人気ブログランキング |

天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

2019年初詣


あけましておめでとうございます。
b0299869_20552833.jpg
今年も元旦はいつもの神社へ初詣に行きました。
嬉しいことに晴天!お隣の兵庫県まで見えちゃいます。
やはり瀬戸内海には青空が似合います。
b0299869_21294537.jpg
天気がいいから?新年だから?笑い声とかはしゃぎ声とか、穏やかです。
b0299869_20554338.jpg
毎年初詣は午後になる事が多い我が家ですが、今年は午前中に!
‘お頭’に午前中は混むんじゃない?と心配されましたが、階段コース↑はさほど混んではいませんでした。

よかった。

それにしてもなんていい天気。
b0299869_20555576.jpg
昨年は天災やら、世界的にも不穏な空気が漂って滅入ることも多かったので、新年早々、お天気がいいだけで幸先よく感じられ救われた気持ちになります。
今年が穏やかな年になる事を願わずにいられない。
b0299869_20560548.jpg
お参りをして、甘酒とお蜜柑をいただいて…。
これも毎年のことだけど、このなんとなくお正月に漂う平和な空気が好きです。

実は、大晦日の日に、お向かいのお爺さんの訃報が届いて、3月まで地区の役員をしているteneteneはバタバタでした。
でも、そんなことより何よりも、お爺さんの存在が大きくて、あの姿がもう見られないんだと思うとすごく残念。
94とご高齢でしたが、自立して生き、自然と向き合って暮らしている大柄なお爺さんの佇まいはかっこよかった。
樹齢300年とかの大樹から感じる無言の力強さに似て、そこに居るだけで何かをもらえていたように感じます。
あんな風にはなかなかなれないだろうな。

でも、あんな風に歳を重ねられたらいいな。
b0299869_20550556.jpg
それにしても、暖かいです。

昨日の今日が、こんな日でよかった。

----
そうそう、鏡開き(には早いけど)ならぬシュトレン開き(には遅いけど)をしました♪
b0299869_20543215.jpg
滅多に、自分の作ったものが美味しいとは言いませんが、苦労した甲斐あって、美味しかった〜。
b0299869_20544342.jpg
お正月休みの朝の楽しみ。

もちろん、‘お頭’のパンも♪
b0299869_20545405.jpg
この年末に仕込んだパンのお話は次回のブログにまとめる予定です。
こちらもとても美味しかったのです。

今年も健康で、色々なものを作って、楽しめたらいいなって思います。
お家づくりも進むかな?

そんな我が家ですが、今年もよろしくお願いします。




# by tene-tene | 2019-01-01 21:48 | 出かける

マイペースな冬休み


今年の冬休み(正月休み)は何と10連休!
1ヶ月の1/3もお休みなんて久しぶりなのです。
おそらく、休日後半になると気分も重くなってくるだろうから、前半に好きなことをがっつりのんびりやっておこうということで…。

心の余裕のある休日二日目に「今頃?」なシュトレン作りなのです(笑)。
お正月に食べる的な?
b0299869_20232708.jpg
本当は、クリスマスまで逆算して作るべきところですが、心に余裕がなくて…。
それと我が家には「赤サフ」と呼ばれるイースト菌しかなく、甘いパンに使える「金サフ」を買うのを躊躇していたのです。
買っても、作る目処が立たないのに、買うとタスクになるのが怖かったのです。
でも、心に余裕ができた途端「やっぱり買う!」と、初日はお買いもの♪
つくづく気分屋です。

ところで、ここ数年シュトレンがブームなんですね。
知らなかった〜。

teneteneにとっては30年越しの作ってみたいお菓子、そして一生作ることのない夢見るだけのお菓子だったのです。
しかし突如降って湧いた我が家のお菓子ブームでチャレンジしようというのだから、わからないものです。
しかも、流行っているとは。

30年も経つと「シュトレーン」が「シュトレン」になるのは時代なのでしょうか?
最近は呼び名がどんどん発音に近くなるので、「発音で年齢がバレる件」とでもいうのでしょうか?
「ボジョレーヌーボー」が「ボージョレヌーボー」「ボジョレ」とか、「フォッカッチャ」が「フォカッチャ」とか「チャバタ」「チャパタ」が、「チャバッタ」とか…。
う〜ん、混乱。

まっ、呼び名問題はとりあえず置いておき、作りましょう。
初っ端からできる気がしないんですけどね。
b0299869_20231058.jpg
レシピは色々リサーチしていいとこ取りをしました。
ネットのお陰なのです。
動画で細かいところも見ればわかるし、こんな時代だから焼き菓子も作れるというものです。

でも正直、この水ぽい生地↑を捏ねるときは泣きました。
間違っているのでは?と気が遠くなるほど捏ねまくり、ようやくひと塊りになった時は、ロッキーのテーマが脳裏に流れました。
b0299869_20223488.jpg
本当にまとまって↑良かった〜〜〜(;泣)。
同時に、毎回パンを焼く‘お頭’って、すごいと思いましたよ。
b0299869_20225272.jpg
前日に漬けておいたラムレーズンと、ナッツを入れて…。
b0299869_20222198.jpg
アーモンドパウダーを入れるともうパンパン!
b0299869_20220562.jpg
どうにかひとまとめにして、発酵。
b0299869_20215237.jpg
そして成形!
グルテンがきちんと出来ていたので、何だか作りやすい。

そうそう、この↑段ボールは‘お頭’がパンをオーブンに入れる時に使っているものを拝借したのですが、使ってみて感動!とても滑りが良く、するっとオーブンに入れられてとてもラク♪優れものだったのです。
‘お頭’のお陰で大助かり!
(*この日‘お頭’は2階のリノベ工事でキッチンには居ません)

さて焼成。
b0299869_20214256.jpg
予定よりも1分早く取り出しました。
何だかそれっぽい!
b0299869_20212209.jpg
ラムレーズンで使ったラム酒の付け汁?を塗って、バターを塗って、お砂糖は控えめに和三盆とシナモンでさらっと!白くはしませんでした。
お正月に食べるしね。

何となくですが、オーブンから漂う匂いで上手に出来た!と手応えを感じています。
お正月が楽しみなのです。

しかし…。

夕飯時、余ったクルミをサラダのトッピングにしようと、手に取った時、痛恨のミスに気づきました。
なんと!塩味が…(爆)。
無添加だと思っていたら、塩味が若干ついていました〜〜〜。
‘お頭’はそんなに塩分を感じないから大丈夫じゃない?って言っていますが、お正月まで気が気じゃない。

まっ、それはそれでいい思い出かな?


----番外篇

前回のブログに出てきた「銀杏」ですが、おこわを作ることにしました。
b0299869_20241680.jpg
b0299869_20235233.jpg
岩手でお世話になったF家よりいただいた新米のもち米。
これがもちもちで美味しいのです。

今回はターメリックを入れて、薬膳的に身体に良いおこわに仕立てました。
b0299869_20233910.jpg
プリップリというか、プッチプチというか、上手に炊けました〜。
色もターメリックの黄色に銀杏の微かなグリーンで綺麗なのです。

お隣の‘大お頭’にも今度報告しようと思います!


さっ、明日はいよいよ大晦日。
予定では大掃除をすることになっているのですが、どうなることやら〜。









# by tene-tene | 2018-12-30 21:35 | 食べる

品種が多くて覚えきれない!

b0299869_14250306.jpg
クリスマスの3連休後半は‘お頭’は仕事部屋リノベ工事なのです。
(写真は先月のもの)

3連休やったー!と思ったものの、地区の清掃だったり(←‘お頭’出席)地区の集金にグルグルまわったり(←tenetene担当)なかなかまとまった時間が取れず、やりたかった事があまりできていないのが実情。
空いている時間に出来ることを進めるような3連休という感じ。

とまぁ愚痴っても仕方がない、この土地ではみんないつかは通る道、地区の役員もあと3ヶ月、もう少しの辛抱なのです。

そんな沈んだ気分を忘れさせてくれるのが↓この方。
金曜日の夜にバゲットの生地を仕込むのがすっかり定着してきた‘お頭’なのです。

例のごとく、2回転分を仕込みました。

が…。
b0299869_14264619.jpg
朝になっても発酵が進まず、イメージ通りに膨らんだのはなんと陽も傾き出した夕方↑。
テーブルを移動して、オーブンを移動して。
b0299869_14263622.jpg
この日は、16時になろう頃にパンの成形に入りました。
そうそう、何故オーブンを移動するのかと言うと、いつもの場所だと熱逃口に棚が微妙に掛かっていて、木製棚が熱を持つので危険だからです。
毎回移動するのも大変なのですが、今のところ良い方法が浮かばず。
しばらくはこのままです。
b0299869_14262601.jpg
さて、なかなか膨らまないかったときはモチベーションが下がりまくりだった‘お頭’ですが、2倍ほどに膨らみ出すと、みるみるやる気がみなぎってきて、毎朝‘お頭’のパンが食べたいteneteneもひと安心(笑)。
b0299869_14260682.jpg
エアコンの風で乾燥するので、濡らしたタオルをかぶせて2次発酵。
今回はひとつひとつが丁寧です。
ちなみに、子守唄付きです(爆)。
ヒール役のteneteneは、マイナーコードで子守唄に被せてあえて不協和音にしてハモります。
転調も不協和音です(苦笑)。
でも、本心は美味しくなってくれるように祈っていますけどね。

さぁ、順調。
1回転目は成形も終わり、焼成を待つのみ。
b0299869_14255740.jpg
毎回焼く本数が増えていて、今回は4本を2回転!
1回あたり4本がトレーの限界かな。
b0299869_14254886.jpg
「じゃ〜ん!」パンが焼ける頃にはすっかり辺りは暗くなっていました。

どうでしょう?

今回はクープも残ったし、キツネ色に焼けているし、いい感じですよ♪
これは試食も盛り上がります。
b0299869_14253819.jpg
丸テーブルにまだ熱いオーブンが乗っているので、久しぶりにカウンターで試食です。
おかずはキッチンがパンの成形作業で使用中ということもあり、簡単にできるタジンしか無いのですが(言い訳)、チーズとパンがあればいいじゃない?ってことで、いただきます!
b0299869_14252489.jpg
気泡もいい感じだし、お味も、歯ごたえもこれまでの中では一番の出来。
すごーい!元気が出る〜。
日が暮れるまで待った甲斐があったというものです。

そういえば、今年もあと3日会社へ行けば冬休みに突入♪
冬休みはのんびり過ごせそうなので、teneteneはいつもと違ったものを作ろうかな?
そんなteneteneは金曜の夜に、またもパウンドケーキを。
b0299869_14272042.jpg
今回の中身はこちら!
b0299869_14272916.jpg
お隣の‘大お頭’差し入れセレクションより、金時人参です。
金時人参なので、大きな塊もあえて残してみました。
b0299869_14271249.jpg
レシピは相変わらず適当です。
前回の抹茶とお芋のケーキよりも小麦粉を減らし、油分を増やしました。
かなりしっとりです。
b0299869_14265632.jpg
すが入って見えるけど気にしない!
これを6日に渡って食べます(笑)ヘルシー志向?です。

そうでした、前のブログで金時芋と書きましたが、お芋の正式品種名は、新種のシルクスイートという舌触り滑らかなものだそうです。
確かに、思い当たるところがあります。
最近はどんどん交配が進んで、品種も増えて名前が覚えられません。
脳トレのつもりで興味を持って覚えるだけですね。

さて、毎回‘大お頭’差し入れセレクションから勝手にお題をいただくteneteneですが、次回はちと難しい。
何故なら「じゃ〜〜〜ん」
b0299869_14251594.jpg
銀杏が届いたからです。

銀杏、美味しいですよね。

でも、ケーキ?パン?
う〜ん、かなりハードルが高いです。

少し、考えることにします。

あっ!そうこう言っているうちに15時、お茶の時間です。
金時人参のケーキを‘お頭’が狙っているので、休憩にしたいと思います。


皆さん、素敵なクリスマスを!




# by tene-tene | 2018-12-24 15:15 | 食べる

今年の痛み、今年のうちに。


晩夏の頃から、にわかに痛み出したteneteneの左肩。
昨年、‘お頭’の五十肩をゲラゲラ笑っていた時は、まさか自分にそんな悲劇が降りかかるだなんて、予想だにしていなかったのです(苦笑)。
b0299869_21112685.jpg
悲劇と書くと大げさですが、突然スイッチが入ったかのように指先まで痛みが走り出すと、あまりの痛さに数分悶絶し、苦悶する表情は、人に見せられたものではないのです。
‘お頭’の時も、その悶絶する姿が可笑しくて、笑いを堪えることができないほど、ハタから見ると悲劇的…というかドラマティックなまでに「何?!」「どうしちゃったの?!苦笑」的、時が止まっちゃった状態。
そして現在のteneteneがまさにそれ。
こんな痛みの種類があるなんて、ってくらい、痛くて笑いがこみ上げる、それが五十肩なんだと思います。

初めは平気だと思っていたteneteneですが、関節の可動域が狭くなってきたので、整形外科に行ってきました。
まぁ「いわゆる五十肩」でも、軽いレベルらしいです。
運動した方がいい状態なんだそうです。
と言われたら、ストレッチ!今日から毎晩お風呂上がりに実行することにしました。

軽い方と言われて、重度を想像してみたものの、想像するだけで痛くなるのでやめました。
とにかく、ストレッチです。


話変わって、今週も‘お頭’の作ったパンのある生活です。
b0299869_21130183.jpg
金曜の夜にスタートして2回転分。
スケジュールを組んだ様子↑です。
b0299869_21124949.jpg
翌朝の朝食後に捏ねて、焼きます。
b0299869_21123819.jpg
今回は、クープを入れるタイミングを間違えて、底面が割れてしまいました。
なるほど、クープって、意味があるのね。

ちょっと発酵が足りないなぁ〜と、寒い時期の発酵に手を焼いているけれど、teneteneには十分すぎるほど美味しい。
b0299869_21120138.jpg
材料はシンプルが一番!

ちなみに、teneteneも金曜の夜にパウンドケーキを焼きました。
b0299869_21122693.jpg
今回はすぐに食べずに一晩寝かせました♪
b0299869_21121402.jpg
お隣の‘大お頭’のお芋シリーズより、今回は金時芋。
毎度ですが甘さ控えめ。
甘さを控えると、よく噛まないと味が出てこないので、咀嚼しながら味わう習慣がついて身体にもいいかも。

さて、今週末は何を作ろう?

金曜の夜にレクリエーション的にお菓子を作ると、3連休したような気分になるのでお得感があります。
それくらい、焼き菓子作りは良い気分転換になっています。






# by tene-tene | 2018-12-19 21:44 | できごと

元気な理由かも?


金曜日、忘年会で遅く帰宅すると、‘お頭’がバゲット生地を仕込んでいる真っ最中だったのです。
どうやら、このまま冷蔵庫で一晩発酵させる作戦らしい。

翌朝、発酵した生地をサクッとまとめて、寝かせている間にジムへ。
b0299869_21061254.jpg
‘お頭’は時間の配分を模索しているみたいです。
効率よく、無駄なく、パンを焼くにはどうするのがいいのか?

その試み第一弾なのです。
もちろん、発酵、味の追求も忘れていません。
b0299869_21060383.jpg
ぷっくりしたバゲットが可愛らしい。

ジムから帰宅したら、そのままベイク!
かなりスケジューリングに無駄がない。
b0299869_21055302.jpg
焼成すること25分。
b0299869_21051363.jpg
(笑)膨らみにムラがあるのが何やら楽しいのです。
クープの問題?
そして、なぜかきつね色にならない!
b0299869_21045654.jpg
思うに、打ち粉のしすぎな気もする。
でも、あまり横から言うと、迷いが生じて良くないらしいので、ここはお口にチャックなのです。

ただ、見た目はともかく、とても美味しいのです。
(‘お頭’は納得していませんが)
時間配分は夜に仕込むとあまり無駄がないということが判明し、いい感じ!
この生活リズムだともしかして毎週手づくりパン食べられる?

最近は、毎週のようにパンを作る我が家。
ブログ「天井を抜いてみた」は、本来、お家作りがメインなのですが、ここ最近は「パンも焼いてみた」な生活(笑)。
こういう時があっても良いよね。

そんな流れで、日曜日は「teneteneも焼いてみた」。
b0299869_21044540.jpg
お隣の‘大お頭’にいただいたお芋の箱を開けたら、安納芋ではなく紫いもだったことが発覚!
というわけで、今回は紫いものケーキに決定!
b0299869_21043634.jpg
林檎と混ぜる分は手で割って、飾りは角切り。
b0299869_21042887.jpg
バターは贅沢にカルピスバター。
b0299869_21041975.jpg
国産ではこれが一番好き。
b0299869_21041179.jpg
ちなみに、秤も新規になりました。
‘お頭’のパン作りには、0.2グラムとか精密な計測が必要なのだそう。
以前のは、結構大雑把だったので、バージョンアップ!パン焼きを続けるって事よね(わ〜い!)。
ところで、精密機器となると、重力の影響も受けるのだそうで、地域によって、設定が異なるらしいです。
大まかに、九州、東北、北海道、左記以外の本州に区分されて、北に行くほど重力が大きくなる?みたいです。
知らなかった〜。
b0299869_21040063.jpg
さっ今回は、あまり泡だてが必要ないので、運動も兼ねて手動でシャカシャカ。
(座っているから、運動も何もないけどね)
b0299869_21035215.jpg
途中、2階の日曜大工作業をしていた‘お頭’にバトンタッチ。
(そうそう、相変わらずリノベ作業もしていますよ→‘お頭’が)
b0299869_21034339.jpg
パウンド型に入れて、焼成。

最近は、すっかり日の入りが早くなって、4時でも暗いのです。
b0299869_21033244.jpg
紙の型がパンパン!

今回は、なかなか火が通らなくて40分〜45分は焼きました。
部屋がオーブンの熱でポカポカです。
ひょっとして、夏は焼き菓子にむかないかも…ですね。
まさに、今はベストシーズン!
b0299869_21032303.jpg
力尽きたので、夕飯は本当に手抜き(苦笑)。
でも、‘お頭’のバゲットとどさくさに紛れてデザートもテーブルに乗っけて、ボリュームだけは演出。
(ホントかな?)

b0299869_21031298.jpg
バゲットの気泡の入り方、すごくいい!
お味もシンプルで、好み〜。

もう市販のパンは食べられないかも。
b0299869_21023220.jpg
teneteneのお芋パンもちゃんと中まで火が通って、ひとまずホッと。
b0299869_21030311.jpg
今回も甘さ控えめです。
林檎と紫芋とレーズン、ベリー系が入っているので、程よく甘いです。

そうそう、ちょっと勇気がいりましたが、お隣の‘大お頭’宅にも持って行きました〜。
気に入ってくれたかな?

手づくりって、心がホッとするというか、少し食べても満腹感が得られるので、意外と食べ過ぎにはならないものですね。
口から入るものって、大切だなぁ〜って、つくづく思います。

気分転換にももってこいだし、次に何を作るか考えるのも楽しいし、手を使って作るってやっぱり面白い!





# by tene-tene | 2018-12-12 22:13 | 食べる
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite