、見ていて飽きなかったのです。

観覧者の9割は海外からのお客様。
日本じゃないみたい。
「初めてですか?」と、入場説明などで何度か聞かれ、リピートのお客様が多いことが伺えました。
英語で慣れた説明をするスタッフはこの島に住んでいるのか?気になりました。

音が響くとのことで、荷物をビニールバックに入れて入る徹底ぶり。
そんな中で、観覧者のどなたかのお腹が鳴ってしまって…(笑)
結構響いていました。
と、同時に、ちょっと笑い声も。
‘お頭’の膝が美術館の中央あたりで「ピキッ」と鳴った時、骨が小さく砕けるような音が垂直にどこまでも広がりながら鳴り響いて、宇宙まで届くような錯覚を覚えました。

「曇りでよかったんじゃない?」と‘お頭’も言っていたけど、曇りの感じ、悪くなかったのです。
難を言えば、靴を脱ぐので底冷えがして、長居できなかったことでしょうか。
気温が高ければ本でも持って、1日居てもいいかも知れません。(迷惑がられるだろうけど)
平日で大正解!
b0299869_21393472.jpg
b0299869_21391656.jpg
冷えたので、ミュージアムショップのコーヒーで温まります。
b0299869_21384615.jpg
こちらは撮影OK!
こじんまりしていますが、居心地良かった。

さぁ、散策再開!
b0299869_21382572.jpg
黄色い服を来ているので‘お頭’を↑見つけやすい。
b0299869_21380908.jpg
美術館もいいですが、島を自転車で回るのもとっても楽しいです。
b0299869_21375300.jpg
teneteneはロケーションで、‘お頭’は設計面で、ランチは海のレストランを選択。
b0299869_21373868.jpg
寒くてデッキはやめました。
晴れたらもちろん最高でしょうが、曇りの日の海もさみしげで好きです。
b0299869_21372671.jpg
b0299869_21371597.jpg
ここでもコーヒー。
丁度雨が降ってきたので、タイミング良かったのです。

さぁ、再び。

オリーブ畑有りーの、みかん畑有りーの、のどかな風景♪
最高。

再び、パラパラ雨が降ってきたので写真は無し。
パラパラで良かった。
セーフな感じ。
豊島美術館でカッパを購入してたもの功を奏したみたいです。
b0299869_21365868.jpg
本当は、入らないつもりだった、豊島横尾館。
このエントランスにノックアウト!
b0299869_21364785.jpg
ガラスに赤いフィルムを貼るだけで、こんなに横尾ワールドになるなんて凄い。
こちらもエントランス以降は撮影禁止。

横尾忠則、まだまだ現役だなぁ。
面白かったのです。
b0299869_21363409.jpg
再び散策。
島は暮らしの丁寧さを感じる街並みで居心地が良いです。
自転車の島歩きは正解。
b0299869_21362082.jpg
ふと時計を見たら、もう最終船便まで1時間を切っていました。
b0299869_21360881.jpg
え〜〜っ!まだまだ散策したい。
と、後ろ髪を引かれつつ、帰途に着いたのです。
b0299869_21405411.jpg
これまで、瀬戸内海の島々を回りましたが、こうやって自転車で回ったのははじめて。
ただ回るだけでも楽しいし、作品を見て回るともっと楽しい。
写真は曇り空ですが、印象は明るかったと思います。
たった1日ですが、いい気分転換になりました。

もっと自転車で回りたかったな。(←くどい?)
多分、そう思えるくらいが一番良いのだと思います。

さっ、明日からまた頑張ろう♪




[PR]
by tene-tene | 2018-11-12 22:36 | 出かける

たて続けに第3回焼き菓子大会


早くも第3回焼き菓子大会が開催されたのです。
b0299869_21224990.jpg
前回、フォッカッチャで発酵が足りなかった敗者‘お頭’は、よほど悔しかったのか今週もフォッカッチャを選択。
かたや、レベルの低い争いながらも「おへそパン」で勝ったteneteneは何を作るかギリギリまで決まらず…。

ケーキはカロリーのこともあり避けたいけれど、しかし、第1回の時に薄力粉を買ってしまって、手つかずなんですよね。
b0299869_21230424.jpg
我が家はお好み焼きも作らないし、油が飛び散る天ぷらもしない。
じゃあ、いつ使うの?
ってことで、今更ですが「今でしょう」…。

そうとなると、フワッとしたシフォンケーキくらいしか思い浮かばないのです。
b0299869_21223083.jpg
ところが、第1回でも書きましたが、我が家にはハンドミキサーもないし、人力の泡だても大の苦手!
本当に出来るのか、その体力が、筋力があるのか、とても勝てる気がしない。

しかし、薄力粉を買ったのはteneteneだし、ダメ元でチャレンジしかないのです(苦笑)。

一方、‘お頭’今回は気合が違います。
b0299869_21221097.jpg
捏ねる気満々だし、色々リサーチしてるし。
b0299869_21213966.jpg
黙々とやっています。
b0299869_21210933.jpg
そんな‘お頭’を横目で見ながら、紅茶シフォンを仕込みます。
色々研究した割には、レシピは何故か100均のシフォン型に付いてきたレシピをチョイス。
(笑;まっ、あんまり変わらないし、今回はね、膨らませることが第一目標!)

でも、既に卵黄とオイルを乳化させる段階で、腕が痛〜〜〜い。
大丈夫かなぁ〜、卵白の泡だて…。

なんてったって、どのレシピや動画を見ても、み〜んな見事にハンドミキサーで「高速で」作っている。
う〜ん。

と、泡だてはじめたら、発酵に入った‘お頭’が助っ人に!
b0299869_21205432.jpg
「チャッチャッチャッ」

うっ、上手い!

‘お頭’なんかとても心得ています。
b0299869_21202998.jpg
おかげでteneteneもやる気が出てきました。
(集中すると口が尖るのよね)
b0299869_21201188.jpg
どう?
b0299869_21195453.jpg
マシーンが無いと出来ないかと思ったけど、ハンドでも出来るみたいです。
うわ〜っ、はじめてかも、逆さにしてもだれない卵白。
b0299869_21193625.jpg
でも最後まで判らない。
b0299869_21192223.jpg
ドキドキなのです。
b0299869_21185924.jpg
おっ!
これ、イケるかも。
b0299869_21183899.jpg
指で触ってもふわふわ〜〜〜〜。
気持ちいい。

ちょっと、今回も勝っちゃった気分なのです。
実は‘お頭’、今回も発酵が思うように進んでいないらしいのです。

と、そこへボールを抱えた‘お頭’登場!
b0299869_21181966.jpg
表情は満足気!余裕の微笑み?っていうの?
b0299869_21175719.jpg
ボウルから出すと、前回とは打って変わって、ふわとろん。
危険!これって、成功してる?
b0299869_21173786.jpg
艶もあるし、オリーブオイルもたっぷりだし、ちょっと今回はレベルの高い争いになりそう。
b0299869_21171532.jpg
そうこうしているうちに、teneteneのシフォンケーキの粗熱が取れた模様。
‘お頭’に「何のレシピを使ったの?」と聞かれ「100均」と答える展開は、まるで第2回の逆シチュエーション!
何だか嫌な予感がします。
b0299869_21165807.jpg
呼吸を整えて、最後まで気を抜かずに型から外します。
b0299869_21164039.jpg
とにかく、今回は「ふわふわ」が目標なのです。

側面…。

かなり、いい感じです。
自分で言うのも何ですが、こんなにふんわり出来たのは‘お頭’の助けもありますが、生まれて初めてなのです。
b0299869_21162756.jpg
底…。

綺麗に剥がせました。

最後は、切り口です。
よく、大きな気泡が入ったりするらしいです。
b0299869_21153120.jpg
「お〜〜〜〜〜〜!」見事に成功!

ひとくち頬張ると、シフォンケーキ独特のしっとりとした柔らかい、ふわっふわの食感が!!
難を言えば、後味に砂糖の風味しか残らないこと。
こんなにうまく出来るのなら、洋酒を使うようなレシピにすれば良かったかも。
かなりいい出来ですが、味では第1回のチョコケーキの方が上かも知れません。

そうなると、あとは‘お頭’の出来と味次第。
b0299869_21151655.jpg
「ローズマリー摘んできて〜」と、頼まれ、泡だての御礼に庭から摘んできました。
b0299869_21150364.jpg
いよいよ仕上げ。
b0299869_21144636.jpg
日もだいぶ傾いてきました。
ドキドキします。
b0299869_21135557.jpg
出来た!!
b0299869_21142938.jpg
前回より膨らんで見えますが、硬い可能性も。
‘お頭’の目を盗んで指でコツコツ叩くと、前回とは違う空気の入っている音が。
b0299869_21141243.jpg
こうなると、あとは「味」ということになります。
b0299869_21133972.jpg
見た目ではドロー。
あとは味次第。
b0299869_21132456.jpg
切り口!
綺麗な気泡が入っています。
b0299869_21130917.jpg
柔らかくて、味も上等、塩気もいい感じ。
まるでイタリア人シェフのいるレストランに出てくるフォッカッチャみたい。

美味しすぎて、真ん中のふっくらしたところをあっという間に「おかわり」で完食してしまいました。
余談ですが、真ん中のところを食べて両端をくっつけたら、見事に形がつながりました(笑)。
b0299869_21125549.jpg
え〜〜〜っ!

と、いうことで、teneteneの敗者確定!!!
が〜ん。

悔しいので、冷凍庫からひと切れ残っていた前回のフォッカッチャを取り出して比べてみました。
b0299869_21123836.jpg
笑〜。
(左が今回、右が前回)

やっぱり全然違うのです。

あ、、、こうなると若干後悔の残るteneteneなのです。
ここまでうまく出来たので、次回はもう一度シフォンケーキでリベンジしたいところ(もちろんハンド、人力でね)。

‘お頭’は、これまでの強力粉1Kgを既に使い切り、早くも2kgに突入!
b0299869_21231518.jpg
そのうち、リスドールを入手するつもりみたいです。

勝ち負けも楽しいですが、本当に楽しいのは作る行為そのものかも知れません。
その気になって色々探すと、知らなかった情報がたくさん入ってくるし、新しい発見もたくさん。

こういう楽しみは毎週でなくとも続くといいなって思います。








[PR]
by tene-tene | 2018-11-04 22:29 | 食べる
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite