天井を抜いてみた

tenetene.exblog.jp ブログトップ

タグ:つれづれ ( 394 ) タグの人気記事

夫婦水入らず


最近、気疲れすることが多く、休日はのんびりしています。
b0299869_22142015.jpg
b0299869_22143128.jpg
‘お頭’のリノベ工事音を聞きながら、庭木の剪定をしたり、ハーブの手入れをしたり…。
植物に触れていると、癒されるというか、ホッとします。

そうそう、ご近所さんに空豆をいただきました。
ご近所さんとの交流は、癒しなんですよね。
ほっこりする〜。

今日は、いつも山の上に見える三重塔のあるお寺を散策。
b0299869_22135509.jpg
b0299869_22133453.jpg
b0299869_22134685.jpg
b0299869_22132295.jpg
いつも気になっていたお寺は、いたって普通のお寺でした。
‘お頭’は細部をあれこれチェック。
飽くなき探究心(笑)。

すごいな〜。

さて、我が家のツバメちゃん達は9日に巣立ちました。
b0299869_22130930.jpg
4羽生まれて、巣立って帰って来たのは3羽。
昨年同様、なぜか巣立ったあとに1羽いなくなるのです(涙)。

昨年は巣立った直後に台風が直撃して、直後に1羽行方不明に、今年は自然災害に関係なく、はぐれたのか鳶やカラスやニャンに食べられたのか?
自然って、なかなか手厳しい。

巣には早くも次の入居者の姿もチラホラ。
孵らなかった卵が残っているのか?中を不思議そうに覗き込む姿も…。
気になるので現在のチビ達が完全に巣立ったら、‘お頭’と中を覗いて見ることにしています。
いるのかな?いないのかな?
当分は夕方に戻ってくるチビ達の様子を楽しみたいと思います。





[PR]
by tene-tene | 2018-06-10 22:34 | できごと

傷は癒えるのです。


6月。
今年も半分が過ぎましたね。

お風呂上がりに、うちわで仰ぎたくなる季節到来なのです。
b0299869_22162115.jpg
かれこれ10年以上も愛用しているうちわ。
思い出の品なのです。
b0299869_22163711.jpg
ところで、親指の手術をしてから2年が経ちました。
b0299869_22153418.jpg
数年前、ワケあって、親指の付け根の靭帯を切ってしまい、関節がグラグラで内側に入ってしまって、物をつかんだりできなくなってしまったのです。
洗濯バサミも使えないしとても不便で、思い切って手術したのですが、その後もなかなか怖くて力が入れられなかったのです。

ちょっとグロいけど(↑↓当時の写真)。
※苦手な方、ごめんなさい。見たくない人はこの記事飛ばしてくださいね。
b0299869_22155009.jpg
治るんだろうかと思うこともありましたが、2年も経過すると傷もほとんど目立たなくなり、足のコリを自分の手を使ってほぐせるくらいの力は戻って来ました♪

人間の治癒力って、凄いと思います。
本能で治そうとするんですね。

怪我する前の8割程度には回復していると思います。

すごいな〜。

さて、今週の‘お頭’の作業チラ見せ(笑)。
b0299869_22160477.jpg
梁のサンダーがけ。
床がおが屑だらけ(笑)。

そうそう、ふたりとも元気です。
季節の変わり目ですが、適度に運動をして、水分をとって、健康を心がけて…我が家のみならず、皆様も健やかにお過ごしください。






[PR]
by tene-tene | 2018-06-03 22:35 | できごと

一回休み


今年は、地区の〇〇員という役員が回って来て気忙しい…。
いやっ、気だけじゃなくて、本当に家に帰ってからやることが沢山。

集まりがあれば必ず出席しないといけないし、裏方さん大忙し。
お子さんのいる家庭はPTAもあるし、teneteneはまだまだ甘い方なんですよね。

役員の良い点を強いて挙げれば、お家を回って歩かないといけないので、歩く理由(ウオーキング)ができるという点?(苦笑)
予てから「teneteneをお散歩に連れてってくれる犬が欲しい」が口癖でしたが、今年はとりあえず必然的に歩かざるを得ない状態なのです。
もちろん、付き合ってくれるワンコがいればなお楽しいのだけれど(笑)。

そんなわけで、今週はお役目だらけで楽しむ余裕がありませんでした。
b0299869_21251365.jpg
クサクサしているteneteneに対し、‘お頭’は何でも楽しめるタイプ。
朝、食器を洗ってくれるときも、配置を考えて自分流に楽しそう。

そんなちょっとした‘お頭’の世界を見ながら、思わず笑ってしまうのです。
b0299869_21243076.jpg
新しいお部屋もコツコツと着実に進んでいます。

最近、そんな‘お頭’が気にかけているのが、お隣の大ボスこと‘大お頭’のこと。
「もう、引退じゃ」と、弱音を吐くのだそうです。
日頃から‘大お頭’のパワフルな行動力を励みにモチベーションをキープしているだけに、身体の衰えからくる限界発言は気になるところ。

そして同時に、近い将来自分たちにも「その時」はやってくるのだな…という逆らえない流れと、身体が動くうちに(家を完成させて)次の夢の実現に向けた準備段階に入る必要を感じるのでした。

若者の多い都会にいると、あまり気に止めないかもしれませんが、田舎の生活は老後の現実が沢山。
より一層「今」の大切さを感じるのでした。





[PR]
by tene-tene | 2018-05-28 22:06 | できごと

肥えそう


木・金は湿度の高い「梅雨」を感じさせる天気だったけど、前線が通過したら、また心地良いカラッとした天気に戻っていました。
b0299869_21282889.jpg
今年の春は、tenetene好みの冷たい空気に暖かい日差しという陽気で、身体がとても楽なのです。
そんなお天気に恵まれた日曜日は、毎年恒例になっている姫路のクラフトフェアへ。
b0299869_21290780.jpg
先輩アニキでもある月蛙工房さんが出展しているので、会えるのも楽しみのひとつなのです。
b0299869_21291812.jpg
毎年のことですが、駐車場待ちの列ができます。
今年は入るのが遅れたので、少し待ちました。
b0299869_21441810.jpg
やっと駐車して会場を回ったら、アニキのお店にお客様がいて忙しそうだったので、先に腹ごしらえをすることにしました。
珍しく和食屋さんへ。
b0299869_21285267.jpg
b0299869_21283734.jpg
いつも人が沢山いるお店なので、以前から気になっていたんですよね。
注文した後に‘お頭’が気づいたけれど、本当はしゃぶしゃぶのお店らしいです(笑)。

後から来た外国人観光客の皆さんは、しゃぶしゃぶを注文していました(苦笑)。

ところで、店内で隣り合わせたのが関西言葉を喋るおばちゃま集団。
うわぁ〜うるさいかも。と、思うteneteneの心配をよそに‘お頭’はベタな関西弁は心地よいらしく、全然平気って言っていました。(意外!)
それは何よりってことで、teneteneものんびり。

そういえば、前日のランチもうどんにかき揚げでした。
かき揚げが好きってわけでもないのに、二日も続けるなんて!
しゃぶしゃぶにすればよかった。

腹ごなしに歩いてシロトピア公園まで戻り、アニキに挨拶をし、直ぐに次の目的地、大型ホームセンターへ。
日曜日はルーティンの予定がいっぱいで、早く帰らないといけないのです。

ところが、買い物をひと通り終えて、お茶でもしようとお店に入ったら、なんと!1,000円で美味しそうなお食事セットが食べられるということが判明!
家に着く時間を考えると、食べて帰ったほうがよいかも…ってなわけで、ランチを消化仕切れないうちに夕食を。
b0299869_21281575.jpg
これが予想以上に美味しかったのです。
ぺろっと平らげてしまいました。
b0299869_21280244.jpg
これが1,000円だなんて、なんてお得なのでしょう。
都会にはこういうお得で美味しいカフェは沢山あるけれど、田舎ではまずありません。
貴重です。

ひとつ、失敗だったのが帰りの車。
資材を積み込むために、シートをめいいっぱい前に出したせいで、足元スペースがあまりなくなり、膝を折り曲げてお腹を圧迫したせいで、いっそうお腹が苦しくなりました(苦笑)。
ははははっ。

結局、歩いた分よりも、食べたカロリーの方がはるかに上回った週末。珍しく食べ過ぎてしまいました。

しかも、ブログ写真を準備していたら、前夜にカレーを食べたことを思い出し、自分の胃袋ながらびっくり!。
b0299869_21293813.jpg
これは食べ過ぎですね(笑)。

今週は野菜を多めに、週末はジムに行って汗をかかなきゃ!なのです。




[PR]
by tene-tene | 2018-05-21 22:33 | 食べる

思い切りよく、行くときは行きます。


G.W.に1階のメンテナンスをしていたら、未工事の部分が気になり出しました(苦笑)。
b0299869_21083016.jpg
↑例えば、キッチンの吊り戸の上の空間。
b0299869_21095609.jpg
↑例えば、洗面所正面の本来タイルが貼られるべき壁面。
もう引っ越して5年ですからね(笑)思い切って、1階居住空間だけでも仕上げてもいいのかな?ってことで。

動くことにしました。
b0299869_21093695.jpg
キッチン吊り戸棚の上の壁に色を入れて、何か置きたくなる空間に。
(クラフトフェアで物色しましたが、出会いがありませんでした)

‘お頭’が以前から黒いファンが気になっていて、これも…。
b0299869_21111240.jpg
↑白く(笑)。
※黒い換気扇は、屋根裏の熱換気に使うことにしました。

進む時は進むのです。

そして…。
b0299869_21102754.jpg
到着!
b0299869_21114994.jpg
洗面所の突き当たり壁面タイルなのです。

‘お頭’が唯一気に入っていたタイルなのですが、お高くて悩んでいたのです。
ところが、数年経過しているうちに廃番決定となり、なんと!アウトレットに!!これってご縁ですよね。

そんな流れで、めでたく購入。
b0299869_21113164.jpg
洗面台に仮設の脚を着けて、3センチ程前に出しての工事なのです。
やり難いでしょうが、そこは少しずつ。
b0299869_21120726.jpg
毎日、仕事の息抜きに隅出ししたり、カットしたり。
b0299869_21123826.jpg
すでに給水栓などが壁にあるので、そこを避けて切り欠かなくてはいけないので大変です。
水道屋さんを呼ぶという選択肢は初めからなく、面倒でも綺麗に切り欠きます。
細かくて集中力が要りそうな作業の時は、あまり話しかけないようにしています(笑)。

さっ、どうかな?
b0299869_21125643.jpg
ふっ…。

渋い。いい感じ。なのです。
昭和中期のモダン建築で使われてそうな?レトロなような?民藝ぽさも色のせいでしょうか?感じます。
‘お頭’らしいセレクトです。
b0299869_21130929.jpg
引いてみるとこんな感じ。

フンドシみたいなタオルが邪魔ですね。
タオルも、無地のシックなものに変えたほうがいいみたいです。
位置も、ここじゃない気もしますね。

実は、タオルを避けると、安価な排水トラップが丸見えになるので、隠して撮影しています。
近いうちに金属製のSトラップに変更する予定なのですが、洗面器が日本製ではないので、規格が合うのか少し心配なのです。
(あ〜っ、こうなるのなら、床排水ではなく、壁面排水にすれば良かった。今更ですけどね)

おっと、今はタイルの話ですね。
目地入れはこれからですが、ほぼ雰囲気は出来上がりました。

目地が入って、金属のSトラップに変えて、仮の脚を外して、洗面小物の収納を作って、窓ガラスを変えたらここは完成!
その際は改めてアップしますね。
1階居住空間の面積は全体の1/8程ですが、5年がかりで完成の兆し。

自分たちで作るって時間が掛かるし大変ですが、それでもなお、好きな空間が作れる喜びには代えられないものがあると、ちょっとしみじみしちゃいました。






[PR]
by tene-tene | 2018-05-13 22:02 | 家づくり

クラフトフェアに行ってきた


2年ぶりに、フィールドオブ・クラフト倉敷に行ってきました。
いわゆる、クラフトフェアです。
b0299869_20370713.jpg
今回は電車で移動することにしました。
b0299869_20380298.jpg
クラフトフェアは、開催地によって客層や雰囲気が全く違うようでして、ここ倉敷は2度目ですが、購入する意気込みを感じるお客さんが多いのが前回と変わらぬ印象。
今年も初日から鼻息荒いお客様で大盛況!
5mほどの購入者の列が途切れない出店ブースもありました。
お昼過ぎには、売るものが無い状態になっており、列が人を呼んだのか、そもそも有名な方なのか定かではありませんが、凄かった。

すれ違ったお客さんが「どうしよう!またクラフト貧乏になっちゃった!」と、笑顔で話していたりして、ウケました。
※クラフト貧乏…って、初めて聞きました。
b0299869_20382195.jpg
面白いことに、客層はファッションで分けると3つぐらいのタイプに分類されるような、似たような方が多かったのも印象的。
(‘お頭’が、「みんなお洒落なのに、飛び抜けて目立つ人がいないな〜」って言ったことに疑う余地がありませんでした)
残念ながら、我が家もその中の麻系グループに属している?ステレオタイプ?に思うのですが(笑)まっ、良いのです。

ところでteneteneは、2年前に見つけたガラス作家さんがいたら是非購入したい!と思っていたのですが、その方がおらず結局何も購入しませんでした。
タコライスを食べて、ジェラートを食べて、コーヒーを飲んで、食べてばかりのブラブラ鑑賞。
b0299869_20383742.jpg
b0299869_20373595.jpg
b0299869_20365726.jpg
とにもかくにも、お天気が良くて清々しいのが何よりでした。
b0299869_20374929.jpg
素敵な作品がいっぱいでしたが、我が家にこれがあったら…と考えると違うような気がして、「好き」と「合う」はイコールな筈なのにイコールではないのが残念でした。
どうせだったら自分たちで作りたい。というのも気持ちのどこかにあるのでしょうね。

残りの人生、あとどれだけ時間が残っているかわかりませんが、家のリノベ、それからの家具作りが終わったら、家に置く、日常使うものを作れたらいいな…と、思うのでした。
身体や頭が動くうちに作りたいものです。

<おまけメモ>
b0299869_20372174.jpg
美観地区を歩いていたら、日本のパセリの花を見つけました。
パセリの花って、見た目が可愛いというか、好みな花でした。

頻繁に食べるので、早速我が家に植えようと思います♪




[PR]
by tene-tene | 2018-05-12 21:52 | 食べる

家のメンテナンス双六。


G.W.前、‘お頭’とおやつを食べながら、今年のG.W.に何をするか計画を…。
teneteneはこのおやつ時間が1日の中で一番好きなのです。
b0299869_20530897.jpg
(で、話をG.W.に何をするかの話題に戻しましょう。)
teneteneは久しぶりの9連休だし、‘お頭’も暦どおりとはいえ連休になるわけだし、以前から気になっていた洗面所の床下を見てみることなりました。

なぜ床下を見るのかというと、水回りのリノベは、工務店さんにお任せだったため、どんな基礎工事をしているのか実はよく分かっていないからなのです。
仕上げもここだけCF(クッションフロア)で、5年も経つと、流石に汚れが目立つようになってきたし、今後のことも考えてフローリングで統一したほうが良いだろうと。

当時、私たちは水回り以外の部屋にかかりっきりだったこともあり、写真すら残っておらず、CFをフローリングに変えるなら床下も見てみよう(;´д`)と。
そのころの記事です↓懐かしい。


ただ、「床下を見る」と、ひと言で表現すると、簡単なことに感じるかもしれませんが、結構これが大変。
点検口があるわけではないから、①床仕上げを剥がし②床下地を撤去し③断熱を撤去し④床下を点検。という流れ。
もちろん、剥がした床は、現状復帰しないといけないわけなんですよね〜。

ただ、全部床下地を撤去するのは大変だし、根太がどこに入っているかもわからないので、まずは出来る限り小さく「点検口」的レベルで進行することにしました。
しかし、これが…(笑)色々あったのです。

では、その記録のはじまりはじまり〜。
b0299869_20525447.jpg
まずはCFを剥がします。
CFは静電気が発生するので汚れが付きやすく、やはり安価な新建材ならではのマイナス面は否めず、今回はこれをフローリングに変更します。
b0299869_20523932.jpg
剥がし終え、下地のタッカー位置から根太を割り出します。
b0299869_20522217.jpg
点検口位置を決めて、まずは埃が出ないように人力(ノコギリ)で切り欠きます。
b0299869_20520592.jpg
と、思ったのですが、均一の深さを切るのは難儀なので、丸鋸を使うことに。
木屑が舞うので養生を。
b0299869_20515205.jpg
はい、開口。
スマホで内部を撮影したのですが、思ったほど何かがあったわけではなくてひとまず安心したのですが、モルタルが打たれていないのと、配管だらけなので、ひとまずゼオライトを敷き詰める事にしました。
その作業をするためには、開口を大きく開けないといけないのです。結局、大きく床を剥がす事に。
b0299869_20513218.jpg
‘お頭’の肩幅分開け、こんな狭いスペースで防水シートを敷き込んで…。
b0299869_20511712.jpg
防水シートを敷き、専用の粘着テープで湿気が漏れないように基礎に固定したら、上からゼオライトを敷き入れます。
ゼオライトは調湿作用があるので、湿気のこもりやすいところには(個人的に)おすすめです。
もちろん、ベタ基礎の住宅には不要です。
b0299869_20510037.jpg
切り刻んだ床下断熱(苦笑)を、戻します。
これが、安い発砲スチロール製だったのですが、まっ、そのまま戻します。
b0299869_20504242.jpg
仕上げ前のフローリングを貼ります。
b0299869_20502583.jpg
ここまでで、G.W.前半が終了。‘お頭’はお仕事なのです。
teneteneは、工事で空いた壁の「穴」を補修。
b0299869_20501245.jpg
ついでに、壁のペンキを塗って綺麗に。
こういう事(工事による破損)には慣れっ子で、以前は「え〜っ」って一々腹を立てていましたが、十数年もこんなことをやっていると、そういうものだと理解できるようになりました(笑)。

せっかく、ペンキを出したので、ついでにあちこち綺麗に。
もう埃も出ないしお掃除も完璧に!

と、余裕のあるスケジュールにゆとりを感じていたら…。
b0299869_20493475.jpg
「やっぱり、この床を貼り替えよう」と、‘お頭’が重大決断。
「えっ!」とは驚かないのは、既にご説明の通り。よくあることなのです。

まぁ、ちょっと白いかなぁ〜と、思っていたので、teneteneも了承。
b0299869_20491075.jpg
再び下地材。

でも、この5年かけて焼けた床材と色の合う材料を探すのは、相当大変なのでは?と、思いきや、あるではありませんか!
b0299869_20495389.jpg
↑ダイニングの当初からある「仮ドア」が。

と、いうことで、このドアを解体します。
b0299869_20485031.jpg
割いて、当てて見ると、なんと!いけてる(苦笑)。
b0299869_20483182.jpg
わぁ〜報われた〜と、思いきや。
b0299869_20465501.jpg
染色したら、左の木材から何やら「黒い何か」が。
b0299869_20462169.jpg
再び、家じゅうの部材を見回してカット!
このギザギザパーツを‘お頭’は3枚切った事になります。
たかが床材に2日を費やす私たち。
b0299869_20460514.jpg
そして、やっと仕上げのウレタン!

つまづいた回数分、良くなっているので、七転八起とはまさにこのこと。
b0299869_20444073.jpg
ウレタン終了!
ちょっと色はピタリとはいきませんでしたが、上等!上等!涙が出る。
頑張った!

でも、この部屋のドア、どうなってしまうんでしょう?と、思われる方も?
(リノベ中なので、階段室とのツギハギ感が恥ずかしい〜)
b0299869_20475155.jpg
実は、この部屋のドアは、ずいぶん昔に‘お頭’が作っておりまして。
b0299869_20481541.jpg
ただ、2階にまだ工事中の部屋があるため、傷つかないように、設置していなかったのです。
でもこうなったら、使うしかないでしょう。
b0299869_20471694.jpg
と、いうことで設置。
b0299869_20450836.jpg
ドアを白く塗って「完成!」。
b0299869_20455357.jpg
因みに、5年目にしてようやく巾木がつきました(笑)。
「巾木がつくまで5年て、どんな家やねん!」って、‘お頭’が自虐的に一人突っ込みしていました。
b0299869_20453777.jpg
たかが床下点検、されど床下点検。
3歩進んで2歩下がる今回のメンテナンスはまるで双六のようでした。
でも、G.W.最終日にして、見事終了!!ゴ〜〜〜ル。
b0299869_20452280.jpg
壁も一部白く塗りなおして綺麗になったし、観葉植物の土の入れ替えもしたし、9日間使い切りました〜。
床下環境も良くなって、これで安心して過ごせます。

それにしても、終わってよかった。
明日から仕事ですが、燃え尽きちゃった感がありつつ、良い気分転換になったということでヨシ!としましょう。

はぁ〜、頑張った自分、頑張った‘お頭’。

燃え尽きた〜。




[PR]
by tene-tene | 2018-05-06 22:34 | 家づくり

9連休


今年のG.W.は何と!!teneteneは9連休。(‘お頭’は暦どおり)
b0299869_21203383.jpg
毎年、G.W.は車中泊とか小旅行に出掛ける我が家ですが、今年は家のメンテナンスを集中的にすることにして家におります。
眼精疲労が酷いのと、坐骨神経痛(笑)があるので、なるべく、PCを見ないように、座りっぱなしにならないようにして過ごすことにしており、身体の調子も心持ち良い感じです。
たまには、はりきって動き回る休日も悪くない(苦笑)ってことで。
b0299869_21204505.jpg
家のメンテナンスの合間に少し外に出て、美味しいものを食べたり、海へ行ったり。
地元は人がおらず、どこも空いています。

こういう、長期休暇独特の空気って好きだな。
b0299869_21205411.jpg
空気が冷たくて、日差しが暖かで、とても心地よいG.W.なのです。
(今日は雨ですが…)

家のメンテナンスについては、また改めて記事にするとして、ひとまず元気にしております。
坐骨神経痛も、骨には異常がなかったので、処方された薬も飲まずにとにかく動いて、今は痛みもそれほど感じないまでに(笑)。
気持ちの持ちようですね〜。
*処方された薬が新薬ってこともあって、強い薬は苦手だし、飲まずに済めばそれが一番。

先月は、2回しか記事をアップしていなかったので、家のリノベ記録も溜まっていたりするのですが…。
まっ、たまにはPCを離れるのも悪くはないよね。

明日からG.W.後半!メンテを終わらせますよ〜。
みなさんも、充実したG.W.をお過ごしください♪








[PR]
by tene-tene | 2018-05-02 22:20 | 食べる

五十肩と神経痛


土日は雨風ともに荒れる予報なので、金曜日は帰宅後に無理してミモザ2本のうち剪定が終わっていない残り1本を一気に落としました。
b0299869_20161631.jpg
さっぱり〜。

今年は剪定本の助けもあって、かなりバッサリいきました。
b0299869_20165139.jpg
家用の切り花ミモザはもういいかなって思っていたのですが、ちょっと変わり種のコを見つけて、窓に↓立てています。
b0299869_20164052.jpg
ふふっ、なんか可愛い。
このコたちはこのままドライにしようかと思っています。

ミモザの剪定をしていると、毎度のこと近所の知っているおじちゃんから、知らないおじちゃんまでが声をかけてきます。
この辺のおじちゃんは、ホント、人がいいいというか、のんびりしているというか、世のしがらみから解放されたような?独特のおおらかさが特徴的で、teneteneには心地よいのです。

そうそう、おじちゃんと会話をしていると、ツバメたちが人の気配を感じて近くに寄ってくるので、我が家のまだ空き状態であるツバメの巣に入居するのではないかと嬉しくて、気が気じゃない。

嬉しいことに、その後、我が家の中古物件にツバメ新婚夫婦が入居を決めたようで、早々に巣の下に糞用のバケツをセットしました(‘お頭’が;笑)。

そんな‘お頭’は仕事で大忙し。
1日1時間の息抜きも最近はあるのかないのか…。
b0299869_20170922.jpg
↑廃材をまとめたり、にわかに進行中な様子ではあるのですが、なかなか一気にはいかないようです。
「家づくりレポ」はもう少し時間がかかりそうかな。

ところで、タイトルにもありますが、まさかまさかの‘お頭’五十肩デビュー(お医者様公認)なのです(笑)。
しかも右です。
もうかれこれ1ヶ月になります。

五十肩って、イメージでは「腕が上がらない」とか、「ちょっと痛い」程度かと思っていたのですが、‘お頭’の場合はとにかく痛くて、寝てるときも痛みを感じるくらいらしいです。
ネットで調べると、拘縮によって可動域が狭まるとか書いてあるし、家のリノベ作業が実は負担になっているのではないかと考え込んでしまいます。

ちなみに、日曜大工は何事もなくできているかに見える‘お頭’。
なぜ、痛いはずの右肩も使って作業ができるのか不思議なのですが、‘お頭’によると、痛くならない木材の持ち方など、五十肩との付き合い方をマスターしたのだそう。
本当に大丈夫なのか心配ではあるのですが、無理しないようにお願いしたいのです。

一方、「腰痛」には無縁だったteneteneですが、車生活の悪影響や、会社の椅子が体に合わないこともあり、坐骨神経痛らしきもので足全体が痛むようになってしまいました(;汗)。
冷えによる神経痛とは違って坐骨神経痛はこれまで経験したことのない痛みの感覚。

‘お頭’の五十肩をケタケタと笑っていた報いなのでしょうか(爆)。
腰からくる痛みって、辛いんですね。

ネットで探した病院へ行ったら「学会出席で木〜土休診」との貼り紙が!

え〜〜〜っ。

どうりで、何度電話をしても出ないはず。車で1時間もかけて行ったのに、なんだかなぁ〜。
田舎暮らしだとこういう時大変だなって思います。

田舎で生きていくには、健康は必須条件なんだとつくづく感じました。
とりあえず、病院へは再チャレンジして早めに治療したいと思います!

当分は、動いた方が痛みが薄れる気がするので、あれこれ動き回ろうかな?






[PR]
by tene-tene | 2018-04-14 22:05 | できごと

春の味


あれ?4月も1/3過ぎての初ブログなのです。
b0299869_21354257.jpg
そういえば、里山のヤマザクラも散ってしまいました。
今はツツジが満開。
b0299869_21355667.jpg
今年はヒノキの花粉が多いようで、数年ぶりにマスクをしています。
teneteneはスギ花粉は卒業し(?!ホントかな)、3月は割と平気なのですが、ヒノキが飛び始めるあたりから、皮膚が痒くなったり、鼻がムズムズしたり…。
皮膚のブツブツは紫外線が落ち着くお盆ごろまで続くので憂鬱になってしまうのですが、いつかそれも卒業できる日がくると信じています(苦笑)。

さて、春は産直に行くのがウキウキな季節。
b0299869_21360681.jpg
田舎暮らしの楽しみのひとつは、なんといっても新鮮なお野菜!が、安価で手に入ること。
自分で育てられれば一番良いのでしょうが、サラリーマン主婦にはなかなか難しいのです。

先日は、ズッキーニの花を見つけました♪
残念ながら、美味しいチーズを見つけることが出来なかったため、国産モッツァレラ+鶏肉でそれらしくしてみました。
イタリアで食べた「それ」とはちょっと違ったけれど、1年で花を食べられるのはそうないことなので、これはこれでよしとしました(笑)。

そして菜の花!
b0299869_21363410.jpg
今年もいっぱい食べました。

茹でて、塩胡椒にオリーブオイルが一番シンプルで好きですが、そろそろ今年も菜の花は最後なので、鯛と蒸し焼きに。
b0299869_21364962.jpg
菜の花は、「その日に収穫されたものをその日のうちに」が鉄則。
b0299869_21370417.jpg
お塩が控えめな分、菜の花のほろ苦さと甘さが絶妙なのでした。
美味しかった〜♪来年までお預けです。

そして、会社で大量にいただいた甘夏。
b0299869_21361878.jpg
見た目は不細工ですが、中身はジュージー。
甘いみかん好きが多い西日本で、酸っぱい甘夏は人気が無い模様(teneteneは酸っぱいみかんが大好き)。
この甘夏も、「酸っぱいからあげる〜」と、沢山いただいてしまいました。

同僚に「どうやって食べるん?」と、聞かれて「そのまま」と答えそうになったけれど、せっかくだからひと手間くわえて見ることに。
b0299869_21373860.jpg
タイ料理「ソムオーのソムタム」をヒントに「甘夏のソムタムもどき」を。

パパイヤが無いから、大根とセロリで代用し、スウィートチリも無いので、それもナンプラーと家にあるものでそれらしくアレンジ。
酸味は入れずとも甘夏が効いていて、さいわい、冷蔵庫にパクチーがあってラッキーだったのと、中華用の干し海老があったので、かなり現地に近い味に(嬉)。

贅沢を言えば、ピーナッツがなくて、向日葵の種になっていたので、山盛りの砕いたピーナッツがあればいうことなし。
これはなかなかイケます。
もう一回くらい作っちゃおうかな(笑)。

それにしても、作るのは手間がかかるのに、食べるのは瞬殺。
まぁ、それはそれで嬉しいのです。

春は、次から次へと多彩な野菜が産直に並ぶので、夕飯のメニューに悩むことがまずありません。
初夏にかけて、まだまだ楽しめそうです。

<おまけ>
我が家では最近、大谷くんブームなのです。
b0299869_21374825.jpg
大好きな故郷、岩手県の出身というのもありますが、プレッシャーに強いメンタルは惚れ惚れするのです。
そんなわけで、‘お頭’とteneteneはyoutubeで色々チェックしまくっています(笑)。

↑‘お頭’の描画。
投球時の胸の出かたがすごいんだよ〜と、解説してくれた時のものです。

家の中でも「オ〜タニサン!」とか、オータニコールで盛り上がっています。
誰かに見られたらかなりヤバイ夫婦ですが、これも「春」ということで…。

?笑?




[PR]
by tene-tene | 2018-04-10 22:25 | 食べる
line

日々のできごと


by tene-tene
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite