人気ブログランキング |

天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お母さんなのか?


さてさて、2週続けて猟師のおっちゃんの罠にかかったイノシシを発見。
b0299869_21080156.jpg
一瞬、先週のカレンちゃんが大きくなったのかと思ったけど、出産経験のある若い雌のイノシシで、あのカレンちゃんではありませんでした。
1週間でこんなに大きくなるわけないよね。

声をかけると人懐っこくクンクンするあたり、カレンちゃんと一緒。
ちょっと怖めだけど。

b0299869_21074691.jpg
何故、ここにいるのか?
もしかしたら、カレンちゃんのママで、帰らないカレンちゃんを探しに来て、ゲージにカレンちゃんの匂いがするから入ってしまったのでは?と、‘お頭’と、推測したりして…。
だとしたらなんてこった!

せめて、苦しまないで逝けますように。
2週も見かけるとしんどい。


話しは変わり、ムカデ対策で家中をバルサンで燻しました。
b0299869_21072659.jpg
12個、全部使い切ったので、家に入るのが怖いくらいだったのに。
結果、何も出ず!

え〜〜〜。

嬉しいけど、こんなにお金をかけて何も出ないなんて、それはそれで何だかなぁ〜〜〜。

まぁ、ひとまず居ないものは居ないのだから、ムカデに噛まれたのはたまたまだったってことなんでしょうね。
ネットで調べると、餌(G)があるから侵入してくるって書いてあったのに、Gすら出ず、何だったんだ。

念のため、‘お頭’が家の周囲にぐるっと殺虫剤の粉を撒いてくれました。
b0299869_21071590.jpg
専用のスコップはスグレモノらしくて、楽に粉を撒く事ができたのだそうです。
b0299869_21073554.jpg
猛烈に暑い中、ありがとう‘お頭’。

当分は安心して生活できるかな?
若干トラウマになっているけど、時間が解決してくれるでしょう。

さっ、気分を変えて夏を楽しもう!




by tene-tene | 2019-07-31 21:39 | 生きもの

不幸中の幸い、でも幸せ♪


梅雨が明けましたね〜。
暑くなってきました。
b0299869_14571896.jpg
前半、あまり面白くない話が続きます。
興味のない方は、後半へそのまま進んでくださいね。

<不幸中の幸い編>
前々回のブログで、顔が腫れた件。
ほどなく腫れは治り、良かった〜と安堵したのもつかの間、今度は皮膚の免疫低下により顔の皮膚が感染症にかかった模様。
今回は前回よりも‘お頭’に気の毒がられる腫れっぷり。
う〜ん、例えるならば、火傷した皮膚が空気にさらされただけで感染症になるのと同じような感じ?
とにかく、かゆい。
そして、熱い。

腫れだしたのは火曜日で、たまたま火曜日に休暇申請を出していたteneteneはネットで調べまくり、専門のお医者様を訪ねました。
先生に理由を話すと先生も慣れたもので、ささっと薬を処方してくださいました。
これまで行った皮膚科の先生の中で、一番相性がいいかも。
処方箋は、抗生剤と抗アレルギー薬、そして抗生物質の入ったクリーム。

翌日会社へ行くと「あれ・また?」とばかりに驚かれつつ、「ストレス?」とか「内面的なもの?」とか思われるのがツライ。
いちいち説明するのがかったるいのですが、いつも通りに振る舞って、適当にコミュニケーションを図り、家に帰ると冷凍庫を開けてアイシングの日々。
今回はなかなか痒みも腫れも引かず、夜も顔が熱くて眠れない。

そんな夜。
右腕にツーンとした痛みが走り目が覚めました。

「虫???」と思って飛び起き、スマホのライトで布団や周辺を照らしても何もない。

気のせいかな?と思い、1階へ降りて右腕を見ても何も起こっておらず、気のせいかな?と、そのまま就寝。
しかし、右腕の皮膚がやっぱりザワザワ、ヒリヒリするのです。

おかしいと思って、もう一度スマホのライトで辺りを照らしても何も見えず、しかも右腕だけっていうのが不思議で、頭がおかしくなったかな?と、ネットで処方された薬の副作用について調べたら、過敏症というのがあって、参ったなぁ〜。などと思い、左手で右腕をしっかり握り、大丈夫だと言い聞かせてまた就寝。

やっぱり右腕はジンジン、もぞもぞ、する。
何かが居るように感じるんですよね〜〜〜。

しかし、次の瞬間、お腹に針を刺すような痛みと、神経の流れに沿って走る激痛。
次いで右脇近くに麻酔注射を打ったような痛みが走り、やっぱり何かが身体を這っているような気がして、いたたまれなく起きあがったのです。

あぁぁ、これが妄想だったら、大変だなぁ。

そう思って、気分転換に1階へ降りようと、階段室で服をパンパンすると!

上着の中から何と!ムカデがズボンの上にポタリと…。

「ひゃっ」と小声で叫んで、払い除けると、どこへ飛んだかその姿は見えず。
どんなに探しても見えず。

やっぱり「妄想?」

気を落ち着かせようと、1階へ降り、服を捲し上げると今度は明らかに咬まれた痕と引っ掻かれた傷を発見!
が〜〜〜ん!と、同時に幻覚じゃなくて良かった〜と、ほっとしつつ、やっぱりヤツをどうにかしないとと、殺虫冷却スプレーと封筒を持って階段室へ!

すると、いました!
階段の蹴込になかなかのサイズのやつが。
b0299869_14574843.jpg
ひとまず、妄想や幻覚ではないことがわかったので、‘お頭’を起こして部屋の電気を点けて怪しい虫がいないかを総点検。

次に、ムカデに噛まれた時の対処法をネットで調べて、「43度以上のお湯で5分以上洗い流す」というのがあったので45度のシャワーで5〜7分ずつ局所を流しました。

右腕と、右中指の付け根と、おへその左隣と、右胸脇2箇所。
右腕以外はしっかり噛まれていました。

お湯をあてながら、これでアレルギーが出たらまた面倒だなぁ。とか、塗り薬は強めのステロイドとか書いてあったので、皮膚の治療でステロイドが使用できないteneteneはどうすりゃいんだと、うな垂れるしかなかったのです。

しかし不幸中の幸い。
この後、全く皮膚が痒くなることも、腫れることも無く、翌日を迎えることが出来たのです。
b0299869_14573643.jpg
↑これは一番最初に引っ掻かれたところね。
赤いけど痛くも痒くありません。

どういうことかというと、たまたま処方された薬が抗生剤とかゆみ止めの抗アレルギー薬で、飲み始めて3日目の効果が出ていたからなのです。

いつものteneteneだったら、恐らく大変なことになっていたでしょう。

いやぁ〜、これ、不幸中の幸いだったのです。

しかし、初回の段階で見つけることが出来れば、こんなに噛まれずに済んだのにって、ちょっと悔しかったです。
見つけられなかったせいで、精神的にもキツかったです。

もう、ヤツ!許せん!!
b0299869_14572683.jpg
と、いうわけで、家の中用にバルサンと、家の外用に‘お頭’がネットで業務用の嫌忌薬を買ってくれました。

今年、何故かムカデが多くて、会社でも毎日のように出ているし、家でも2度ほどサイズ違いを見かけていて、「何で〜?」って思っていたのです。

まぁ、、、我が家はスキマ↓だらけだしね。
b0299869_14574378.jpg
虫にとってはフルオープンなんですよね〜。
蟹も入ってくるしね。

バルサンと嫌忌薬で一網打尽!と、なればいいなぁ…と、思います。

そうそう、顔の腫れは、5日目にしてようやく元に戻り、薬の副作用で眼圧が上がりやすくなるらしいので、久しぶりに眼科にも行って、フルセットで検査していただきました♪
結果、問題なし!

年々、医者嫌い、薬嫌いが加速するteneteneなのですが、やはり、早めに病院には行かないといけないと反省したのでした。


<でも幸せ♪編>
まぁ、上記のような事があると、何だかいい事が無いように思われてしまいますが、先日、20代の時の仲間と数十年ぶりの再会を果たしました!すご〜〜〜く、凄〜〜〜〜〜〜く、懐かしく、みんな変わっていなくて気持ちがほぐれました。
b0299869_20433079.jpg
若い時のおバカな数々を知られているから、そのままの自分でいられるのがいいです。

しかも、みんな近県!
移住先の近県にこんなに気心知れた仲間がいるってこれほど幸せなことはないなって思います。

今回のブログ、顔が腫れて大変だった第2弾は、実はこの日の翌日から。

ただ、嬉しいことの後だったから、そんなに凹まずにいられました。
良いこともあれば、悪いこともあるし、不幸中の幸いってことも…。

それにしても、今週は嬉しくて眠れず、痒くて眠れず、痛くて眠れず、兎に角!寝不足の1週間でした。





by tene-tene | 2019-07-27 16:13 | できごと

カレンちゃん


日曜日の買い出しの帰り道。

我が家はあえて山道を選んで通るのですが、なんと!罠にかかった若い雌のイノシシを発見。
b0299869_16172883.jpg
田舎生活6年の間、ここの罠にかかったイノシシを見るのは初めて。
この罠は、隣の里山のハンターのおっちゃんの罠。

スマホのカメラを向けると最初は興奮してたけど、話しかけると穏やかになり、柵の間から鼻を突き出し、クンクンとするあたり、まるで犬や猫と同じで、撫でることさえ出来そうで、情が移ってしまうのです。
正直、可愛い。
b0299869_16180477.jpg
瓜坊の線が若干残っているあどけない様子から、今年の春に生まれた幼いイノシシだということがわかるのです。

連れて帰って飼いたい。
そんな変な気を起こしそう。

以前、お隣の屠畜仲間である‘大お頭’が「畑を荒らすイノシシは大嫌いだが、瓜坊は飼いたいと思う時があるんじゃ」と、言っていたのを思い出すのです。
瓜坊もそうですが、意思の疎通ができると、情が湧いてしまいます。

柵、開けちゃおうかな。

思わず里山でのルール違反をしそうなので、その場を去りました。

家に着いてスーパーの荷をほどきながら、あのイノシシをもし飼ったら…なんて、少し想像してみました。
でも直ぐに豚肉のパッケージが目に入り、現実に戻されました。

難しいなぁ。



by tene-tene | 2019-07-21 16:51 | 生きもの

ぷくぅ〜


3連休ですが、‘お頭’は月曜日から通常営業。
b0299869_11352077.jpg
リノベもしばらく止まります。

この3連休に救われたのはteneteneなのです。
金曜日の夜から急に顔が痒くなり、土曜日には真っ赤っかに顔が腫れてしまったからなのです。
医者に行かず、ひたすらアイシング(苦笑)。
いい医者知らないんだもん。
ステロイド、嫌いなんだもん。
まぶたが腫れて、視界が狭〜い。
b0299869_11352779.jpg
‘お頭’には「過発酵ですか?」「そろそろ焼きごろですか?」と、弄られながらも、気持ち悪く腫れた顔を嫌がられないのが唯一の救い。
自分の自然治癒力を信じるのみ。

月曜になり、少しは腫れも治まってきたので、ホッとしていますが、明日はスッピン出社か?!スッピンハラスメントとか言われないか?!心配。

発酵といえば、今回の‘お頭’パンは、海のお塩バージョンと、山のお塩バージョン。
b0299869_11354862.jpg
b0299869_11353517.jpg
味の違いがわかるのか、楽しみなのです。
b0299869_11351248.jpg
はい、発酵。
他人に思えません。
b0299869_11350534.jpg
夏になり、やや膨らみが足りない‘お頭’のパン。
(代わりにteneteneが膨らんでますけどね。)

温度なのか、湿度なのか?
パン作りって、難しいですね。

さっ、‘お頭’がお仕事なので、teneteneはお掃除に精を出します。
まずはエアコンです。
全部別々のメーカーなので、いちいち取扱説明書が必要です。
b0299869_11360955.jpg
b0299869_11362402.jpg
b0299869_11360205.jpg
まだ3台ですが、今後少なくとも2台増える予定。

そろそろメーカーも絞り込みたいところです。
さっ、顔もこんなだし、出かけられないし、頑張ろう!



by tene-tene | 2019-07-15 11:58 | できごと

日曜大工再開!


怒涛の仕事漬けから解放された‘お頭’。
b0299869_21074756.jpg
仕事漬けになっているうちに、爽やかな大工日和な気候から湿潤気候へと移り変わっていたのです。
とはいえ、今年はあまり暑くないのが救いですね。

さぁ、日曜大工再開!なのです。
b0299869_21072109.jpg
壁面の下地シーラー塗りまで終えたリノベ部屋。
お次は斜め天井なのです。

これまで、我が家でやったリノベ天井は、壁と同じプラスターボード仕上げばかりでした。
しかし、‘お頭’が「もう、プラスターボード貼るのは嫌だ」と申しまして、新しい仕上げにチャレンジしたいというのもあるし、変える事にしたのです。

何より一人でプラスターボードを貼って、パテをしごいて、サンダーで滑らかにして、下地を塗って、仕上げのペンキを塗って…と、ず〜っと上を向きっぱなしというのは、頚椎にもあまり良くなく、ごもっともな意見。
しかも、‘お頭’は一度頚椎の捻挫をやっていますから、上を向きっぱなしというのは体質的にも危ないのです。

で、‘お頭’考えたわけです。
羽目板を貼ったらどうか?と。
b0299869_21073232.jpg
先に仕上げをしておいて、それを貼っていく作戦。
枚数的にはプラスターボードを貼るより大変なイメージですが、‘お頭’には秘策があるらしい。

ともかく、これまでと違う仕上げというのも面白いし、あの上を向きっぱなしの、目にローラーの弾けたペンキが入るミケランジェロ状態を今回は避けられるのも悪くないし、やってみる事になったのです。

さて、まずは羽目板の木目合わせと、母屋のスパンに羽目板をカットし、サンダーをかける作業。
そして染色。

すると、リフォーム前の家で使用していた扉を引っ張り出してきてバリケードのようなものを製作。
これ、防塵壁としても再利用していたヤツです。
なんと、今回で再再利用。
b0299869_21073968.jpg
で、これは何かというと。
b0299869_21080946.jpg
こんな風に、羽目板を並べて効率よく作業する台に変身。
b0299869_21080366.jpg
ふ〜ん、サクサク。

しかし、我が家の37畳の土間、本当にこの空間があって良かった。
とにかく作業にもってこい!

雨の日も濡れなくてすむし、夏は涼しいし冬は暖かいし、唯一の悩みは、ここが土間作業場兼、なんと!玄関でもあるという事(苦笑)。
ご近所さんも、興味津々に覗かれるんですよね〜。
ちょっと恥ずかしい。

でも、もう少しの辛抱なのです。

そんな土間での作業は順調そのもので、毎日仕事の合間に16枚の羽目板が染色され、着々とゴールに向かっているようです。
‘お頭’も息抜きが出来て楽しそう。
b0299869_21081969.jpg
染色もいい感じです。
b0299869_21083079.jpg
どのくらい違うかというと、手前の1本が無垢の状態なので、比較しやすい?
明るく、質感もありつつ、仕上がりが期待できます。

気になるのは、天井に固定する秘策!
次のお仕事のピークがそろそろなので、この続きはもう少し先になりそうです。

楽しみだな〜。

天井工事は高所作業なのでいつもドキドキでハラハラ。
でも、落ちたら危険な作業はいよいよこれが最後、どうか、何事もなく、無事に貼り終えますように!

続く。




by tene-tene | 2019-07-09 21:52 | 家づくり

きのこ狩り


7月最初の投稿が、こんなもので良いのか疑問なのですが、キノコのお話し。

昨日帰宅すると、フェンネルの植えてある、日光でボロボロになったプランターの縁に、不自然な発色のポコポコを発見。
b0299869_21321520.jpg
ホワイトアスパラガスの芽くらいの大きさで、フワフワしたカビのようなもので覆われていて、その色は、温泉の地獄で見かける硫黄の結晶色そのもの。
b0299869_21313681.jpg
5月に見た、まさにあれ。
b0299869_21314627.jpg
硫黄の結晶って独特の色よね。

撤去するにはちょっと気持ちが悪くて避けていたのですが、気になってお昼に調べてみると、コガネキヌカラカサタケというキノコかも知れないことが判明。

でも、検索画像とはほど遠く、違うかな?とも思っていたら、大きくなってる!
b0299869_21320895.jpg
b0299869_21315669.jpg
一部の好奇心旺盛のブロガーさんはこれを茹でて食したらしいが、美味しいとのこと。
毒性はないみたいだけど、曖昧な表現。
仮にそうだとしても、tenetene絶対無理!

これ以上生えたら困るので、頑張って撤去しました。
b0299869_21322450.jpg
いや〜〜っ、怖いよ。
綺麗だけど、造形美ハンパないけど、手が震える。
生理的に苦手なんだな、多分。
b0299869_21323260.jpg
よく出来てるけど、美しいことは否定しないけど、見たことのないものって恐怖感が増幅するよね。
菌の床らしきものもごっそり撤去!

最後に、苦手なポコポコを…。
↓いっぱいポコポコついてる〜〜〜〜!!
手袋も胞子だらけ。
b0299869_21324086.jpg
匂いはマッシュルームに似てるかも。
っていうか、匂うってことは、胞子を吸っているのか?うえぇ。

大きな蜘蛛とか、蛇とか平気なくせに、この手のものが苦手とは…。
かなりビビリ、腰が引けます。

と、いうことで速攻で撤去終了。

検索すると、熱帯のキノコらしいです。
梅雨入りしたし、ジメジメしているし、胞子も嬉しくて生えてきたんだろうなぁ。
きっと、これからも生えてくるんだろうな。

見慣れたら、可愛いとか思う日が来るのかな?
でもしばらくはいいや、と思うのでした。

お願い、生えてこないでー。





by tene-tene | 2019-07-05 22:09 | できごと
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite