天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

補修工事


台風21号は暴風域を伴って、やや近畿寄りの進路をたどったものの、近畿と隣り合わせの当地もまた、台風の勢力が強く、なかなかの風雨に見舞われました。
ただ、平日の日中ということもあり、鉄筋コンクリートの建物内で仕事をしているteneteneには、その様子を窺い知る余裕もなく、仕事上がりには青空が覗いていたこともあり、台風の通り過ぎた後の静かな夕日に、気持ちの緊張も解け、緩い気分でハンドルを握って帰宅の途につくことができました。

がっ、しかし、帰途、事態が一変。
空は穏やかでも海がいつもと全然違っていて、高潮の怖さというものを初めて体験しました。

teneteneの通勤路は、湾沿いを延々走るドライブコース。
いつもならその眼下の景観に心癒されることもあるのですが、その日は違って、道路と海が限りなくフラット。
その表面張力のような、波もなく穏やかながら、いまにも道路へ塩水が溢れてきそうな緊張感が正直とっても怖く、「なんか、とっても危険な道を通っているのではないか?」という恐怖心に、心臓がバクバクしてるのを感じていると、目の前で「スーーーーーーーーーっ」と、海水が道路へ侵入し始めました(叫)。
もはや、8割湾沿いを進んだteneteneにとって、戻るという選択肢も、留まるという選択肢もなく、前に進むしかなかったのですが、あっという間に道路が冠水し、5cm程度かと思ってアクセルを踏んでも、全く車は進まず、あっという間に15cm、20cmと水嵩が増しているのがわかり、あまりの怖さに心の中で悲鳴をあげながら、猛烈にアクセルを踏んで、命からがら湾沿いを逃げ出しました(;汗)。

高潮って、海って、やっぱり怖い。
海辺の町で育ったteneteneは、子供の頃より海の怖さを体験している方だと思いますが、未だ経験した事のない事ってあるものなんだなぁ…と、嫌な汗をいっぱいかきました。
これで雨が降っていたら、今頃どうなっていたのでしょう。

ちなみに、現在の海辺の我が家へ戻ると、家の前の用水路へも高潮が押し寄せタプタプと溢れそうな勢いでした。
溢れることはなかったものの、晴れていながら浸水することもあるというケースを初めて経験しました。
(さらに海辺にある派出所は、高潮で腰まで海水に浸かったらしいです)

家に入ってホッとしようかと思いきや、あれっ?
b0299869_10365951.jpg
1階のキッチンが、雨漏りしていたみたいです(苦笑)。
b0299869_10380873.jpg
原因は、小屋根の張り出し部分の劣化と思われ、早急に、対策をすることにしました。
b0299869_10384319.jpg
恐らく、2階の状況からすると、この塗装が剥げている部分を水が伝って、錆びたトタン屋根と壁の隙間に染み込んでいたのでしょう。
b0299869_10390159.jpg
でもココ、1階からハシゴを掛けられない場所なんです。
b0299869_10392061.jpg
と、いうことで上から作業。
b0299869_10374667.jpg
コーキングのガンが幸い補修地点までの距離を補ってくれるので助かります。
b0299869_10393639.jpg
指で押さえたいけど無理なので、パレットナイフで押さえます。
頭って重いので、落ちやしないかと見ていて怖いのです。
b0299869_10394915.jpg
どうにか、縦目地と屋根と壁の隙間を埋めました!
b0299869_10382412.jpg
今日も雨ですが、雨漏りは起こっていない模様。
まぁ、よほど暴風雨にならないと本当のところはわかりませんけどね。
b0299869_10372743.jpg
あっ、そうそう、土間の壁塗装工事は終了♪壁が明るいと印象が違いますね。
‘お頭’頑張りました。
b0299869_10371652.jpg
塩水を思い切り浴びた車を洗車しに行くと、上空に見事な鯖雲が…。
つかの間の穏やかな時間を過ごしたのでした。

この翌日に北海道で地震が発生。
そして、次の台風22号も発生。

東日本大震災以来、太古の人々が自然崇拝する気持ちがなんとなく理解できるようなこの頃です。
自然には抗えない。
自然破壊もしてるし、自分たちに返ってきている部分もあるんだろうな。

いつ死んでも悔いが残らないように生きよう。



[PR]
# by tene-tene | 2018-09-09 11:48 | 家づくり

久しぶりの遠出と戦利品


残暑のなか、暇をみつけてはコツコツと土間を整えていた‘お頭’が、ペンキが無くなったというので、姫路までペンキの買い出しへ。
b0299869_16455071.jpg
ネットでもペンキは購入できますが、以前、ネットで購入したペンキが、揮発するときの刺激が強かったのと、同じ色番でも少しグレーぽかったので、いつもホームセンターで購入していたペンキに戻すことにしたのです。

写真は、現在の土間の様子です。
壁はクロスを剥がし、クロスの糊や裏打ち紙の残りを綺麗に拭き取り、コンセント穴を塞ぎ、シーラーを塗って…。
天井は、蛍光管を撤去し、処分するために仕分け、配線穴を潰し、シーラーを塗って、白ペンキを。

地味な作業をこの暑いなか、コツコツ。

ひたすらコツコツ。
b0299869_16453983.jpg
丸いポコポコは、釘の頭が錆びていて、ペンキに錆が滲んでくるのを防止する錆止めスプレー跡です。
b0299869_16460127.jpg
将来的には、ふたりの工房というか、アトリエみたいな使い方をする予定なので、仕上げはざっくりと。
断熱も、この部屋は冬暖かく、夏涼しいので特には入れず。

teneteneは何もせず、クーラーの部屋におりました(;汗。ふへへへ〜〜〜)。

それにしても、ここのところ、週末は台風で安心して出かけられなかったので、久しぶりのお出かけだったのです。
姫路のホームセンターも5月ぶり。
レイアウトが随分と変わっていました。

で、teneteneがステーショナリーを物色していると‘お頭’が「これ、まな板にいいんじゃない?」と、無垢材をみつくろってくれました♪
b0299869_16461534.jpg
以前から大きなまな板が欲しくて探していたのですが、なかなか見つけられなかったのですが、これはヒット!
もともとは、オリーブの木みたいな木目が理想でしたが、日本には材としてのオリーブの大木はまだありませんからね。
輸入雑貨屋さんのだと小さいか、手が出せないほどお高い。

この木は、木目はさっぱりしてますが、目が詰まっていて木目に品がありずっしりと重い。
しかも大好きな秋田産♪
ひと目で気に入って、即購入しました。

少し毛羽立っていたので、サンダーをかけて、オイルで磨くことに。
b0299869_16464669.jpg
オリーブオイルにしようと思っていたのですが、手つかずのグレープシードがあったので、そちらを。
しっとりなのです。
b0299869_16465710.jpg
乾燥〜馴染ませタイム。

使用するのがとっても楽しみ。
大切に使いたいと思います。

そうそう、日がずいぶんと短くなったと思ったら、もう9月なんですね。
b0299869_16452812.jpg
見た目には秋の気配を感じますが、まだまだ暑く、おまけに今週は台風21号がやってくる模様!
もうお腹いっぱいなのですが、しばらくは気を緩めることはできなさそうです。

あ〜っ、こわいよ〜。
何事もありませんように。



[PR]
# by tene-tene | 2018-09-02 17:31 | 家づくり

ひっかけ問題と弱々しさと


またしても台風がやって来て、再び車を山の上の避難所に預けた我が家。
今回は平日とあって、いつもより1時間早く起きて、車を山の上まで取りに行きました。
b0299869_15144916.jpg
イメージでは台風通過後で心地よい朝のイメージでしたが、実際は曇っていたし湿度が高かった。

(台風で)眠不足だし、お腹が空いているから力が出ないしで、黙々と歩く‘お頭’とteneteneなのです。
山の上までは家からおそよ2km、平坦な道ならばさほど苦にはなりませんが、なんせ延々上り坂(爆)。
b0299869_15143523.jpg
「眠い」「お腹空いた」…などと、ふらふらと頼りなく、いつもよりも遠く感じる道のりなのでした。

わたしをお散歩に連れて行ってくれるワンコが欲しいと、常々申しておりますが、早朝でもかなり暑く、台風一過の割にムシムシ。
若干自信をなくしつつ、ワンコにとっても酷な環境なのでは?と思いつつ、猛暑の脅威を実感するのでした。
(もっと早起きしさえすれば大丈夫かなぁ〜?)
b0299869_15150155.jpg
そうそう、肝心なことを!
今回の台風も万端の備えで、事なきを得ました。
無事です。

そして台風が去り、やっと青空。
b0299869_15151183.jpg
まるで初夏みたいな色合いですが、猛暑で残暑です(;汗)。

でも、やっぱり晴れている方がいいです。
b0299869_15152313.jpg
そうそう、↑ここ。

西日本豪雨の時に冠水した田圃です。

当時は、海の潮の香りがしたので、塩害でダメになったかと思いましたが、順調に育っています。
農家さんもホッとしているでしょうね。

それにしても暑いです。

今朝、東北にいる母から電話があって「暑いでしょ、(東北は涼しいから)こっちに戻ってくれば?」なんて言われ、世間話をひと通りした後に「そう言えば、お母さん、そっちは暑い?」と尋ねると「うん、も〜、暑い!クーラーつけてるよ」と(苦笑)、teneteneのひっかけ問題に気づかずに素直に答えていました(笑)。
(※そこは「涼しいよ〜」って回答するところよね。)

両親もいい歳なので、心細いんでしょうね。
こちらに移住を検討していた頃は、仙台への直行便があったのに、越して来たら直行便が廃止されていた不運。
台風のシーズンが過ぎたら顔を見せに行かないといけませんね…。




[PR]
# by tene-tene | 2018-08-26 15:55 | できごと

楽しい隣人でよかった


トマトがないっ!
産直にも、スーパーの産直売り場にも、ないっ。
我が家に欠かせないトマト〜。

この日照りですものね、今季のトマトもひとまず終了するしかないでしょうね。
かくなる上は、スーパーのトマトで我慢か…と、売り場を覗くとなんと!
b0299869_20500431.jpg
大好きな故郷、岩手県のミニトマトが♪

お〜っ、懐かしいパッケージ、この粒感。
皮の感じから、涼しいんだろうなぁ〜ということがわかるのです。
しかもJA花巻。
迷わず2パック購入しました。

感動!売っているんですねぇ、こちらに移住して初めて?2回目?とにかく希少なのです。

北国のトマトは皮が柔らかくて食べても消化できるのでリコピンいっぱい取れちゃいますね。
お味は現在住んでいる地域のトマトの方が、イタリアのトマトに近くて、濃いのですが、ず〜っと食べていた故郷の野菜は舌が覚えているんだな…。
プチホームシック(遠い目)。

さてさて、会社でニューピオーネが配布されまして、二人家族なのに1箱(4個入り)もいただいたので、食べきれないのでご近所におすそ分け。
今回は、仲良し‘大お頭’と、今年春に神奈川から移住されてきた隣人ご夫婦宅へも持って行きました。
b0299869_20501529.jpg
昨年まで住まわれていた淡路島から移住されてきた隣人ご夫婦は訳あって和歌山へ。
良い付き合いをしていたのですが、地域のあれこれ移住者あるあるで4度目の移住らしい。
その後に入られたご夫婦なのです。
空き家になると、どんな方が隣人になるのか気になるところなのですが、幸いにして、あっけらかんとした?飄々とした?付き合いやすい方。

今回も喜んでくださり、お礼返しで青森からのお取り寄せ桃をいただいた次第。
b0299869_20502605.jpg
何故、桃の産地なのに別の場所から桃をお取り寄せするのかは、突っ込まないでおきましょう。
いや、むしろ、同感。
関東以北に住んでいる人には分かる「実は東北の桃が美味い」件、なのだと思う(笑)。
お値段と味の関係でいうならば、1玉1,000円以上もする現居住地の桃は、大きいけれど、普段気軽に食べられる代物ではない。
そして、「味」より「香り」なのもピンとこない。
そういう意味では、程よいサイズで、気軽に買えて、なおかつ美味しい3拍子揃った東北や長野の桃こそが食べ慣れた桃であり、「桃とはそいういうもの」という定義なように思います。
まぁ、teneteneの主観なんですが、果物に毎回1,000円も払いませんよね。
もちろん、お安いものも売っていますが、それは、食べ慣れた桃と比較すると、はるかに味が落ちるのも残念なところ。

移住してからの、謎のひとつだったのですが、こちらの人には言えない「やっぱりそうだよね」な、出来事にスッキリ。

ところで、隣人の奥様に「わたし、こういう物々交換大好きなの!またヨロシクね」と、あっけらかんと言われて、「はいっ!」と答えたものの、畑を持たない我が家で、一体次はいつになるのか、まっ、考えても仕方ないので、ひとまずは明るい隣人でよかったと、話しを締めることにします。





[PR]
# by tene-tene | 2018-08-21 22:03 | できごと

暑気払い


世の中的に、今日(日曜日)までお盆休みをとる会社が多いらしく、木曜日から仕事を開始ししているウチの会社では、朝の通勤で50分も早く会社に着いてしまったりするほど、木曜日、金曜日は道路が空いていたらしい。

「あるある」ですね。

そんな金曜日は、暑気払いと銘打って、会社の飲み会が催されました。
お店は、美味しいものが大好きな営業さんオススメの新しいお店。
b0299869_20203958.jpg
最近、食べ歩きをしないので、貴重な情報なのです。
そうそう、2階を貸し切ったので、騒いでも大丈夫!

お酒が得意ではない女子が多いこともあり、teneteneも飲めないフリをしているため、アルコールなしです(笑)。
もし、飲んでしまったら、2次会、3次会と連れ出されそうだし、隣のAちゃんとノンアルビールを。
b0299869_20205457.jpg
しかし、ノンアルって、酔わないってわかっていてもなぜか酔ったような感じになるから本当に不思議。
周りからも酔って見えるのか、何度、ノンアルビールに本物のビールを注がれたことか…。
幸い、周りの女性陣が気づいてくれて飲むことはなかったけれど、酔って見えたんだろうか?
呑ん兵衛が染み付いてる?(爆)。
b0299869_20210734.jpg
ともあれ、無事に、暑気払いは1次会で切り上げることが出来たのでよかったよかった。
teneteneがボヘっとしていても、こういう時に、周りの女性陣がうまく仕切ってくれるので大助かりなのです。

お料理は、直径2センチくらいのミニミニハンバーガー(中身はお魚)だったり、取りやすいように配慮されたお料理が次から次へと出てきてほどよく満腹!
最近の飲食業界は進化してますね〜美味しかったのです。
日本酒大好き男性陣は、社長におねだりして、コースにない日本酒をあれこれ頼みまくり試し飲み大会!むっちゃ盛り上がっていました(苦笑)。
仲の良い会社だなぁ…と、つくづく思います。

暑気払いの前には東京から某大学教授をお迎えしてAIについての講義があったり盛りだくさんな金曜日。
仕事をしたようで、実はあまりしてないようも思うのですが、世の中もお盆ということで、明日からまた気合を入れて頑張るのです。

ふむ。





[PR]
# by tene-tene | 2018-08-19 20:54 | 食べる
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite